【やっぱね】ソ連による北方領土占領をアメリカが援助していたことが判明!対日戦闘に備えて大量の艦船を貸与、アラスカ州でのソ連兵への軍事訓練も!

Pocket

どんなにゅーす?

北海道の根室振興局が米露の専門家と協力して行なった歴史調査の中で、ソ連による北方領土占領の背後でアメリカが強力に援助していたことが判明した。

・アメリカは、日ソの戦闘に備えて、ソ連側に大量の艦船を無償で貸与。さらには米アラスカ州に1万2千ものソ連兵を集めて軍事訓練を行なっていたことも分かり、ソ連とアメリカが緊密に連携して北方領土の占領が行なわれた実態が浮かび上がっている。

スポンサーリンク

ソ連の北方四島占領、米が援助 極秘に艦船貸与し訓練も

【根室】1945年8、9月に行われた旧ソ連軍による北方四島占領作戦に、米国が艦船10隻を貸与していたことを、根室振興局が米国とロシアの専門家による研究成果などを突き合わせ、明らかにした。米国はソ連の対日参戦に備え、大量の艦船の提供だけでなく、ソ連兵の訓練も行っており、米国の強力な軍事援助が四島占領の背景にあったことが浮かび上がった。

振興局の調査結果によると、樺太南部の返還と千島列島の引き渡しと引き換えに、ソ連の対日参戦が決まった45年2月のヤルタ会談の直後、ともに連合国だった米ソは「プロジェクト・フラ」と呼ばれる合同の極秘作戦をスタートさせた。

米国は45年5~9月に掃海艇55隻、上陸用舟艇30隻、護衛艦28隻など計145隻の艦船をソ連に無償貸与。4~8月にはソ連兵約1万2千人を米アラスカ州コールドベイの基地に集め、艦船やレーダーの習熟訓練を行った。コールドベイには常時1500人の米軍スタッフが詰め、ソ連兵の指導に当たったという。

【北海道新聞 2017.12.30.】

出典:Wikipedia
スポンサーリンク

スポンサーリンク

アメリカやソ連など、それぞれの大国の上に「軍産資本」が暗躍、世論や政治をコントロールし戦争を引き起こしていたことを示唆する重要な情報

予想通りに大手のメディアは全く伝えようとしていないけど、当時のソ連による北方領土占領の背後にアメリカの強力な支援があったことを北海道新聞が報道しているわ。
つまり、現代でもここまで色々とこじれている北方領土問題は、やっぱりアメリカが一枚噛んでいたってことね。

ああ。日韓の竹島問題だけでなく中国との尖閣領土問題も、ボクはここまで問題を複雑にした背後にはアメリカが絡んでいることを疑っているけど、やはり北方領土もそうだったんだね。

イギリスを発端とした産業革命や第一次世界大戦の辺りから、銀行業やそれと結びつく軍需産業が急激に発展し、現代における無国籍の資本家が国家をステルス統治する「グローバリズム」の原形が出来上がっていったものと見ているけど、まさしく第二次世界大戦は、こうした巨大化した軍需産業がさらなる莫大な儲けを得るために、当時広がりつつあった資本主義制度を通じて各国の政治家を金や利権でコントロールすることで戦争を激化させ、その上で戦争の末に疲弊しきった国家の資産や資源を接収し、下落しきった金融商品を徹底的に買収
これが、現代に至る新自由主義などの急進的な資本主義経済制度と、各国の中央銀行制度に基づく貨幣制度や金融商品を1%の巨大資本勢力が支配、地球規模で国家や市民を支配するシステムである「グローバリズム」へと繋がっている状況だ。

こうなると、第二次大戦終結後に長きに渡って続いた米ソ冷戦というのも、それぞれの国家や社会システムの中に入り込んでいた軍産資本のエージェントがそれぞれの政治家を操りながら危機を引き起こしていた疑いがあり、当時にアメリカやその属国の日本などで強固に流布されていた(ソ連を強く敵視する)「反共思想」というのも、色々と嘘や茶番が含まれていた可能性がありそうだね。

今のアメリカ・イスラエルを拠点とした世界で戦争を焚き付けているネオコン勢力というのも、その核にあるのは、かつてのロシアで弾圧・迫害された後に追放された、マルキストやトロツキストともいわれるシオニストの共産主義者とも言われているわ。

グローバリズムそのものも「究極的な共産主義」とも言われるけど、こうした巨大資本勢力は「反共思想」を掲げながら共産主義(グローバリズム)を進めている実態が徐々に明らかになりつつある感じだわ。
(ちなみに、プーチンさんは、ロシアに残っていたシオニスト系グローバリストの資本家層を徹底的に無力化させたことから、シオニストから強烈な恨みを買ったと言われていて、そのロシアの財界から追い出された連中が、米露関係の破綻による第三次世界大戦の勃発やプーチン政権の滅亡、アメリカ国内のトランプバッシング世論を扇動している黒幕みたいね。)

どちらにしても、ソ連による北方領土占領を支援したアメリカを声高に称えながらその一方で「北方領土を今すぐに返せ!」と叫んだり、ロシアや中国を「共産主義の危険勢力」と国民を焚き付けている一部の連中は、ますます大きな矛盾と欺瞞を抱えている実態が明らかになったと言えるだろう。

全ては、様々な”混乱”や”破壊”を通じて、地球単位で一部の巨大資本家が世界を統治する「グローバリズム」を実現させるための方便や洗脳であり、この先の時代、今まで以上にボクたちはそれぞれの国家の中に入り込んで、政治やマスコミ、民衆を自在に操っている「無国籍系資本勢力」の存在に目をやる必要があると言えるだろう。

こうした巨大資本に操られたマスコミも、「国家の権力者同士がその覇権や勢力を競い合って激しい戦争を繰り返している」といった表面的な部分しか伝えようとしないから、まだまだこうした構図を知らない国民が大勢いる感じだわ。

今回のニュースも、今まで伝えられてきた近代世界史の欺瞞性を物語っている内容だし、軍産資本配下のマスコミが一切伝えようとしないのもまさに納得ね。

こうした国境を越えた巨大資本家の存在やグローバリズムのシステムを国民が理解しない限り、今後も今までのような悲惨な戦争が繰り返されていくものと考えている。
少しでも一部の資本家の利益のための悲惨な戦争やテロが世界からなくなっていくためにも、ボクたちもマスコミなどが作り上げてきた既成概念に囚われない視点で多くの物事を考えていくことが大切だね。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket