安倍総理による「2島返還で手打ち」報道にも、自称「保守」勢力はダンマリ!ネット「やっぱり単なる”安倍信者”だ」

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年11月14日の日露首脳会談において、安倍総理とプーチン大統領が1956年の「日ソ共同宣言」に基づく2島返還を軸に交渉を進めていく動きが見えてきた中で、「保守・愛国」を騙る安倍政権の支持集団が静まりかえっていることがネット上で話題になっている。

首相「2島先行返還」軸に日ロ交渉へ 4島一括から転換

安倍晋三首相は14日、訪問先のシンガポールでロシアのプーチン大統領と会談し、1956年の日ソ共同宣言を基礎に平和条約交渉を加速させることで合意した。56年宣言は平和条約締結後に歯舞(はぼまい)群島、色丹(しこたん)島の2島を引き渡すと明記している。日本政府は従来、国後(くなしり)、択捉(えとろふ)の2島も含めた北方四島の一括返還を求めていたが、首相は今後の交渉で2島の先行返還を軸に進める方針に転換した。

~省略~

【朝日新聞 2018.11.15.】

プーチン氏「2島の主権は議論必要」 北方領土交渉 日ロの思惑

~省略~

北方領土問題のために、日ソ共同宣言に基づき、交渉を加速させると提案してきたのは、安倍首相だったと明かした。

1956年、日本と当時のソ連が署名した、日ソ共同宣言。

そこでは、両国の平和条約締結後、北方領土4島のうち、歯舞群島と色丹島の2島を日本に引き渡すと明記されている。

ところが、この引き渡しについても。

プーチン大統領は「(日ソ共同)宣言には、ソ連が2つの島(歯舞・色丹)を引き渡す用意があるということだけ述べられていて、それらがどのような根拠により、どちらの主権に基づくかなどは述べられていない。慎重な議論が必要だ」と述べた。

プーチン大統領は、引き渡しを北方領土の返還と考える日本とは異なる認識を示し、2島の主権についても、引き続き交渉が必要であるとの考えを示した。

~省略~

【FNN 2018.11.16.】

日本国内にウヨウヨいる「自称・保守愛国」はCIA(グローバリスト)が作り出した売国集団→だから安倍総理がどんな売国をしても見て見ぬふり!

出典:NHK NEWS WEB

安倍総理が、自ら「日ソ共同宣言」に基づいた2島返還を提案し始めたことが報じられているにもかかわらず、(毎度のことだけど)「自称・保守愛国」の例の集団がダンマリ状態になっているわ。
ネットでもすでに指摘されているとおり、これまで日本が4島返還を主張し続けてきたところを2島返還で手打ちしようとしているのなら、これはもう「完全な売国」ですし、本当なら安倍総理に激怒するような場面だと思うんだけど~。

某作家センセイのツイッターを見ても、ここ数日は自分の本の宣伝ばっかりで、日本の姿を大きく変える外交交渉の行方にも全く目もくれていない状況だね。
しかも、「2島引き渡しで手打ち」という安倍&プーチンの交渉内容を見てみても、北方領土全体の面積で見ると歯舞・色丹の2島はたったの7%程度というし、かつての歴史の経緯から見ても、これは完全な売国だろう。

こうした状況に対して、共産党の志位委員長も「全千島列島返還を内容とする平和条約を締結すべき」と、ロシアに対してもっと強い態度で臨むように怒っているし、一体どちらが保守なんだか
特に安倍シンパ(自称反共勢力)は、これまでロシアに対してより強い敵対心を表明してきたし、本当に保守・愛国思想を持っているのなら、ここは一斉に安倍総理を非難するのが当然の場面だと思うけどね。

こうした様子を見てもよく分かるけど、「自称・保守愛国」を標榜してきた統一教会やら日本会議の集団も、その”大元”はCIAのグローバリスト(ワシントンのディープステート)で、日本をグローバリストに切り売りするために生み出された集団だってことだわ。

戦後直後に(CIAの資金で)自民党が結党され、統一教会が設立された経緯などを見ても、確かにそうした背景が浮かび上がってくるけど、主に今の日本に蔓延しているのは、ただ単に「強いもの」に媚びては擦り寄り、その利権やおこぼれを頂戴しつつ、一緒に「強くなった気分」に陥りながら、一方では弱いものを叩いてストレス発散をしようとする何ともせこくて卑しい精神の人たちが「保守愛国」であると詐称したり勘違いしている状況なのかもしれないね。
(つまり、この手合いの連中が”保守”したいのは、自らの金儲けのための利権ということだ。)

そして、安倍総理がここまでプーチンと”売国”をもって手打ちをしようとしている(これを米側が今のところ黙認している)のも、これまで世界を支配してきた「1%」内部の権力構造や戦略が大きく変化してきており、トランプ政権による「米覇権撤退政策」によって、日本に対して「ロシア・中国の傘下に入れられていく力」がかかり始めてきているのを示している。
従来のオバマ時代までの米政権であれば、安倍総理がこんな風にプーチンと急速に距離を縮めて北方領土交渉を進展させようとしているのを許すはずがなかったからね。

どちらにしても、安倍総理を支持し続けている集団は、そろそろ自らを「保守・愛国」と詐称するのをやめてほしいところだわ。
水道民営化移民促進種子法廃止や日ソ共同宣言に基づく2島返還に怒っている野党や私たちの方が、よほどこうした集団よりも保守的ですし、徐々に日本の多くの人がグローバリストが作り出してきた「壮大な欺瞞」に気づき始めている状況なんじゃないかしら?

確かにそうかもしれないね。
そして、日本もいよいよ世界の大変革の影響を確実に受け始めてきているように見えるので、今後も最上級の関心を持って国内外の情勢を見守っていくとしよう。

Pocket