【河井裁判】カネを受け取った広島市議が(安倍前総理の関与をうかがわせる)重要証言!「(克行被告が)『これ総理から』と現金入りの封筒を出された」!→それでも検察は安倍氏に捜査の手を伸ばそうとせず!

Pocket

どんなにゅーす?

・2020年10月13日、多くの謎や不可解な点がくすぶる「河井夫妻選挙違反事件」について、案里被告に対する公判が東京地裁で開かれた中、夫の克行被告から計50万円を受け取った海徳裕志・広島市議が証人として出廷安倍前総理の関与をうかがわせる重要な証言を行なった。

・海徳市議は、19年3月下旬に選挙事務所を訪れた克行元法相から、「これ(安倍前)総理から」と現金入りの封筒を差し出されたことを証言。また、「以前、(克行)元法相から恫喝されたことがあり、現金を断れなかった」と証言すると、案里被告が号泣。「主人のご無礼を許してください」と声を上げたという。

河井克行元法相が「これ総理から」広島市議が証言 案里被告は法廷で号泣、検察側は録音データを再生

昨年7月の参院選広島選挙区を巡る買収事件で、公選法違反(買収、事前運動)の罪に問われた参院議員河井案里被告(47)の公判が13日、東京地裁で開かれた。海徳裕志・広島市議(60)が出廷し、案里議員の夫で元法相の衆院議員克行被告(57)=同罪で公判中=から2回にわたり計50万円を受け取ったと認め「以前、元法相からどう喝されたことがあり、現金を断れなかった」と証言した。検察側は、元法相が市議に現金を供与した際の会話とされる録音データを再生した。
海徳市議によると、1回目は昨年3月下旬で、選挙事務所を訪れた克行元法相に「これ総理から」と現金入りの封筒を差し出された。市議は「実際は総理からとは思えず、参院選で案里議員を応援してほしいということだと思った」と述べた。

~省略~

案里議員は、元法相がどう喝したとする市議の証言後に号泣し「主人のご無礼を許してください」と発言した。

~省略~

【東京新聞 2020.10.13.】

自民党本部が破格の1億5千万円を河井夫妻に送金&安倍事務所による「選挙資金還流疑惑」もくすぶる中、なぜか検察は安倍前総理に捜査の手を伸ばそうとせず!

これまでも、自民党本体や安倍官邸が関わっていた疑いがくすぶってきた河井夫妻の大規模選挙違反事件だけど、新たに裁判で重要な証言が出てきたわね。
証人として出廷した市議は、「実際は総理からとは思えず、参院選で案里議員を応援してほしいということだと思った」と、核心部分をぼやかすような言葉を加えているけど…これまで発覚しているいくつものファクターを考慮しても、河井夫妻が勝手にやったことではなく、自民党本部や安倍官邸が深く関与or主導していたと考えるのが自然だわっ!

おまけに、安倍前総理にとっても、「個人的に恨みを持っていた自民党議員を何としても落選させたい」との思惑があったみたいだし、この河井事件以外においても、実際には(金額の大小はあれど)同じような手口で、地元の有力者にカネを握らせて、”力技”で選挙に勝つ手口が自民党内で日常的に横行してきたみたいだからね。

安倍前総理も、まさかこの件で検察が本格的に動くとは思っていなかっただろうし、この件で(それまで長きにわたって”冬眠”し続けてきた)検察が突如激しく動いたということは、すなわち、この時点で、安倍前総理はジャパンハンドラーから見切りをつけられていたということだ。
なんせ、(以前から何度も述べてきたけど)「日本の検察の正体」は、ジャパンハンドラーにとって邪魔な政治勢力を潰すための米諜報組織の下部組織であり、安倍前総理が突如総理をやめたのも、「総理の辞任と引き換えに、この件についての本格的な捜査や逮捕を見逃してもらう」といった裏取引が行なわれた疑いが強い。

つまりは、安倍さんが総理を強引に続けていれば、今頃、すでに逮捕されていた可能性が高いってことだし、グローバル支配層との「裏取引」に応じた以上、この先、安倍前総理に本格的な捜査の手が及んで逮捕される可能性はかなり低くなったってことね。

なんせ、安倍事務所による選挙資金還流疑惑まで出てきているというのに、それでも、自民党本部や安倍前総理に捜査の手が全く及ばないこと自体がかなり不自然だし、まっとうな法治国家であれば、今頃、安倍前総理や(同じく官邸内で河井夫妻を全力でサポートしてきた)菅総理も本格的な事情聴取や家宅捜索を受けているだろう。

何から何までが、1%の巨大資本勢力の都合によって法治国家の原則が極限まで歪められては、強引で不自然すぎる茶番劇が繰り返されているし、このままでは、末端の河井夫妻だけに厳しい判決が下され、そのまま失職するだけで終わることになりそうだ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

   
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事