【んなアホな】「やってるフリ」小池都知事の”無策”で東京のコロナ感染者がますます増加!→なのに、立憲支持層でも4割が小池支持!(自公7割・無党派5割も小池支持)

Pocket

どんなにゅーす?

・学歴詐称疑惑をはじめとして、粉飾や虚構を多用した「やってるフリ」パフォーマンスが疑問視されている小池百合子都知事の東京都において、新型コロナ感染者数が全国の中で突出して増加している。

・その一方で、大メディアが出している世論調査では、小池が圧倒的な支持を得ている報道が目立っており読売新聞では、自公の支持層でおよそ7割、立憲の支持層でも4割、無党派では5割が小池氏を支持しているとの調査結果を報道。小池氏を支援している1%の世界支配層や資本家、マスコミによる世論誘導がますます激化する事態になっている。

東京 新たに57人感染確認 20~30代が7割超 新型コロナ

~省略~

東京都は、27日、都内で新たに20代から50代と、70代、それに80代の男女合わせて57人が、新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表しました。

1日の感染の確認としては先月25日に緊急事態宣言が解除されたあとでは最も多く、50人を超えるのは2日連続です。

57人のうち、20代と30代は合わせて41人で、全体のおよそ72%を占めています。

また、21人はこれまでに感染が確認された人の濃厚接触者で、36人は今のところ感染経路がわかっていません。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2020.6.27.】

小池都知事“やってるフリ”が招いた「感染爆発 重大局面」

~省略~

〈都知事選を考慮しての経済最優先なのだろうが、このままではただ放置されている都民の不安をあおるばかり〉

〈東京アラートや自粛要請の再発を視野に入れた方がいい気もしますが、都知事選があるから小池都知事はやらないでしょうね〉

ネット上には、感染者急増に対する不安や、新たな対策を示さない小池知事への不信感が、あふれている。

~省略~

再びアラートを発動し自粛を再要請すべきという声も強いが、選挙中に発動したら「なんで出馬表明直前に解除したのか」とブーイングを浴びるだけに、やりたくてもやれない状況なのだろう。法大名誉教授の五十嵐仁氏(政治学)が言う。

「自分が出演するテレビCMを垂れ流したり、出馬表明の直前にアラートを解除したりと、小池さんはコロナ危機の政治利用が目に余ります。結局、やったことといえば、都庁とレインボーブリッジを真っ赤に染めただけです。連日、感染者が50人というこの感染拡大は、小池さんが効果的な対策を打たなかった証左ですよ。都民は小池さんの『やってるフリ』のツケを払わされるのだから、たまったものじゃありません」

こんな知事に、再び都政を任せていいのか。

【日刊ゲンダイ 2020.6.27.】

都知事選、現職の小池氏が安定した戦い…読売情勢調査

~省略~

支持政党別で見ると、自民支持層と公明支持層のそれぞれ約7割が小池氏を支持。立憲民主党の支持層でも、約4割が小池氏を支持し、2割強が宇都宮氏、1割強が山本氏を支持している。

都市部で選挙結果に影響を及ぼすことが多い無党派層では、約5割が小池氏を支持し、宇都宮氏が約1割、山本氏が1割弱の支持を得ている。小野氏は新宿区や港区など都心部の有権者の1割強の支持を得ている。

新型コロナウイルス感染症の収束が見通せない中で行われている都知事選で、争点として重視する問題(複数回答)を尋ねたところ、「新型コロナウイルス対策」が82%と最多となった。

~省略~

【読売新聞 2020.6.28.】

「女帝 小池百合子」の影響も全くなし!?立憲支持層までもが半数近くも小池都知事の再選を支持している模様!

ジョージ・ソロスら、世界支配層(グローバリスト)が強力に支援している小池氏を再選させるべく、大手マスコミが「小池人気」を人工的に醸成。

出典:Twitter(@_yanocchi0519)

東京都内のコロナ感染者数が再びかなり深刻な事態になってきていますが、これと反比例するように、小池氏の人気がますます”上昇”しているようです。
読売新聞の世論調査によると、自公支持層7割に加えて、立憲支持層でも4割、無党派層でも5割が小池氏を支持しているとのことで、学歴詐称に関する決定的な新情報や、嘘や粉飾で塗り固められた政治人生を見事な調査力によって炙り出した話題の書籍、「女帝 小池百合子」(石井妙子著)の影響も全くないような様子です。

じわじわと増えてきていた東京都のコロナ感染数は、ついに60人に達したようだけど、毎日新聞の”例の調査”に続き、この読売の調査も「そんなアホな…」といった感想しか出てこない。
これが本当なのであれば、相当なまでに日本国民がグローバリストによる”愚民化洗脳”にかかってしまっている状態としか言いようがないけど、改めてみてみても、小池氏のコロナ対策はまるでダメダメで、まさに「最高の無能ぶり」だぞ。

おまけに、いつの間にか、小池氏が「事実上の自公推薦の候補者」にすり替わっちゃってるし、前回の都知事選が完全なる「国民騙しの茶番劇」だったことを指摘するマスコミも皆無だ。
まっとうな感覚を持っている国民であれば、こうした不可解さやおかしさに大きな疑問を持つべきだし、この点を全く追及しようとしないマスコミについても不信感を持つべきだ。

おまけに、立憲の支持層の中でも4割もの人々が小池氏を支持している上に、立憲が支援している宇都宮氏に対してたったの2割しか支持していないというのですからね。
これは、立憲の支持層が、比較的裕福な中級以上の階層が多く、消費増税にも寛容な上に、小池氏のような「富裕層優遇政策(グローバリズム)」を歓迎している人々も多いということではないでしょうか。

それだけ、多くの一般国民が(無意識のうちに)支配層やマスコミがゴリ押ししているグローバリズムの流れを受け入れてしまっているというか、まあ一言で言ってしまうと、与党だけでなく主要野党も大手マスコミも、そして一般国民までもが、すべてが1%のグローバル資本家層に操られてしまっているってことだね。

何から何までが、ボクが当初から予想していた通りの(悪い)展開になってしまっているけど、少しはボクの予想を裏切るような番狂わせが起こってもらうことを願っているよ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。