世界で活躍の日本製全自動PCR検査機器、日本政府にも認可申請するもなぜか「進展なし」!企業担当者「早く今の状況を何とかしたいのに、とても歯がゆい」

Pocket

どんなにゅーす?

・新型コロナが世界で猛威を振るっているのを受け、日本の企業が開発を手掛けた全自動PCR検査機器が海外で大活躍している中で、機器を開発した企業(PSS社)が2020年3月の時点で日本政府にも認可を申請したものの、なぜか5月8日の時点で全く進展していない状況であることが明らかに。日刊ゲンダイが報じた。

・PSS社の担当者は「(なぜ、同社の全自動PCR検査システムを使おうとしないのか)分かりませんが、とにかく、早く今の状況を何とかしたい。とても歯がゆい思いをしています」とコメント。安倍政権が、全自動システムの導入を拒絶しつつ、意図的にPCR検査を徹底的に抑制している疑いがさらに増してきている。

日本の「全自動PCR検査システム」なぜ導入されず? 製造メーカーも首を捻る

~省略~

韓国や欧米諸国のように日本ではなぜ、いまだにPCR検査が増えないのか。本当に人員や技術の問題なのか。ところがそうじゃなかった。すでに日本でもPCR検査を増やす方法はいくらでもあったのだ。

例えば、DNA抽出装置や全自動遺伝子診断システムの開発などを手掛ける東証マザーズ上場の「プレシジョン・システム・サイエンス」(千葉県松戸市、PSS社)は現在、研究機関や病院で行われている手作業のPCR検査について、早く正確に判断できる「全自動PCR検査システム」を開発している。

~省略~

PSS社がOEM供給した仏・エリテック社ブランドのシステムは、同国の医療現場で採用されており、新型コロナウイルスのPCR検査でも高い成果を上げているという。PSS社は功績が認められ、駐日フランス大使からシステム供給に対して礼状が届いたほどだ。

PSS社はまた、東京農工大とも連携し、新型コロナウイルスの迅速診断に向けた新たな「全自動PCR検査システム」を共同開発。3月時点で国に使用を認めるよう申請したというのだが、いまだに進展がないのが現状だ。フランスの医療現場で採用され、駐日フランス大使から礼状まで届くPCR検査システムがなぜ、日本で使用できないのか。

PSS社の田中英樹・取締役総務部長がこう言う。

「手作業によるPCR検査では、なかなか検体数も増えないでしょう。(なぜ、全自動PCR検査システムが使えないのか)分かりませんが、とにかく、早く今の状況を何とかしたい。とても歯がゆい思いをしています」

~省略~

【Yahoo!ニュース(日刊ゲンダイ) 2020.5.8.】

安倍政権が意図的にPCR検査を抑制しているとしか思えない内情がさらに露呈!開発企業も「なぜ?」と首をひねる事態に!

出典:Precision System Science Co., Ltd.

またも、安倍政権がわざとPCR検査を抑制している内情を示すような話が出てきたわ。
開発企業の担当者の人も首をひねっているし、グローバリストのご主人様から安倍政権に「絶対に検査数を増やすな」なんていうよほど強い指示が出ているのかしら?

ネット上の声を見ても、「なぜ?」「どうして?」の声で溢れ返っているし、これはもう、PCR検査を増やしたくない「よほどの事情」があるとしか思えないだろう。
この過去記事で紹介した表を見ても、日本のPCR検査数は他先進国と桁が違うほどにかけ離れており、これはもう言ってみれば、政府が深刻な貧困に見舞われている発展途上国レベルだ。
先の記事では、本来であれば新型コロナ対策の最前線に立ってフル稼働しないといけないはずの国立感染研が、安倍総理からの強い指示により「出勤8割減」が推し進められている実態を紹介したけど…どこからどう考えても、日本国内の「本当の感染実態」を何としても覆い隠そうとする「相当に強い意図や力」がかかっていると疑うしかないし、この凄まじい隠蔽・捏造体質は中国のそれとも大差ないまでになってきている。

最近になって、PCR検査を拡大できない理由について、専門家会議が「やむを得ない事情がある」かのごとくあれこれ説明している動きが目立っているけど、実際は、やろうと思えば1日2万件くらいは簡単に出来てしまうのが実情なのではないかな?

何から何まで、私たちが強く疑っていた通りの展開になってきているわね。
やっぱり、安倍政権は、「何かの理由」があって、わざと日本国内に感染を拡大させては、どうにかして日本国内の感染実態が判明しないように、あらゆる手を使って隠蔽・捏造を推し進めているようにしか見えないし、この新型コロナ(COVID-19)の(日本国内だけでなく)世界的な蔓延の背後には、相当に深い「政治的(人為的)な闇」が隠されているのは確かなのではないかしら?

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 

 関連記事