【ヤバい】沖縄の米軍基地内で大規模クラスター発生か!複数施設で60人超、うち普天間で38人!先日に県内中部で大規模なBBQパーティーを開催!

Pocket

どんなにゅーす?

・琉球新報が、沖縄の米軍基地内で新型コロナウイルス(COVID-19)の大規模感染(クラスター)が発生していることを報じた。

・報道によると、複数の施設内で60人以上が感染しているとみられ、うち普天間飛行場から38人が確認されているという。

・また、6月と7月に県内中部で大規模なバーベキューパーティーが開催され、米軍関係者や一般市民が多く参加していたといい、沖縄県内で新型コロナの脅威が高まっている。

沖縄の米軍でコロナ大規模感染を確認 複数施設で60人超との情報【7月11日】 

沖縄県内の米軍基地で11日までに60人超が新型コロナウイルスに感染したことが確認された。複数の関係者が明らかにした。うち38人は普天間飛行場で確認されているという。基地内で「クラスター(集団感染)」が発生しているとみられる。

6月と7月に県内中部で大規模なバーべーキューパーティーが開かれ、米軍関係者や日本人も参加していた。イベントに参加していた米軍関係者らは隔離されているとの情報もある。【琉球新報電子版】

【琉球新報 2020.7.11.】

詳細な情報が圧倒的に乏しい中、沖縄県内で新型コロナが大流行してしまう危険が…!

出典:国立感染症研究所

沖縄の米軍基地内で、新型コロナの大規模クラスター(集団感染)が発生していることを琉球新報が報じました。
米軍関係者が沖縄県内のお店などを日常的に自由に利用している中、一般市民に感染が広がってしまう危険性が高まっています

玉木知事が沖縄県内の米軍施設を閉鎖するように求める方針を明らかにしたとのことだけど、これは至極当然の対応だし、一刻も早くに米軍関係者を米軍施設内に隔離したうえで、全員にPCR検査を受けさせるべきだろう。
そもそも米軍施設は、日本の中に”別の国家・国境”があるようなもので、中が一体どのようになっているのかもよく分からないし、日米地位協定があるせいで、日本側が具体的かつ詳しい情報を手にすることもできない
このような状況にある以上、日本側は徹底的かつ強行的な感染予防策を行なっていく他ないし、報道をみるかぎり、すでに感染が市民に広がってしまっている可能性も否定できない状況だ。

おまけに、欧米の人たちはマスクをつけることを極端に嫌う傾向がありますし、報道されている以上にクラスターが広がっている疑いも拭いきれません。
玉木知事には引き続き強い対応をお願いしたいですし、日本国内において、より一層のPCR検査の強化や拡充が必要なのは言うまでもありません。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事