■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【ゆるねと通信】海外メディアが日本政治家の「東京五輪ゴリ押し」に強い疑問符!、ネットで「有馬氏よりも岩田明子氏を処分しろ」の声!、菅政権による「スマホ乗り換え相談所」創設に批判や突っ込みの声!

【ゆるねと通信】海外メディアが日本政治家の「東京五輪ゴリ押し」に強い疑問符!、ネットで「有馬氏よりも岩田明子氏を処分しろ」の声!、菅政権による「スマホ乗り換え相談所」創設に批判や突っ込みの声!
Pocket

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

(ゆるねと通信 2021年1月9日号)

海外メディアが日本政治家の「東京五輪ゴリ押し」に強い疑問符!

海外メディアに五輪懐疑論 緊急事態宣言 世論と温度差指摘も

【ジュネーブ=共同】新型コロナウイルスの感染急拡大を受け、今夏の東京五輪開催に海外メディアから懐疑論が出始めている。首都圏1都3県に緊急事態が宣言された7日、AP通信は「ウイルスの急速な広がりが五輪の計画を危うくしている」と報じた。中止や再延期を否定する国際オリンピック委員会(IOC)や政府、大会組織委員会と、開催に否定的な国内世論との温度差を指摘する報道も目立つ。

IOCは宣言発令を受けて「日本の当局とその対策に全幅の信頼を寄せている。日本のパートナーとともに今夏の東京五輪・パラリンピックを安全かつ成功裏に開催するため、引き続き全力で集中して取り組んでいく」との談話を出した。大会実現を改めて強調した菅義偉首相と歩調を合わせ、積極的に開催をアピールした形だ。

しかし、各メディアは中止または再延期すべきだとの回答が6割を超えた日本の世論調査の結果を紹介するなど、開催を不安視する論調が主流。フランス国営テレビ(電子版)は「新たな緊急事態、五輪に影を落とす」と題した記事で「世論の疑念、不信感を引き起こしている」と報じた。

英スカイスポーツ(電子版)も「国民の疑念が高まっているのに、政治家は五輪を開催すべきだと繰り返し訴えている」と批判的に伝え、4月までに開催可否が判断されるとの見方も示した。

~省略~

【中日新聞 2021.1.9.】


日本の政治家(政治屋)たちが東京五輪を何が何でもゴリ押し開催しようとしていることについて、海外メディアが強い疑問を呈しているらしいけど、そりゃ、海外メディアだけじゃなくて、誰だってそう思うわっ!!
そもそも、開催国の日本の大多数の国民自身がそう考えているんだから、世界の人々だったらなおさらでしょうに!

要は、反政府的な考えとか思想的なもの云々以前に、「物理的に無理!!」ってことだ。
それでも、菅総理や二階幹事長、安倍前総理など、日本の悪徳政治屋たちが何が何でも意地でも強行開催しようとしているのは、もちろん、自らの利権や金儲けに腐心しているだけでなく、東京五輪が完全に中止になった場合、現在フランス検察が捜査中とされている、「東京五輪ワイロ疑惑」が本格的に追及される可能性があることを恐れている可能性がある。

なんせ、菅総理本人も、パチンコ大手のセガサミーの里見会長に対して「アフリカ人親子を買収しなくてはならない。4億~5億円の工作資金が必要だ」と語り、実際に里見会長に森喜朗氏が会長を務める財団にカネを入れさせたというのだから、要は、総理本人がワイロ疑惑の中心人物の一人というわけだ。
それだけに、もし東京五輪が完全に中止になった場合、様々な方面(利権者)から不満や批判の声が上がり始めては、週刊誌などのマスメディアも一気にこの疑惑に対する追及を強めてくる可能性は大いにあるだろう。

どちらにしても、清く正しいスポーツの祭典とはかけ離れた、ウソと欲望と黒いおカネにまみれた五輪なんて、最初っからやるべきじゃないし、コロナ危機の今だからこそ、その莫大なお金を深刻な貧困にあえいでいる日本国民に回すべきだわっ!

まったくだ。
そして、改めて、東京五輪の真っ黒な内情を徹底的に調査し、「スポーツの祭典」を装いながら裏で行われてきた、数多くの国民騙しの内情やすべての不正や犯罪を明らかにしていくべきだろう。

 

やはりNW9有馬キャスターはクビ!?ネットでは「有馬氏よりも岩田明子氏を処分しろ」の声!

記事の続きは、月額ウェブマガジン「ゆるねとパートナーズ」の有料会員登録を行なっていただけますと閲覧することが出来ます。

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

ゆるねと通信カテゴリの最新記事