【本当?】日露首脳会談、平和条約締結後に「2島返還」で交渉か!プーチン氏は「北方領土に米軍基地を置かない」ことを強く要望!

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年11月14日、シンガポールで日露首脳会談が行なわれ、「北方領土交渉において進展」があったことが日本のマスコミの間で大きく報道されている。

安倍総理は1956年に結ばれた「日ソ共同宣言を基礎として平和条約交渉を加速させることで合意した」ことを明かし平和条約締結後に歯舞・色丹の2島を返還する内容で手打ちをしようとしているのではとの見方が出ている。

日露首脳会談
領土含む平和条約交渉の加速を合意

~省略~

両氏の会談は9月のロシア極東ウラジオストク以来で、通算23回目。プーチン氏は前回会談の2日後、首相が同席した国際会議で「前提条件抜きの年末までの平和条約締結」を提案し、首相は後に北方領土の帰属問題解決が先という日本の立場を伝えた。今回は提案を踏まえた初の公式会談だ。

日本政府は、領土交渉への機運を高めようと共同経済活動に意欲を示してきた。両氏は9月の会談で、活動の実現に向けたロードマップ(工程表)で合意。ウニの養殖やイチゴの温室栽培など5項目の事業を盛り込んでおり、会談で場所の選定などを詰める。事業の法的基盤となる「特別な制度」についても、双方の立場を害さない形で協議を進める方針だ。

これらの前進を確認したうえで、首相は領土交渉の本格化を提起する。かつてプーチン氏は「平和条約締結後に歯舞、色丹2島を引き渡す」とした日ソ共同宣言(1956年)の有効性を認めていた。日本側は今回、宣言の再確認から入り、国後、択捉両島の帰属問題の協議につなげたい考えだ。

また、会談で首相は北朝鮮の非核化に向け、国連安全保障理事会による制裁決議の履行を確認したい考え。日本人拉致問題の解決に向けた協力も求める。

~省略~

【毎日新聞 2018.11.14.】

日ロ、56年宣言を基礎に平和条約交渉加速 首脳会談

【シンガポール=田島如生】安倍晋三首相は14日、ロシアのプーチン大統領と約1時間半会談した。平和条約締結後に北方四島のうち歯舞群島と色丹島を日本に引き渡すことを明記した1956年の日ソ共同宣言を基礎に、日ロ平和条約交渉を加速させることで合意した。首相は年明けにもロシアを訪問する意向だ。会談終了後、記者団に「今回の合意のうえに平和条約交渉を仕上げていく決意だ」と語った。

56年宣言を基礎とすることについて、日本政府には4島返還の前提を崩さず歯舞群島と色丹島の2島の引き渡しを先行させる狙いがあるとみられる。

首相は記者団に国後、択捉の2島の帰属問題には触れず「信頼関係の積み重ねのうえに領土問題を解決して平和条約を締結する」と強調。「次の世代に先送りすることなく、私とプーチン大統領の手で必ずや終止符を打つという強い意志を大統領と完全に共有した」と語った。

~省略~

【日経新聞 2018.11.14.】

北方領土“米軍置かず” プーチン氏が日米合意要求

~省略~

日ロ関係筋によりますと、プーチン大統領はこれまでの会談で、北方領土を日本に引き渡した場合にアメリカ軍の基地を置かないことを安倍総理大臣とトランプ大統領の間で公式な文書で合意し、確約するよう求めているということです。プーチン大統領はこれまで、北方領土にアメリカ軍が展開してくる可能性があるとの懸念を示したことはありましたが、日米の首脳間の合意を求めていることが分かったのは初めてで、日本にとっては高いハードルといえます。ロシア政府関係者によりますと、日米の間での非公式な合意では将来、ほごにされる可能性があるため、首脳間の公式な合意を求めているということです。

【テレ朝news 2018.11.14.】

安倍総理とプーチン大統領との間で「領土交渉が進展」と日本のマスコミがしきりに報じているものの…

出典:TBS News

安倍総理の会談後のコメントなどを元に日本のマスコミがしきりに「日露の領土問題の交渉が進展」って報じているけど、ネット上でも指摘があるように、今のところロシア側から明確なコメントが出てきていない上に、あまりにも不確定な要素が多すぎるわ。
過去の事例を考慮しても、これはもう少し様子を見る必要があるんじゃないかしら。

これまでも、日本とロシアの間で「2島返還で手打ち」する案が出ていることが一部マスコミで報じられてきたものの、これもここまで全く実現してこなかったし、実際のところ、4島返還どころか、2島の返還でもかなりの大きなハードルがあるのは否めないからね。

まず、(すでに北方領土が「ロシアの軍事要塞」と化している中で)プーチン大統領は、仮に日本に返還した場合、北方領土に米軍を置かないことを強く要望しており、2島返還においても、最低限、日本は「米隷属体制」から脱することが大前提となってくる。
米国(の中のグローバル資本勢力)に隷属することで「強い権力」を維持してきた安倍総理(安倍一族)が果たして”隷米体質”から脱することができるのか?…というのも大きな疑問だけど、もし、万一2島返還が実現したとすれば、これは、当サイトがこれまで指摘してきたように)トランプ勢力が進めている「米覇権撤退政策」の一環として、日本がかつての「米傀儡」から脱し、今度は「ロシア(&中国)の傘下」に組み込まれていく新しい世界秩序の一環ということになりそうだ。

だけど、狡猾でしたたかなプーチンさんがあっさりと2島を返還するのかどうかすらかなり怪しいし、もし、返還交渉が進んでいったとしても、実質的にロシアが強力な主権を握っている形で、圧倒的に日本に不利な条件で引き渡される可能性が高そうね。

そもそも、ロシア側はいまだに明確なコメントを出していないし、本当に領土交渉にそこまでの進展があったのかどうかすらよく分からないからね。
安倍総理としては、これらの「交渉の成果」をネタに次の選挙で勝利することを画策しているのは確かだし、(例によって)日本のマスコミに圧力をかけて、自身にとって都合がいいようなデマ同然の情報を報じさせる危険性もあるから、この先しばらくは注意して見ていく必要がありそうだね。

ほんとに、最近の日本のマスコミは「TAG」の捏造をはじめとして、ますます実態とはかけ離れた劣悪な情報を報じるようになってきているものね。
マスコミが報じてきたトランプさんと安倍総理の「虚構の蜜月」も、すでに完全にメッキが剥がれてきているし、日本国民にとっては、安倍総理が「自身のレガシー」のためにまたも”酷い売国”をやらかさないかどうか、くれぐれも注意しておく必要がありそうね。

おススメ記事&広告

 
Pocket