【疑問】「なぜ特捜はゴーンは逮捕するのに、安倍夫妻は逮捕しないの?」→大量のいいね&リツイートが押される!

Pocket

どんなにゅーす?

・ネットユーザーの中から、「なぜ日本の特捜は、大した証拠もないゴーンは逮捕するのに、ゴーン氏よりもよほど多くの証拠がある安倍夫妻は逮捕しないのか?」との”疑問の声”が上がっており、大量の「いいね」やリツイートが押される状況になっている。

出典:Twitter(@kikko_no_blog)

答えは東京地検特捜部の「ルーツ」にあり!

出典:Instagram

ネット上では、「大した証拠も出てきてない日産のゴーンさんが逮捕されたのに、どうして、(森友事件において)彼よりもよほど多くの証拠が出てきているにもかかわらず安倍夫妻が逮捕されないのか?」との疑問の声が上がっていて、これに「いいね」とリツイートが大量に押される状況になっているわ。
確かに、そうした「素朴な疑問」が湧き上がってくるのは当然のことかと思うけど、日本の特捜部のルーツを知れば、自ずとその謎は解けるわよ。

その通り。
日本の特捜のルーツは、1947年に起こった「隠退蔵物資事件」を機に作られた「隠匿退蔵物資事件捜査部」であり、これは、当時の自由党(現在の自民党・清和政策研究会の前身)の議員だった世耕弘一氏が、1947年3月の衆議院決算委員会で「日銀の地下倉庫に隠退蔵物資のダイヤモンドがあり、密かに売買されている」と暴露したことに端を発する。
この世耕氏の暴露を機にGHQが大半の隠匿物資を接収することに成功したらしいけど、この事件をきっかけに(日本の隠し資産をいつでも接収できるように)GHQが検察内に「隠匿退蔵物資事件捜査部」を設置させ、これが後の特別捜査部(特捜)になったんだ。

まあ平たく言うと、世耕議員が「日本政府の闇の資産」をアメリカ様にバラしたことで、そのご褒美に、自民党の清和会にとって邪魔な勢力を潰す組織として(また、アメリカにとっても邪魔な勢力を潰す組織として)、日本の特捜が設置されたというわけだ。
(あ、言うのを忘れていたけど、この日本政府を裏切ってアメリカ様に秘密をバラした世耕弘一氏は、現在の経産相で「自民党ネット工作部隊の産みの親」でもある世耕弘成氏のおじいさんだよ。)

日本の特捜が「アメリカ様の利益のために作られた組織」っていうのは、陰謀論でも何でもなく、このように、はっきりと分かっている事実ね。
つまり、安倍総理がアメリカ様の利益のために売国を続ける限り、どんな犯罪を犯しても逮捕されないのは、至極自然なことなのね。

こうした背景から考えると、ゴーン氏が特捜に逮捕されたのも、現在のアメリカ様(トランプ政権)にとって”嫌な動き”を見せていたことが影響したのだろう。
現在、フランスのマクロン大統領は、文字通りに自国民による反政府デモで「火だるま状態」になっているけど、トランプ政権(とその背後にいる勢力)と激しく対立しつつ、日産を吸収しようとしたり欧州軍を創設しようとしたために、日本を拠点にしていたゴーン氏が(米政府の下部組織である)特捜に逮捕されたということだね。

いってみれば、安倍総理がアメリカ様の利益のために日本を激しく売国し続ける限り、当分はその勢力が「安泰」ということだし、私たち国民が大きく反乱しない限り、日本はますます「グローバル独裁国家」のディストピアに向かっていきそうね。
(もし特捜が純粋に「日本の国益」のために存在している組織なのなら、安倍総理なんかすでに何回逮捕されているか分からないわ。)

んだね。
安倍総理も「前回の失敗」を元に、日本の売国を徹底してしまっているし、今後もマスコミや捜査機関からも手厚く”保護”されながら、凄まじい売国と日本国家の破壊を続けていくのだろう。

Pocket

 

 関連記事