【腐敗政権】菅原前経産相が東京地検特捜部から事情聴取受ける!本人も違法行為(公選法違反)を行なっていたことを認めるも、議員辞職を否定!

Pocket

どんなにゅーす?

・2020年6月16日、菅原一秀前経産相が自民党本部で会見を行ない、自らがメロンやカニなどを有権者に配っていた公選法違反にあたる行為を行なっていたことを認めた

・また、菅原氏に対する告発状が東京地検特捜部に提出されている中、特捜が菅原氏に任意で事情聴取を行なっていたことも判明。本人は議員辞職を拒否している中、菅原氏の公選法違反事件が本格的に立件されるかどうかに注目が集まっている。

自民・菅原氏、公選法抵触認める 議員辞職・離党は否定

秘書が選挙区内で香典を配ったなどとされる疑惑で昨年10月に経済産業相を辞任した自民党の菅原一秀衆院議員は16日、党本部で記者会見し、香典提供など公職選挙法に抵触する事例があったことを認めた。

捜査中を理由に詳細な説明は避けたが、議員辞職や離党は否定した。

菅原氏が公の場で説明するのは、今国会召集日の1月20日以来。

~省略~

【Yahoo!ニュース(時事通信) 2020.6.16.】

菅原前経産相から任意聴取 東京地検特捜部

~省略~

公職選挙法は政治家がみずから葬儀や通夜に出席する場合を除いて選挙区内の人に香典を渡すことを禁じていて、公職選挙法違反の疑いでの菅原氏の告発状が東京地検特捜部に提出されています。

この問題で特捜部は秘書など関係者から事情を聴くなどして捜査を進めていますが、17日までに菅原氏本人から任意で事情を聴いたことが関係者への取材で分かりました。

特捜部は菅原氏からみずからの関わりなどについて説明を求めたものとみられ、今後、刑事責任を問うかどうか検討するものとみられます。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2020.6.17.】

出典:FNN

公選法違反以外にも秘書への上納金要求やパワハラなど…「疑惑のデパート」菅原前経産相が特捜から事情聴取を受ける!

↓雲隠れを続けていた頃の菅原氏。記者「ご説明はなさらないのですか?」菅原氏「はい。」

出典:Twitter(@MASS_VS_CORE)

河井夫妻とともに「雲隠れ3人衆」といわれてきた、菅原前経産相が東京地検特捜部から事情聴取を受けていたことが分かりました。
河井夫妻と同じく、彼も重大な選挙違反の違法行為をやっていたことは確実ですし、その本人も会見内で公選法違反を認める発言をしました。

安倍総理が満を持して任命した元重要閣僚が、次々と犯罪行為の疑惑で当局から事情聴取を受ける事態に発展しており、まさに政権そのものが「腐敗の極み」に達していることを物語っている。
おまけに菅原氏と言えば、有権者に香典やメロン、カニなどを贈る公選法違反の他に、秘書へのパワハラや多額(月10万円)の”上納金”を要求したり、運転手への暴行、さらには事務所ぐるみで”裏帳簿”を作成していた疑惑も浮上しており、これだけの悪質行為を並べてみても即・議員辞職に値するだろう。

何だか本人は、公選法違反そのものを認めながらも、議員を辞職することを拒否している様子だけど、一体どういう見識をしてるのか?
犯罪者が国会議員を続けることが出来るなら、それこそ、民主主義とは最もかけ離れた「ブラック犯罪国家」そのものだぞ。

もはや、安倍政権の政治家による価値観の退廃と腐敗が止まりませんね…。
東京地検特捜部も同じく、以前から深刻な腐敗が指摘されてきた組織ですが、曲がりなりにも存在してきた日本の民主主義システムを完全に崩壊させないためにも、ここは、安倍一派からの圧力や脅しに屈せずに、三権分立の制度に基づいたしかるべき捜査を行なうべきでしょう。

そして、日本国民は、河井氏ともども菅原氏を重要閣僚に任命した安倍総理に対して、任命責任を徹底的に追及していく必要がある。
元法相や元経産相が次々と特捜から事情聴取を受けていることそのものが、有り得ないほどの異常事態だし、こうなってしまったのも、「責任を痛感している」などと口先だけの「反省(してるフリ)」アピールを繰り返しては、自らも選挙違反行為を繰り返してきた安倍総理をここまで長期間にわたって野放しにしてきた”ツケ”が回ってきた、ということなんじゃないかな。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事