【ナイス!】漫画「遊戯王」のキャラが辛辣に安倍政権を批判!「独裁政権に未来は暗黒次元」「日本って住みづらくなっちゃった」

Pocket

どんなにゅーす?

高橋和希さん原作の人気漫画「遊戯王」の制作スタジオ「スタジオダイス」の公式ツイッターが、登場キャラが辛辣に政治や社会を批判しているイラストを発表。大きな話題になっている。

・イラストでは、キャラクターが「ホント…日本て住みづらくなっちゃった…」「独裁政権=未来は暗黒次元(ダークディメンション)!」と口々に発しており、さらに「本当に今の売国政権で日本の未来は大丈夫かと思うわ!ヤバイ~~!!アテム『決闘者のみんな!今こそ正義の一票スタンバイだぜ!!』」と参院選への投票を促すコメントを投稿。

・ネット上で物議を醸しているのを受け、スタジオダイスは「なにやらお騒がせしております。いろいろ意見を頂き、キャラクターに政治的表現をさせてしまった事、ファンの皆様に深くお詫び申し上げます」とコメントを発表したものの、現時点では投稿したイラストはそのまま残している。

遊戯王キャラが「独裁政権」発言で政権批判? 作者側インスタが弁明した内容

漫画やアニメ、ゲームなどで人気の「遊戯王」の作者高橋和希さんの制作スタジオ、スタジオダイスのインスタグラムとして知られる「studio_dice」アカウントで公開した、選挙に関係するイラストと文章の内容が注目を集め、賛否の声があがっている。

~省略~

【J-CASTニュース 2019.7.16.】

↓話題になっているイラスト。

この投稿をInstagramで見る

 

YU-GI-OH! OCG 20th ANNIVERSARY MONSTER ART BOX が11月に発売されます。😀😳内容はボリュームたっぷりなのですが、値段も高く, 分厚い本なので購入される方、 そして宅配業者の方にはホント 申し訳ありません😓そして ありがとうございます!😃😃 表紙イラストなのですがカード部分は編集さんにはめ込んでもらうのですが、7月21日に選挙があるので投票している王様イラストにアレンジしました!😳😳 本当に今の売国政権で日本の未来は大丈夫かと思うわ!😩😩😭😳ヤバイ〜〜!!😱😱 アテム「決闘者のみんな! 今こそ正義の一票スタンバイだぜ!!👍」

kazuki takahashiさん(@studio_dice)がシェアした投稿 –

またも、安倍政権や現社会の現状を批判した有名人が炎上!安倍シンパが「売国政権」の言葉に”過剰反応”か?

出典:Twitter(@yu_gi_oh_jp)

「遊戯王」の作者の高橋和希さんが、自身が生み出したキャラを通じて現政権と社会に対する批判を行なったことが炎上しているみたいだけど、またも、安倍政権への(当然の)批判を行なった有名人が「政治的発言をした」として多くの批判が集まっているみたいね!
まさに、6月いっぱいで打ち切りになってしまった「上田晋也のサタデージャーナル」が指摘していたことがまた起こってしまっているし、一体これのどこが問題なのか、さっぱり分からないんだけど。

「自身の商品の宣伝と一緒に政治的な発言をしている」とか、「出版社や関連会社に迷惑をかけている」とか、外野があれこれ理由を付けて批判やクレームを付けている様子がみられるけど、全部が「余計なお世話だ」って感じだ。

話題のイラストを見てみたけど、特段扇動的で過激なわけでもなく、控えめの吹き出しと小さめの文字で、現状の日本社会を案じているセリフが書かれているだけだし、普通に考えても何の問題もないどころか、選挙への投票を「エンタメ性」を用いてキャッチーに多くの人々に呼びかけている上でも、社会的に有益なメッセージといえる。
しかも、このサイトではつぶさに伝えてきたことだけど、キャラクターが嘆いているセリフも、「売国政権」とのコメントも、まったくその通りというしかない。

そもそも、日本で強い権力を保障されてきた歴代政権は、ほとんど全て「売国政権」だったし、明治維新以降の、欧米グローバル資本勢力による「侵略と占領の歴史」を紐解いていっても、「”売国政権のみ”が日本国内で強い権力を持つことが許されている」ことがみえてくるだろう。
欧米グローバル資本勢力とともに江戸幕府を倒し、明治政府を樹立させた長州テロリスト勢力は、混じりっ気無しの売国勢力だし、その一族の系譜にある岸信介やその孫の安倍総理は、「日本の売国勢力の中心部」と考えるのが自然だ。
現に、岸信介や安倍総理は、欧米グローバル資本勢力に忠誠を誓っているとしか思えないような、日本の主権や財産を売り渡す政治を繰り返してきたからね。

そもそも、アベノミクスそのものが、日本のごく一部のお金持ちや、海の向こうの資本勢力ばかりを肥え太らせる政策で、日本の庶民の富を海の向こうに流出させる政策なのが丸分かりになってきているじゃないのよっ!!
それだけのみならず、水道民営化とかTPPとか、種子法廃止とか、カジノ解禁とか、外国人労働者の大量受け入れとか、農業を壊滅させることに繋がりそうな「日米密約」とか、海の向こうの資本家や多国籍企業、米・イスラエルの軍需産業やパソナ竹中平蔵氏を喜ばせるような政策しか強行してないじゃないのよっ!!

さらには、ロシアとの北方領土交渉も大失敗に終わったことで、金だけむしり取られた上にほとんどロシアに取られてしまったことも外すことは出来ないね。
つまり、この国では、「売国政権」のみが強い権力を維持することが出来るように、売国勢力を「日本を守る保守」としつつ、これに反対する勢力(愛国勢力)を「反日左翼」というフェイクを国民に施す洗脳が、グローバリストによって古くから行なわれてきたということだ。

今や、こうした「詐欺の手口」はかなりバレてきているけど、いまだに、この国ではこうした手垢のついた洗脳工作が横行しており、どうにかして売国勢力の権力を維持するために、あの手この手で人々を懸命に誘導している状態だ。

でも、「芸能人が政治を語るな」との風潮も、安倍政権を賛美している”茶坊主芸人”らの発言は華麗にスルーされていることで、これが完全な詭弁であることがバレてきてるし、グローバリストによる国民騙しの手口がだんだん通用しなくなってきたので、なりふり構わずにこれらを弾圧・粛正させる「独裁路線」に向かい始めてきたように見えるね。
「権力を批判する声」がよってたかって叩かれる風潮(権力礼賛思想)が蔓延すればするほど、社会が「独裁状態」に入りつつあることを示しているし、まさに、来たる参院選は、「既得権益をどうにか守ろうとする1%(とその付随勢力)」と、「99%の一般庶民」との対決という構図が今までになかったほどに明確になってきた。

…とまあ、少し話が脱線したけど、これらの1%によるフェイクや誘導に騙されずに、堂々とこうしたイラストやコメントを発表したのはさすがだし、これだけのロングランヒット作を生み出しながらも、庶民の目線に立って創作活動を行なっている高橋和希氏は、高い教養や先見性の持ち主といえそうだ。
(表向きには謝罪コメントを発表したけど、イラストやコメントそのものを削除していないのを見ると、その信念やポリシーを引っ込めたわけでは無さそうだ。)

こうした、1%が作り出した「同調圧力(洗脳)」に引っかからずに、庶民の目線を失わずに表現活動を続けている有名人を全力で応援していく必要があるし、私も、「遊戯王」の高橋和希さんのこと、今後ますます注目していこうと思うわっ!

Pocket