安倍総理、河井夫婦の逮捕に「極めて遺憾」「我々国会議員は自ら襟を正していかないといけない」!→国民「は?それだけ?」「舐めてんのか?」「いいからさっさと辞めて」

Pocket

どんなにゅーす?

・2020年6月18日の夕方、国会を閉じたことに伴い安倍総理が会見を開催。安倍官邸が破格の選挙資金を注ぎ込んで全面支援した河井夫妻が同日に逮捕されたことについて、「極めて遺憾」「責任を痛感している」「我々国会議員は自ら襟を正していかないといけない」などとコメントした。

・安倍官邸による本格的な関与や、安倍事務所による選挙資金還流疑惑も浮上している中、「他人事感全開」の安倍総理のコメントに対し、国民から怒りの声が噴出「たったそれだけ?」「舐めてんのか?」「いいからさっさと辞めて」など、安倍総理の引責辞任を求める声が殺到している。

安倍首相会見「来月から新国家像を議論」河井夫妻逮捕を陳謝

安倍総理大臣は、18日夜記者会見し、新型コロナウイルスの感染拡大の経験を踏まえ、政府の未来投資会議を拡大し、来月から新たな社会像や国家像を議論していく考えを示しました。また、新型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備計画の停止を受け、ことし夏からNSC=国家安全保障会議で、安全保障戦略のあり方の検討を進める方針を明らかにしました。

安倍総理大臣は、記者会見の冒頭、河井克行・前法務大臣と妻の案里参議院議員が逮捕されたことについて、「わが党所属であった現職国会議員が逮捕されたことは、大変遺憾だ。かつて法務大臣に任命した者として、その責任を痛感している。国民の皆さまに深くおわび申し上げる」と陳謝しました。その上で、「この機に、国民の皆さまの厳しいまなざしをしっかりと受け止め、われわれ国会議員は、改めて、みずから襟を正さなければならないと考えている」と述べました。

そして、17日に閉会した通常国会を振り返り、「まさにコロナ対応の150日間だった」とした上で、新型コロナウイルス対策の特別措置法や、2次にわたる補正予算の成立に触れ、「事業規模230兆円、GDP=国内総生産の4割にのぼる世界最大の対策によって、雇用と暮らし、日本経済を守り抜いていく」と強調しました。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2020.6.18.】

予想通りの、醜い「責任逃れ全開」の安倍会見!「全国会議員が襟を正さないといけない」とあからさまなすり替え!「安倍案件」を自ら覆い隠し、無関係を強調!

出典:YouTube

なーにが「我々国会議員は自ら襟を正していかないといけない」よっ!?
自分が個人的に恨みを持っていた自民議員を落選させるために、法外な選挙資金を投じて全面バックアップしてた夫婦が揃って逮捕されたんだから、自らの関与や内部事情を詳しく説明した上で、責任をとって自ら総理の座を辞するのが、人間社会として当然の身の処し方でしょうがっ!!

笑っちゃうくらいに予想通りの、国民をバカにしきったふざけた会見だね。
口先では、「責任を痛感している」などと言っているものの、その中身は、あからさまな「責任逃れ」全開の言葉を繰り返す有様で、総理自身の問題を「全国会議員の問題」にすり替えつつ、自らは一切無関係であることを全面的にアピール
こうした安倍総理の振る舞いは、
自らが無関係であることを装う犯人の供述や行動パターンとも実によく似ているし、この事件が「安倍案件」であることを覆い隠すべく、必死に国民を騙そうとしている様子がありありだ。

何から何までが、逮捕や有罪をどうにか免れようとする犯罪者の行動パターンとそっくりじゃないのよっ!!
こんなのが「歴代最長任期を更新中」の総理大臣だなんて…ちょっと頭がクラクラしてきてしまうわぁっ…。

賢明な国民は「全てをお見通し」なのではと思うけど、後は、検察が安倍官邸にまで本格的に捜査のメスを入れられるかどうかにかかっている。
まっとうな民主主義が機能している法治国家であれば、間違いなく、河井夫妻に1億5千万円を注ぎ込んだ安倍官邸や自民党本部にも本格捜査の手が及んでいくはずだけど、なんせここは、グローバル資本勢力に忠誠を誓っている政治家らに法を超えた特権が付与される、深刻な腐敗に見舞われた「グローバル傀儡国家」だからね。
その中でも安倍一族は、CIAなどのグローバル諜報組織が支援してきた筋金入りの「闇の一族」だし、だからこそ、こんな「生粋の犯罪者」みたいな人間が史上最長で総理を務められているわけだ。

しかし、見たところ、そんな安倍一族の特権も、ここに来てやや揺らいできているように見えるね。
この勢いで、日本の戦後史上最悪といえる「安倍独裁体制」をどうにか終止符を打つべく、国民が粘り強く抗議の声を大きく上げ続けていくことが大切なんじゃないかな。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事