【プロパガンダ】日韓レーダー照射問題、安倍総理が映像公開を「ごり押し」!「国民が理解しやすいように字幕」まで付け、韓国よりも日本国民に向けて”猛宣伝”!

Pocket

どんなにゅーす?

韓国の駆逐艦が日本の哨戒機に向けてレーダーを照射したとされる問題で、日韓双方の主張が真っ向から対立している中、この問題を利用して安倍政権が日本国民に向けて、嫌韓感情を扇動するプロパガンダを展開し始めている。

・防衛省側が慎重な姿勢を見せていた中、安倍総理による「強い意向」により、「国民が理解しやすいように字幕」まで付けた上で問題発生時の映像の公開を強行。問題の真相究明よりも、国民から多くの批判が上がった法案の国会での強行採決に対するフラストレーションを逸らす狙いが前面に出てくる展開に変わってきている。

渋る防衛省、安倍首相が押し切る=日韓対立泥沼化も-映像公開

韓国駆逐艦による海上自衛隊哨戒機への火器管制レーダー照射問題をめぐり日韓の主張がぶつかる中、防衛省が「証拠」として当時の映像の公開に踏み切った。同省は防衛当局間の関係を一層冷え込ませると慎重だったが、韓国にいら立ちを募らせる安倍晋三首相がトップダウンで押し切った。日本の正当性を世論に訴える狙いだが、泥沼化する恐れもある。

防衛省は当初、映像公開について「韓国がさらに反発するだけだ」(幹部)との見方が強く、岩屋毅防衛相も否定的だった。複数の政府関係者によると、方針転換は27日、首相の「鶴の一声」で急きょ決まった。
韓国政府は11月、日韓合意に基づく元慰安婦支援財団の解散を決定。元徴用工訴訟をめぐり日本企業への賠償判決も相次ぎ、首相は「韓国に対し相当頭にきていた」(自民党関係者)という。
そこに加わったのが危険な火器管制レーダーの照射。海自機への照射を否定する韓国の姿勢に、首相の不満が爆発したもようだ。
首相の強硬姿勢は、2010年9月に沖縄県・尖閣諸島沖で起きた中国漁船衝突事件で対応のまずさを露呈した旧民主党政権の教訓も背景にある。

~省略~

【時事通信 2018.12.28.】

映像公表「字幕付ける作業中」と防衛相

韓国艦のレーダー照射問題の映像公表に関し、岩屋毅防衛相は「国民が理解しやすいよう字幕を付ける作業などを行っている」と明らかにした。防衛省は作業が終わり次第、映像を公表する。

【Yahoo!ニュース(共同通信) 2018.12.28.】

安倍政権が、韓国政府よりも日本国民にレーダー照射問題を「猛宣伝する」事態に!国内政治への国民間の不満を「外敵への憎悪を煽る」ことでガス抜きする、常套的な「プロパガンダ(国民洗脳工作)」に発展!


出典:YouTube

韓国軍による「レーダー照射問題」ですが、日韓の主張がますます平行線を辿っている中で、日本政府は安倍総理による「独断とごり押し」によって、当時の映像公開を強行
マスコミもこれに追随するように大きく報じ、むしろ韓国政府よりも日本国民に向けて「猛宣伝」する事態になってきました。

「国民が理解しやすいように、字幕を付ける作業などを行なっている」なんて言っていることからも分かるように、これは完全に、韓国に向けてのアピールよりも、国民に向けての「コマーシャル」だね。
つまり、安倍政権は、この前の国会で、(改正水道法改正入管法など)重要なデータを捏造・改ざんまでして、グローバリストに日本国民を売り渡す「売国政策」を強行採決したことで、国民間で不満や不安が蔓延してきている中、国民の怒りを政権から韓国に逸らさせるために、今回のレーダー照射問題をちゃっかりと利用し始めてきたということだ。
(自政権へのフラストレーションを他国への憎悪によってガス抜きさせるというのは、中国政府もよく使ってきた常套手段だ。)

本来であれば、こういう時こそ冷静になりながら、粛々と真相の究明を進めていくべきであるはずなんだけど、必要以上にマスコミを使ってこの問題を大きく煽り、「海外に大きく物を言う『強い安倍政権』」を大々的に演出しているということだ。
でも、統一教会や日韓議員連盟などを通じて、内部では「一心同体同然」の韓国に大きく出たところで、ますますアメリカやロシアに対する「ヘタレ腰抜け具合」が助長されるだけだし、「ようやく日本もまともな国になってきた!」なんて喜んでいる(工作員臭プンプンの)ネット民には笑ってしまうね。

これまで、数々の捏造や改ざん、ヤラセなどを通じて日本国民を騙し続けてきた以上、日本国民が安倍政権の主張に疑いを持つのは「正常」である

また、ネット上では、安倍政権側の主張に疑いの声を発している国民も少なくないようですが、こうした人々に対して「常に日本を貶めては、韓国側の肩を持つ反日左翼!」みたいな非難が盛り上がってきていますね。

もちろん、韓国側(日本と同じ「米軍産傀儡国家」)の主張も鵜呑みにするべきではないのは言うまでもないけど、少なからず、これまで、公文書や重要なデータの改ざんや捏造、数々のヤラセや虚偽答弁などなど、反社会的なウソや騙しの手法で全日本国民を欺いてきた安倍政権である以上、正常な感覚を持っている国民であれば、(イソップ物語の「オオカミ少年」と同じで)安倍政権の主張に強い疑いの意識を持ってしまうのはごく自然なことだ。

安倍政権の主張を疑っている国民に対して「韓国側の肩を持つ反日左翼」などと非難しつつ、いまだに安倍政権の主張や発表を盲信している連中は、もはや「カルト宗教の信者」といえるほどの病的なまでの思考停止状態だし、これでは、極限的なまでの「真性奴隷」として、安倍政権とグローバル資本によってあらゆる財産や生命を削られた上で、最後はボロ雑巾のように捨てられるだけだろう。

当たり前のことですが、人々から信用を得るには、絶対にウソをついてはいけませんし、ここまで数え切れないほどの嘘によって国民を騙してきた安倍政権である以上、もはや何を主張しても国民から信じてもらえない状況なのではないでしょうか。

言い換えれば、これでも簡単に安倍政権の発表を鵜呑みにしては、韓国に対する怒りや憎悪を持ってしまう国民は「深刻なまでの(愚民化)洗脳状態に陥っている」ということだね。
もちろん、今回の問題はどちらが正しいのかははっきりと分かっていないし、きちんと真相究明を進めていく必要があるけど、「国民洗脳に利用できるものは何でも利用する」という、安倍政権の姿勢そのものが、余計に信頼性を下げては怪しさを醸し出しているということだけははっきりといえるだろう。

Pocket