景気後退の指摘相次ぐ中、安倍総理が”お笑い”ペテン発言炸裂!「津々浦々に景気回復の暖かい風」「確実に経済の好循環が生まれている」!

Pocket

どんなにゅーす?

安倍官邸主導による経済統計の偽装が明るみになってきた中、景気動向指数が3か月連続で悪化し、各マスコミや専門家からも本格的な景気後退を指摘する声が相次いでいる。

・そんな中、安倍総理は、参院本会議で「全国津々浦々に景気回復の暖かい風が届き始めており、確実に経済の好循環が生まれている」と呆れるほどの虚偽発言を披露。これまでと同様に、「日本が好景気の中にある」ことを強弁し、「アベノミクスが成功している」ことを吹聴した。

国内景気 すでに後退局面の可能性 景気動向指数3か月連続悪化

景気の状況を示すことし1月の「景気動向指数」が、3か月連続で悪化し、内閣府は基調判断を下向きに修正しました。これは1月の時点で、景気がすでに後退局面に入っていた可能性を示す内容で、「今の景気回復が戦後最長になったとみられる」とする政府見解とは異なる結果です。

内閣府が発表したことし1月の「景気動向指数」によりますと、景気の現状を示す「一致指数」は、平成27年を100として97.9と、前の月を2.7ポイント下回りました。

指数の悪化は3か月連続で、中国経済の減速などを背景に、半導体や産業ロボットなど、企業の生産が落ち込んだことが主な要因です。

これを受けて、内閣府は景気の基調判断をこれまでの「足踏みを示している」から「下方への局面変化」に修正しました。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2019.3.7.】

安倍首相 “景気回復し経済は好循環”と強調

~省略~

参議院本会議では8日、10月の消費税率引き上げに伴う景気対策などが盛り込まれた新年度の税制改正関連法案の趣旨説明と質疑が行われました。

この中で安倍総理大臣は、「アベノミクスの3本の矢で取り組み、もはやデフレではない状況を作り上げた。これはごまかしなどではなく、現実だ。全国津々浦々に景気回復の暖かい風が届き始めており、確実に経済の好循環が生まれている」と述べました。

そのうえで、「国民生活にとって最も大切な雇用が大きく改善しているのは事実であり、『えせ好景気』とか『経済成長偽装』といった指摘は全く当たらない。引き続きアベノミクスを全力で推進し、少子高齢化が進む中でも力強い成長を続ける経済を作り上げることで責任を果たしていく」と強調しました。

そして、「消費税率10%への引き上げは全世代型社会保障の構築に向けて少子化対策や社会保障の安定財源を確保するためにどうしても必要で、リーマンショック級の出来事がないかぎり引き上げる予定だ。あらゆる施策を総動員し、経済に影響を及ぼさないよう全力で対応する」と述べました。

【NHK NEWS WEB 2019.3.8.】

マスコミも(これ以上ごまかせないと判断したか)景気後退を次々報じ始めた中、安倍総理は恥も外聞もなく「津々浦々に景気回復の暖かい風」とペテン発言を炸裂!

出典:情報収集中&放電中

ようやくマスコミが、(比較的実態に即した)「日本において景気後退が進んできている」ことを報じ始めたと思ったら、安倍総理はいまだに、こんな恥も外聞もないペテン発言を繰り返しているのねっ!
この総理って、ここまで来たら脳に深刻な病気を抱えているとしか思えないわっ!

まさしく、日常的にウソ発言や改ざんや捏造までも駆使して、自らの功績や実績を国民に向かって吹聴してるんだから、日本政府そのものが巨大な詐欺組織といってもいいような状態なんじゃないかな。
安倍総理は、ご覧のように、現在進行形で日々次々と悪質な国民騙しのウソを量産し続けているし、大手マスコミもそんな安倍総理に付き従い、忖度することで、ウソにウソを重ねる役割を担っている状態で、こんな状況がこの先も延々と続いていけば、間違いなくいずれこの国は滅び、国民は「本当の地獄」をみることになるだろう。

こんな「真性ペテン集団」の性質を持つ安倍政権の跋扈を日本国民が認める限り、国民もこれらの安倍政権の反社会性を認めることになるだろうし、いずれ、多くの国民において「ウソをつくこと」そのものの重大さや犯罪性に対する感受性が鈍くなっていく恐れもある。
こうなると、日本国民にも「嘘つきの性質」が広がっていくことになるだろうし、こんな社会に「どういう末路が待っているのか?」ということは、もはや詳しく説明するまでもないだろう。

まさしく、こんな大嘘つきの政権がこの先もさらなる長期政権を築いてしまうこと自体が、「日本国家の破滅」そのものを意味するってことねっ!
でも、ここまで酷い状況にもかかわらず、いまだに安倍政権の支持率が大手マスコミの世論調査で高いレベルを維持しているんだから、これ自体があまりに衝撃的だし、もう何かもかも信じられないような事態だわっ!!

なんだか、大手マスコミは、ここ最近の日本の景気後退について「中国経済の減速」を理由にしているけど、「景気回復」を報じている時に「中国経済が好調だから」と報じていたことを知らないし、これは安倍政権の経済政策の失敗を隠すために、中国のせいにしているように見えてしまうね。

そもそも、アベノミクスとは、これまでも述べてきたように、グローバリストが考え出した「貧富の格差を極限まで広げる『グローバリスト優遇政策』」であり、ここまで庶民の貧困が深刻化するのは、ある意味で当然の帰結で、本質的には「アベノミクスは成功した」といえる。
30~40代のおよそ4人に1人が貯蓄ゼロという衝撃的な貧困状態も明らかになってきたし、安倍政権が今後ものさばり続ける限り、日本国民はかつてなかったまでの「大貧困」に見舞われては、さらなるウソの蔓延や倫理感の崩壊によって、(ジム・ロジャーズ氏もいうように)かつてなかったまでの「ディストピア社会」がやってくることだろう。

Pocket

 

 関連記事