【闇深し】飯塚幸三のWikiから「暴走死傷事故」の項目が削除!過去の功績や偉業ばかりになった上に編集も禁止される!「池袋暴走事故」のページも加害者が「無職男性」表記に!

Pocket

どんなにゅーす?

・母子2人が死亡し、多くの重軽傷者を出した「池袋暴走死傷事故」を引き起こした元高級官僚で勲章受章者の飯塚幸三被告について、彼のWikipediaから死傷事故の項目が丸々削除され、編集も禁止されていたことが判明。ネット上で驚きと怒りの声が噴出している。

・池袋暴走死傷事故の項目が削除された飯塚被告のWikipediaは、過去の功績や偉業ばかりが事細かに掲載されている状態になっただけでなく、「東池袋暴走死傷事故」のページにおいても、加害者の名前が伏せられ「通商産業省(現経済産業省)の元技官で、クボタの元副社長だった無職の男性」に

・飯塚被告の関係者がWikiに多額の寄付をしたのではと疑う声も上がっており、飯塚氏とWikiの双方に批判が殺到する事態になっている。

いまだに裁判が始まる様子なし!今頃になって飯塚被告のWikipediaが本格的に「改ざん」され、国民から怒りの声が大殺到!

出典:Twitter(@aTHKxgjTgjd4Ume)

↓「東池袋暴走死傷事故」のページでも飯塚被告の名前が全て消される。

出典:Wikipedia(東池袋暴走死傷事故)

いまだに裁判が始まる様子がみられない池袋暴走死傷事故ですが、なんと、今頃になって飯塚幸三被告のWikipediaのページから、暴走死傷事故に関する項目がすべて削除された上に、編集が禁止になってしまったようです。
さらには、暴走死傷事故のページにおいても、飯塚被告の実名が全て消され「無職の男性」表記になってしまっているだけでなく、「注意:加害者Aの氏名は、現時点ではWP:DP#B-2に抵触するため、記載しないでください。出典に実名が含まれる場合は、その部分を「A」に差し替えてください。」との但し書きが加えられ、実名が記載されると即時削除の対象に。

ネット上では、飯塚被告の関係者がWikiに多額の寄付をしたのではと疑う声も上がっていますが、まさに、前例のない異常な事態になっています。

当サイトでは、事故発生直後から多くの不可解な点を取り上げて、「特別待遇を受けている」ことを強く疑ってきたけど、こうした当サイトなどに対して、「頭のおかしい妄想に取り憑かれた陰謀論者」「どうせ、退院次第、速攻逮捕されて厳しい判決が出るから」などとこれを全否定する声が多く出ていたけど、今やこうした類の連中も知らん顔してどこかに消えてしまったし、まさに、ボクたちの見立てが正しかったということだ。

それにしても、すでに大多数の国民が知っていることだというのに、ここまでWikipediaの表記に異常なまでにこだわっては、「自らの功績や偉業」だけで埋め尽くそうとしているとはどこまで見栄っ張りで名誉欲が強い人間なのかと思うし、飯塚被告の人柄や性格がよく分かるね。
以前にWikipediaページを見た時と比べて、生い立ちや経歴や功績・功労などがかなり詳しく加筆されていたし、飯塚被告をよく知る関係者や家族、あるいは本人が編集に関わっている可能性もありそうだね。

しかし、(予想通りに)逮捕結局されなかったものの在宅起訴はされたので、少しは事態が改善されたかと思いきや、起訴されてから半年以上たつのにいまだに裁判が始まらないし、一体どうなってるんだ。

一応は形だけ裁判を行ない、非常に軽微な判決が出されることを疑っていましたが、そもそも裁判そのものが全く始まらないのですから、どうしようもありません。
このまま裁判を先延ばしにしながら、飯塚被告が寿命で死去するのを待っているのでは…とも疑いたくなってきてしまいますね。

おまけに、飯塚被告の自宅では、複数の警官が厳重に警護しているらしいし、これぞまさに、どんな犯罪をおかしても揉み消しor軽減or庇護してもらえる「上級国民」そのものではないか。

当サイトでは前から一貫して言ってきたことだけど、今の日本社会は、同じ内容の犯罪をおかしても、身分や地位によってその扱いが180度変わる「エセ民主主義国家」であり、「1%のグローバリスト(特権階級)」と「99%の下級国民」から成り立っている、グローバリストの全面的な後ろ盾で樹立された、文字通りの腐敗国家だ。
多くの場面でそうした現実に直面させられるけど、中でもこの「飯塚幸三事件」については、より多くの国民がそれを強く実感したのではないかな。

とにかく、飯塚被告がかなりの高齢である以上、一日も早くに裁判を行なうべきですし、99%の一般国民と同じようなプロセスでまっとうな判決が出されるよう、裁判官の良心や矜持に期待するしかなさそうですね。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

   
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事