【国家レベルの詐欺】「戦後最長の景気回復」はウソだった!内閣府が「18年10月で回復局面が終わった」ことを認定へ!景気悪化局面で消費増税していたことも判明!

Pocket

どんなにゅーす?

・内閣府が近いうちに「景気動向指数研究会」を開催し、日本国内の景気について「18年10月で回復局面が終わった」ことを認定する方向で調整に入ったという。

・これまで、安倍政権や大手マスコミは「戦後最長の景気回復基調が続いている」などと喧伝し続けてきたものの、これらがウソだったことになり、景気後退局面で10%消費増税を強行していたことも確定的に。政権やマスコミが流してきた悪質なウソの数々に国民から怒りの声が上がっている。

政府、景気後退を認定へ 戦後最長の拡大、届かぬ見通し

内閣府は、景気の山や谷を判定する会議を近く開き、「景気後退入り」を認定する方向で調整に入った。専門家の中では、2012年12月に始まった景気の回復局面は18年10月に終わったとの見方が強く、会議でこの通り認定される見通しだ。実際にそうなれば景気拡大期間は71カ月にとどまり、戦後最長の「いざなみ景気」(08年2月までの73カ月間)には届かないことになる。

経済学者らでつくる内閣府の「景気動向指数研究会」(座長・吉川洋立正大学長)が近く開かれ、経済統計のデータをもとに、直近の景気の山がいつだったのかを議論する。安倍政権が発足した12年12月に始まった今回の景気回復をめぐっては、19年1月に当時の茂木敏充経済再生相が、「戦後最長となった可能性が高い」と宣言していた。

~省略~

【朝日新聞 2020.7.22.】

消費増税を強行した後で「景気回復は18年10月で終わってました」と発表!何から何までデタラメ、国民騙しの詐欺ばかりの”犯罪集団”!

はぁぁっ!?
すでに消費税を10%に上げちゃった後で、「景気回復はすでに2018年10月に終わってました」って…!!
10%増税のせいで、ますます大多数の一般庶民が酷い生活苦や経済難に見舞われているっていうのに、こんな犯罪レベルの国民騙しが許されるとでも思ってるのっ!?

コロナ対策から経済対策まで、何から何までウソとデタラメばかり
まさに、国家レベルの詐欺であり、史上最大規模の凶悪犯罪といってもいいだろう。

なんせ、消費税を10%に上げる前にも、政府や大手マスコミが「戦後最長レベルの景気回復」などとしきりに喧伝していたことに対して、多くの国民や良心的な有識者からも疑いの声が上がっていたし、当サイトでも、これらのキャンペーンが悪質な国民騙しのプロパガンダであり、完全なデタラメであることを強く疑い続けてきた
それだけ、誰が見たってとても景気がいいようには見えないうえに、庶民の肌感覚からしても景気が良くなっているどころか、どんどん悪くなっている感覚しかなかったからね。

つまり、実際には、景気がどんどん悪くなっていることを分かっていた上で、わざと嘘をついて庶民を騙し、消費増税を強行させた疑いがあるってことだ。

これまでも管理人さんは、「安倍政権が(グローバリストからの命令通りに)わざと日本の経済や国の仕組みを壊して、日本そのものの破壊に邁進している」って指摘してきたけど、次々とそれを示すような内情が露呈してきてるし、ただでさえ景気の低下と増税でボロボロの中で、この先何回も襲ってくる「コロナ危機」によって、日本は完全におしまいだわっ!!

「どっちの道」を通っても、必ず大きな痛みが生じてしまうような「非常に難しい事態」だけど…安倍政権がやっているように、庶民の健康や命よりも「自らの利権」や「大企業の儲け」最優先の政策を続けていけば、日本国内において新型コロナの感染爆発が何度も襲い、より多くの国民の命が犠牲になる上に、深刻な規模の医療崩壊が起こるだろう。
つまり、「コロナ危機」がとどめとなり、既存の日本国家は完全に崩壊するということだ。

全体の流れを俯瞰して見ても、コロナ危機そのものが、グローバリストが作り出した、地球規模の「破壊と創造」(新世界秩序構築)の”一大プロジェクト”であることがますますはっきりしてきたし、もちろん、アベノミクスの詐欺や大手マスコミによる嘘のキャンペーンも、”彼ら”が考案し、やらせてきたものだ。
いい加減にボクたち一般市民も、こうした構図に気がつかないといけないし、少なくとも、この、多くの日本国民を死に追い込む「凶悪犯罪レベルの巨大詐欺」に対して、最大級の怒りの声を上げていく必要があるんじゃないかな。
(そして、こうした詐欺まみれの10%増税を(あろうことか)半ば容認してしまっている野党勢力がいるけど、少なくとも、これらに強く反対しない連中は、安倍自民党と同じグローバリストの傀儡であり、完全なる”インチキ野党勢力”といっていいだろう。)

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

   
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事