児玉龍彦教授が、国会で安倍政権の「デタラメコロナ対策」に声震わせ強い危機感を口に!「今日の勢いで行ったら、来週は大変なことになる」→児玉氏の必死の訴えに立憲・杉尾議員が思わず涙!

Pocket

どんなにゅーす?

・2020年7月16日、東京大学先端科学技術研究センターの児玉龍彦名誉教授が、参院予算委員会の閉会中審査に参考人として出席し、現在の安倍政権による、あまりにもずさんなコロナ対策と、PCR検査が現在も全く追いついていない現状に強い警鐘を鳴らした。

・児玉教授は、日本の現状のコロナ感染再増加の事態に対し、「国の総力を挙げないとニューヨークの二の舞になる」「今日の勢いで行ったら、来週は大変になります。来月は目を覆うようなことになります」と強く警告。その上で、PCR検査の一刻も早い拡充に加えて、すぐに国会を開き、責任者を明確にしたうえでトップダウンの前向きな対策を行なうべきと提言。児玉教授の必死の訴えに対し、ネット上では多くの賛同と共感の声が上がっている。

感染防止「総力挙げないとNYの二の舞」=東大・児玉氏

[東京 16日 ロイター] – 東京大学先端科学技術研究センター名誉教授の児玉龍彦氏は16日の参院予算委員会(閉会中審査)で参考人として発言し、新宿区に新型コロナウイルスのエピセンター(感染集積地)が形成されつつあると指摘した。感染拡大防止に「国の総力を挙げないとニューヨークの二の舞になる」と述べ、大規模なPCR検査の実施などを通じて制圧することが急務だとの認識を示した。杉尾秀哉委員(立憲・国民、新緑風会・社民)らへの答弁。

児玉氏は「極めて深刻な事態となっている事」について報告したいと述べ、「東京にエピセンターが発生しており、今、全力で食い止めないとニューヨークのような事態になる」と指摘。

~省略~

その上で「責任者を明確にしてトップダウンで前向きの対応が必要」として、「今すぐ国会を開くべきで、今する対応は来週する対応の百倍の価値がある」と提言した。

【Newsweek 2020.7.16.】

児玉龍彦東大名誉教授が、安倍政権の「デタラメコロナ対策」に最上級の危機感を露わに!「今すぐに国会を開いて」「今の勢いでいくと、来月には大変なことになる」

出典:Twitter(@rz27719405)

福島原発事故の際にも国民に向けて多くの提言を発信していた児玉龍彦東大名誉教授が国会の閉会中審査に出席し、現状の安倍政権による極めてずさんでいい加減なコロナ対策に強い警鐘を鳴らしました。
すでに、首都圏や大阪などの大都市部を中心に、感染爆発の第二波が到来してきた中、「今日の勢いで行ったら、来月は目を覆うことになります」と訴えたうえで、今すぐにでもPCR検査の本格的な拡充と政府主導の本格的なコロナ対策が必要であると明言しました。

児玉教授による勇気と熱意ある訴えに、質問者の立憲・杉尾議員も思わず目頭を熱くさせているけど、「今すぐにでも国会を開くべき」「今行なう対応は、来週行なう対応の100倍の価値がある」という児玉教授の言葉は極めてまっとうで、ボクも全面的に同意だ。
それだけ、事態はいよいよひっ迫してきたし、言うまでもなく「東京だけ除外してGoToキャンペーン強行」なんていう、オママゴトみたいなレベルの「やってるフリ」を演出しているような場合ではない

当サイトでも、コロナ危機が発生した当時からずっと言い続けてきたことだけど、COVID-19の感染実態や性質・傾向を分析するためにも、PCR検査を出来る限りのレベルまで拡充していくことをまずは実践しない限り、有効なコロナ対策など出来るわけがないのは子どもでも分かることだろう。
おまけに、少し本気になれば、多くの先進国と同等レベルのPCR検査体制を作ることが出来るにもかかわらず、わざとこれをやろうとしないという時点で、結局は「(グローバリストからの命令通りに)わざと日本国民の健康・生命を脅威に陥れて、日本そのものを破壊しようとしている」という結論に辿り着くしかないんだよね。

ちなみに、児玉教授については、少し前の「ゆるねと通信」(会員制ウェブマガジン)で軽く紹介したけど、モーニングショーに出演した際にも、大きく共感できるメッセージを発しているので、こちらの記事でもこれを紹介しておこう。

まさに、安倍サポート目的の発言ばかりを繰り返している尾身氏とは何から何までが対照的ですね。
本来であれば、政府に対して一切の忖度なしに、おかしなことを「おかしい」と訴える専門家こそ、政府の専門家会議に抜擢されるべきなのですが、今の安倍政権は、自民党内はもちろん、官僚から有識者までもが、深刻なレベルの”思考停止”と、官邸の意向に何でもかんでも同意・賛美するしか能がない、安倍総理本人と同等の)極めて低レベルの人たちで埋め尽くされてしまっています

まさに、安倍政権そのものが「カルト教団化」してしまっているということだし、こんな「カルト化」した国が、最後はどんな結末を迎えるのか、詳しく説明しなくても分かるよね。
児玉氏による必死の訴えに対して、(最も真摯に耳を傾けるべき)肝心の西村大臣は馬耳東風で「心ここにあらず」だった様子だけど、このまま安倍政権による私利私欲にまみれた「デタラメコロナ対策」を野放しにしていると、そう遠くない未来に日本の国家や国民が、壊滅的な被害を受ける結末が待っているだろう。
もはや、この政権に自浄能力や体質改善が全く期待できない以上、今よりもより大きく国民自身が強い批判や怒りの声を上げていくことで、一日も早くにこの史上最悪レベルの「国賊政権」を終わらせることが必要だろう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事