【トドメ】「桜を見る会&前夜祭」に、安倍総理の選挙区支部が”旅費提供”か!旅行会社の領収書を文春が入手!安倍総理のウソ&違法行為が限りなく確定的に…

Pocket

どんなにゅーす?

・数々の重大な違法行為が指摘されている「桜を見る会疑獄」において、2015年の「桜を見る会」および「前夜祭」と同じ日において、安倍総理が代表を務める選挙区支部が地元旅行会社におよそ89万円を支払っていたことが判明。週刊文春が問題の領収書を入手し、スクープ報道した。

・安倍総理は、公選法違反や政治資金規正法違反の指摘から逃れるために、「夕食会を含めて旅費、宿泊費などすべての費用は参加者の自己負担で支払われており、安倍事務所、安倍晋三後援会としての収入・支出は一切ない」と説明していたものの、これを根底から覆す物証が出てきたことで、(多くの疑いの声の通り)安倍総理の説明がウソだった上に、重大な違法行為が限りなく確定的になってきている。

安倍首相が代表の選挙区支部 「桜を見る会」に旅費支出の疑い

「桜を見る会」とその前夜祭について、「週刊文春」は、安倍晋三首相の従来の説明と食い違う、新たな証拠を入手した。

安倍首相は11月15日の会見で、自身の政治団体の収支報告書に前夜祭などに関する記載がないことを政治資金規正法違反(不記載)と批判する声に、こう反論していた。

「夕食会(=前夜祭)を含めて旅費、宿泊費などすべての費用は参加者の自己負担で支払われており、安倍事務所、安倍晋三後援会としての収入・支出は一切ない」

だが、今回「週刊文春」は、一枚の領収書を入手。そこにはこう明記されている。

〈¥890,710 但し、2015/04/17~2015/04/18 旅費として〉

これは、自由民主党山口県第四選挙区支部(以下第四支部)の収支報告書に添付された領収書で、第四支部が約89万円を「サンデン旅行」(山口県下関市)に支出したことを示している。サンデン旅行は安倍事務所と協力して「桜を見る会」ツアーを組んだ旅行会社であり、但し書きに記載された日付は、2015年の「桜を見る会」および「前夜祭」が行われた日付と符合している。ツアー参加者らの証言からは、参加者の接待のために地元事務所の秘書やスタッフがこぞって上京していたことが判明しており、この「89万710円」は、彼らが上京する際の旅費だったと見られる。

第四支部の代表は安倍首相。首相が前夜祭と桜を見る会のために上京するスタッフの旅費を出したのであれば、主体的に一連の行事にかかわっていた証拠といえる。

~省略~

【文春オンライン 2019.11.28.】

嘘を塗り重ねた挙句、国会から逃げ回る安倍総理に、「トドメの証拠」が炸裂!どこをどう見ても、いよいよ違法行為が確定的に!

出典:YouTube

いよいよ、安倍総理による重大な違法行為が確定的となっていまいりました。
週刊文春が、2015年の「桜を見る会」および「前夜祭」において、安倍総理の地元選挙区支部が地元旅行会社におよそ96万円の旅費を支払っていた領収書を入手。
安倍総理は、(違法行為を隠すために)「事務所や後援会にも、収入や支出は一切ない」と、誰もが強く疑うような不可解な主張をしていましたが、やはり、「桜を見る会」で支持者をもてなすために、安倍総理側が金銭を負担していた実態が明らかとなりました。

これはかなり重要な物証だわ!!
いよいよ、度重なるウソによる「国民騙し」の手口も、限界が来たみたいねっ!

さらにいえば、文春が入手した「注意書き」の用紙を見てみると、安倍夫妻との記念写真において「集合写真は”事務所カメラ”のみでの撮影となります」と書かれているし、参加者の話によると、「写真は送るか差し上げますと言われた」上に、「安倍事務所に写真のサンプルが置かれており、事務所に行って好きなのを選べばもらえる」とのことだ。

この件について、文春の取材班が地元の安倍事務所を訪ね、安倍後援会代表も務める公設第一秘書の配川博之氏にこれらの件について質問したところ、配川氏が激高
「あなたに答える必要はない!!」と激しく恫喝しながら、文春の記者が肩を掴まれ、事務所の外に引きずり出されたとのことだ。(Twitter @takanosuke7より)

安倍一派は、あらゆる嘘が通用しなくなってきたことが分かると、今度は逆ギレし、脅しをかけ始めた様子だけど…ご覧のように、「桜を見る会」や「前夜祭」を完全に「有権者の買収」に利用していたことはどこからどう見ても確定的となっている上に、この記事が事実であれば、安倍総理による公選法違反や政治資金規正法違反もほぼ確定的となった。

つまり、(日本がまともな法治国家である限り)安倍総理はもう「おしまい」ということだね。

「国会から要求があれば、説明するのは当然だ」なんてカッコつけておきながら、実際には、”疑惑の張本人”がとことん国会から逃げ回っている上に、与党そのものが説明責任を拒絶している始末だし…これだけ証拠が揃っているというのに、これでもまだ総理を続ける気だというの!?
ほんっとにしつこい男だわっ!

今後は「安倍総理」ではなく「安倍晋三容疑者」と呼んでいく方がいいかもね。
この前の記事でも述べたけど、これでも検察が全く動かないとなれば、(これまで噂されてきた)日本における「田布施システム(グローバル資本勢力からの庇護を受けている、長州テロリストの一族が法を超えた権力を手にしている内情)」の実態までもが確定的になってくるし、どちらにしても、曲がりなりにも存在している「日本の民主主義システム」を守るために、国民自身がこの国を不当に乗っ取っている安倍政権を倒さなければならない
こうした重要なスクープを出しているのが、もっぱら週刊誌やタブロイド紙ばかりで、新聞・テレビが全く本来の仕事をまるで放棄している現状も、目も当てられないような酷い有様だけど…いい加減に彼らも、「長州テロリストの一族」の血筋だけで超権力を手にできている、(極限までの反知性の)「裸の王様」に見切りをつける段階に来ているのではないかな?

いよいよ、数々のウソがバレてしまった中で、完全に「詰み」になってきた安倍総理ですが、今後どのような展開になっていくのか、マスコミや検察の動きについてもよく見ていこうと思います。

Pocket

 

 関連記事