【大貧困時代】30~40代の「貯蓄ゼロ」が前年比6P増の23%に!平均貯蓄額も52万円減の195万円!アベノミクスによる「貧富の格差」が如実に!

Pocket

どんなにゅーす?

・SMBCコンシューマーファイナンスが行なった、30~40代の金銭感覚に関する調査の結果を発表。これによると、「貯蓄ゼロ」と答えた30~40代は前年比6ポイント増の23.1%に上り、平均貯蓄額も前年比52万円減の195万円に低下していたことが分かったという。

・想像以上に日本の貧困化が進行していることに驚きの声が上がっており、アベノミクスによる貧富の格差拡大に伴う「庶民の貧困」が深刻化している実態が浮かび上がっている。

30、40代「貯金ゼロ」が23% SMBCの金銭感覚調査

SMBCコンシューマーファイナンスは6日、30~40代の金銭感覚に関する調査結果を発表した。「現在の貯蓄額がゼロ」と答えた人が前年比6ポイント増の23.1%になり、平均貯蓄額も同52万円減の195万円に低下。同社は「景気回復が働き盛りの賃金上昇につながっていない」と分析している。

貯蓄額の平均は30代が前年比4万円減の194万円なのに対し、40代は同120万円減の196万円だった。消費について9割近くが「無理せず買える範囲で買う」と回答し、堅実な消費意識が浮かんだ。「年収がいくらだったら結婚、出産しようと思えるか」との問いでは、結婚が500万円以上、出産は600万円以上と答える人が多かった。

~省略~

【毎日新聞 2019.3.6.】

30~40代の「23%が貯蓄ゼロ」という驚愕の貧困実態が明らかに!安倍政権が続く限り、いずれ99%の庶民が「いつ餓死してもおかしくない」世の中に!

SMBCコンシューマーファイナンスの調査によって、30~40代のおよそ4人に1人(前年比6ポイント増の23.1%)が貯蓄ゼロという、驚きの調査結果が伝えられました。
また、平均貯蓄額も前年比で52万円も低下(195万円)しており、先日伝えられた景気減速のニュースとともに、日本の庶民の間で深刻な貧困が進んでいることが見えてきています。

安倍政権による「戦後最長レベルの好景気の可能性高まった」との大本営発表に対しては、大多数の国民が「そんなのウソだろ?」大きく首を傾げてきたけど、今回の調査結果については、大きく頷く意見が圧倒的に多い感じだね。

それにしても、30~40代のうち、23.1%にも及ぶ人々が「貯蓄ゼロ」というのは、これは驚くべきデータだし、平均貯蓄が195万円というのも、何かあった時にはすぐに使い果たしてしまう程度の額で、いかに日本国内で深刻な貧困が進んでいるのかが実によく分かる結果だ。

上の毎日新聞の記事では、「同社(SMBCコンシューマーファイナンス)は『景気回復が働き盛りの賃金上昇につながっていない』と分析」と書かれているけど、この見立ては明らかにおかしいだろう。
前年比でほぼ横ばいか、僅かしか上向きになっていないのであれば、こうした言い方もある程度当てはまるものの、なんせ、貯蓄ゼロが前年比で6ポイントも上昇している上に、平均貯蓄額もたったの1年間で52万円も低下しているんだ。
これは、そもそも「景気回復」そのもののファクターが存在しておらず、単に「前年よりもさらに景気が悪化した」ということだと思うけどね。

そもそも、安倍政権やマスコミが発表してきた「景気回復」という表現そのものが、「グローバリスト目線での景気回復」であり、1%の富裕層が99%の庶民から富を吸い上げたことそのものを「景気回復」と表現していることが考えられます。

安倍政権への忖度報道やTPPを好意的に報じる動きなどを見ても分かるように、今の大手マスコミにおける大多数の報道が「グローバリスト目線」で報じられており、99%の社会弱者である一般庶民の立場をないがしろにした論調が、以前にも増してエスカレートしてきているように見える。

最近のNHKによる露骨な「安倍政権礼賛」の世論誘導も、言い方を変えれば「グローバリズムの推進」そのものを意味するし、日本国民がグローバリズムの本質を知らずに、ますます独裁的な力を手に入れつつある安倍政権を漫然と認め続ける限り日本庶民の貧困化がますます深刻な方向に向かっていくのは、全く必然的なことで当然の帰結なんだよ。

このまま、安倍政権がさらなるグローバリズムに突き進み、日本国民の「奴隷化」がさらに進んでいけば、いよいよ、日本国民の貯蓄がいよいよ完全に底をつき、いつ餓死してもおかしくないような世の中に突入してもおかしくないといえるでしょう。
その前に、日本国民が、安倍政権の正体とこの国を覆っている「グローバリズム」の本質に気がつき、この恐ろしい「負のスパイラル」をどうにかして止めることが求められるのではないでしょうか。

Pocket

 

おススメ記事&広告