安倍自民が河井案里氏に「法定上限3倍」の選挙資金(1億5千万円)投入か!安倍総理が個人的に恨みを持つ溝手氏を”排除”すべく、手段を選ばず案里氏を支援!

Pocket

どんなにゅーす?

・数々の公選法違反疑惑で検察からの捜査を受けている河井案里参院議員に、参院選前に自民党本部が1億5千万円もの巨額の資金が振り込まれていたことが発覚した中、案里氏に認められている選挙費用の法定上限がおよそ4700万円だったことが分かった。

自民党本部が法定上限の3倍以上の資金を案里氏に投じていたことが判明した中で、安倍官邸が数々の選挙違反行為に関与していた疑いがさらに高まってきている。

・また、案里氏の当選によって落選した岸田派の重鎮・溝手顕正氏は、自民党下野時代に安倍総理のことを「過去の人」などと批判していたといい、安倍総理の個人的な恨みにより、溝手氏を徹底的に嫌がらせしつつ、一切の手段を選ばずに案里氏の支援を行なった疑いが浮かび上がってきている。

河井案里議員の「安倍マネー1億5千万円」はやっぱり違法! 安倍首相に嫌われた対立候補にはわずか10分の1の金額で「ひどすぎる」と激怒

~省略~

なぜ質問に答えられないのか、答えは明白だ。そもそも、これほどの巨額を動かせるのは、自民党でも安倍首相か菅義偉官房長官、二階俊博幹事長しかいない。そして、本サイトで繰り返し言及しているように、この問題の選挙は安倍首相のことを下野時代に「過去の人」呼ばわりした自民党の重鎮・溝手顕正氏を蹴落とすために、2人区の広島選挙区に安倍官邸が主導して案里氏を擁立。福山議員が言及したように、安倍首相は自ら案里氏の応援に駆けつけるだけではなく、地元・山口の安倍事務所の筆頭秘書をはじめ少なくとも4人の秘書を案里氏の選対に送り込んでいたといわれている。

つまり、選挙を私怨を晴らすために使い、その資金として1億5000万円という異常な巨額を投じていたのだ。実際、溝手陣営が党本部から受けた選挙資金は1500万円だといい、じつに10倍もの差となっている。溝手氏の支援者もテレビ朝日の取材に対して「ひどすぎる」「『新人だから倍』くらいなら許容範囲かもしれないけど『10倍』はおかしい」と憤りをあらわにしていた。

あまりにも露骨な安倍首相の肩入れぶり──。一方、安倍首相による復讐劇の“刺客”となって当選した案里議員は、昨日、「いただきましたが、違法ではありません」と大見得を切った。

だが、案里議員がそう抗弁する他方で、この金の流れをめぐっては、公選法247条違反(選挙費用の法定額違反)にあたるのではないかという声もあがっている。

選挙では各陣営が使う選挙費用については公選法で上限が定められ、上限額は選挙の種類によって異なる固定額と選挙人名簿に登録された有権者数などによって算出される。これは選挙の公平性を担保するためのものだ。法定額を超えて支出すると、出納責任者が3年以下の禁錮又は50万円以下の罰金になり、連座制の適用によって候補者も当選無効となる。

そして、昨日23日おこなわれた野党合同ヒアリングに出席した総務省の自治行政局選挙部の担当者は、参院広島選挙区の場合、選挙費用の法定上限は「4700万円くらい」と述べた。つまり、自民党本部が投入した1億5000万円の約3分の1だ。

案里議員は「違法性はない」と言うが、1億5000万円を選挙資金として投入されながら、支出をその3分の1におさめたとは考えにくい。実際、この問題をスクープした23日発売の「週刊文春」(文藝春秋)では、〈異常な「金満選挙」は選挙中から注目を集めていた〉と報じ、1回1500〜2000万円ほどかかるビラのポスティングを公示前から何回もおこなっていたことを自民党の広島県議が証言し、「菅義偉官房長官が演説に来たときは駅から数百メートルにわたって看板が立てられるなど、とにかく物量がケタちがい」とも述べていた。

~省略~

【リテラ 2020.1.24.】

案里氏には法定上限の3倍の資金(1億5000万円)を注ぎ込んだ一方で、溝手氏には10分の1の1500万円!「過去の人」呼ばわりされた安倍総理の私怨と粘着性にドン引き!

出典:YouTube

数々の公選法違反疑惑で広島地検から本格捜査を受けている河井案里参院議員ですが、案里氏が法的に認められている選挙資金の上限が、およそ4700万円であることが分かりました。
先日の文春スクープによって、参院選の前に自民党本部から河井夫妻の政党支部に1億5千万円もの資金が振り込まれていたことが分かっていますが、つまり、法定上限の3倍もの資金が河井夫妻に提供されていたということになります。

河井案里の選挙活動について、カネに一切の糸目をつけない、凄まじいまでの金満ぶりが数々の証言で伝えられているけど、なるほど、安倍官邸の主導によって、法定上限をはるかに超える資金を投じて選挙活動を行なっていた疑いも出てきたわけか。

その一方で、案里氏の当選によって”排除”された形になった岸田派の溝手顕正氏に対しては、案里氏10分の1の1500万円しか提供されず、当然のごとく、溝手氏の支持者から多くの怒りの声が上がっているようだ。
なんでも、リテラによると、溝手氏は、かつて自民党が下野していた頃に、安倍総理のことを「過去の人」などと切り捨てていたそうで、このことを知った安倍総理が、「積年の恨み」を抱き続けていた可能性が高そうだ。

まさしく、陰湿極まりない容赦ない嫌がらせの数々ですし、「同じ自民党であろうと、自らを批判する人間は絶対に許さない」という、安倍総理の傲慢かつ粘着質でしつこい性格を強く感じます。

しかも、「違法行為に足を踏み入れてでも、『自らの野望』を実現させるためには手段を選ばない」というのも、これまでの安倍総理の行動パターンとほとんど同じだし、そもそも、この男には、民主主義・法治国家としての根幹中の根幹である「法律やルールを守る」という概念がほとんど存在していないのだろう。

改めて、安倍総理が日本の実権を一手に握っていることの恐ろしさを痛感してしまうし、やはり、この河井夫妻の大規模選挙違反疑惑も、桜疑獄や森友・加計疑獄と同じく、「安倍案件」としての性質がよりくっきりと浮かび上がってきたんじゃないかな。

本当に恐ろしいことです…。
今後の焦点としては、「どこまで安倍官邸が違法行為に関与していたのか」ということになってくるかと思いますし、果たしてどこまでこの事件に深くメスを入れることが出来るのか、この先の検察の動きを注視していこうと思います。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事