【真っ黒政権】「裁量労働データ捏造」の加藤勝信氏が総務会長に抜擢!「うちわ辞任」「安倍政権に反対するのは変な人」の松島みどり氏も広報本部長に!

Pocket

どんなにゅーす?

・すでに多くの批判が殺到している第4次安倍改造内閣の人事について、「残業代ゼロ制度」を含む「働き方改革法」の強行採決の中で、厚労省による裁量労働のデータ捏造が次々発覚した上に、「ご飯論法」と揶揄された欺瞞的な答弁に明け暮れた加藤勝信厚労相が総務会長に抜擢され、驚きの声が上がっている。

・また、法相時代に公選法違反の疑いが強い「うちわの配布」が発覚して辞任した上に、「安倍政権に反対するのは変な人」との放言で批判が殺到していた松島みどり氏も広報本部長に就任その他の疑惑を抱える議員の重役起用とともに批判が噴出している。

加藤総務会長・甘利選対委員長らの人事正式決定

自民党は2日午前、党本部で総務会を開き、主な党役員人事を正式決定した。二階俊博幹事長(79)、岸田文雄政調会長(61)は続投し、総務会長に加藤勝信厚生労働相(62)、選挙対策委員長に甘利明・元経済再生相(69)が就任した。森山裕国会対策委員長(73)と萩生田光一幹事長代行(55)の再任も決まった。

二階氏は総務会で、「安倍内閣が成果を上げるように今一層、円満な政権運営に努力してまいりたい」と述べた。

人事はほかに、山口泰明組織運動本部長(69)が続投し、広報本部長に松島みどり・元法相(62)が就任することも決まった。非議員の高村正彦副総裁(76)は退任した。

憲法改正推進本部長には下村博文・元文部科学相(64)が就き、稲田朋美・元防衛相(59)が総裁特別補佐と筆頭副幹事長を兼務する。

【読売新聞 2018.10.2.】

総務会長に大抜擢された加藤勝信氏は、厚労省データ捏造に加え、悪徳マルチ商法「ジャパンライフ」の広告塔や政治資金規正法違反疑惑などの真っ黒の疑惑が多数!

出典:Wikipedia

当サイトでも、安倍改造内閣の驚愕の「問題児まみれの布陣」複数の記事で伝えてきたけど、加藤勝信さんの総務会長への抜擢と、松島みどりさんの広報部長就任にも触れないわけにはいかないわね。

ああ。加藤勝信氏は、安倍一家ととりわけ深い関係を築いてきた人物で、安倍総理の忠実な家臣のような存在ゆえ、当然のごとく本人も(安倍総理同様に)真っ黒な疑惑まみれの人物だ。

当サイトでも度々伝えてきたけど、加藤氏といえば、真っ先に思い浮かぶのが、日本の労働者をますます過労死に追い込んでいくことに繋がる「残業代ゼロ制度」の強行採決の際に、採決に有利な状況に持っていくための厚労省による数々のデータの捏造が発覚。
責任者である加藤厚労相に対して辞任を求める声が殺到したものの、結局辞任を拒否しては、「ご飯論法」と揶揄されたノラリクラリの欺瞞的な答弁を繰り返し、結局、法案は多くの虚偽や捏造にまみれた中で強行採決された。

さらには、加藤さんと言えば、度々の業務停止の末に破産に追い込まれた悪徳マルチ商法「ジャパンライフ」の広告塔を長年務めてきたことで悪徳商法の片棒を担いできたことが問題視されてきたし、600万円の違法献金を受け取った政治資金規正法違反疑惑も噴出したことがあったわね。

●過去参考記事:
加藤勝信一億総活躍相にマルチ商法「ジャパンライフ」との癒着疑惑!業務停止処分を受けている企業の広告塔を務めていた疑い!

加藤勝信1億総活躍相に政治資金規正法違反(違法献金)の疑い!計600万円を届け出のない団体で受け取る!

加藤氏も、まともな法治国家であればとっくに逮捕されているだろうし、これらについて大手マスコミがほとんど報じていない上に、検察も全く動かないところをみると、彼もまた「長州特権階級」の安倍一族の”バリアー”によってかなり強固に守られているといえそうだ。

松島みどり氏の広報部長就任で「また有権者にうちわを配るのか?」との声も!「安倍政権に反対するのは変な人」発言が評価されて抜擢されたのか!?

出典:Twitter(@jam9801)

出典:Twitter(@tomo_vega0425)

これに加えて、「うちわ問題(公選法違反疑惑)」で法相を辞任した松島みどりさんの広報本部長抜擢にもネット上で突っ込みが相次いでいるわ。
「広報本部長として、また有権者にうちわを配るつもりなのか?」なんて声も上がっているけど、全くギャグとしか思えないわね。

あの田崎スシロー氏ですらも、「これまでの安倍内閣でいちばん出来の悪い内閣」「この人で大丈夫かなという人が5人くらいいる」と苦言を呈したらしいからね。
誰がどう見ても、安倍政権は自ら選挙で惨敗しようとしているようにしか見えないけど、こうした人事を大手マスコミのニュースが全くといっていいほどに突っ込もうとしていないのが気になる。
特にNHKについては、ボクが観た限り、甘利氏のワイロ事件についても、下村氏の加計闇献金も、加藤氏のデータ捏造にも全く触れずに、ただ安倍総理の美辞麗句をそのまま垂れ流していて、ほとんどゴミ同然のような報道内容だったね。

ほんとに、こんな報道内容で高給がもらえちゃうんだから、今のNHKの関係者も安倍政権の政治家と同じで、国民のお金を不当に吸い上げて美味しい思いをしているだけの「吸血鬼」みたいな存在になっているわね。

まったくだ。
高い受信料を払っているんだから、こうした政権の裏側にあるものに切り込み、表に見えていない内部事情や権力の腐敗などを厳しく批判するのが、民主主義国家の公共報道機関としての当たり前の姿だし、それが全く出来ずに、薄っぺらい表面的な報道に明け暮れるだけでなく、政権を賛美すらするようになってしまったら、報道機関としては完全におしまいだ。

ボクがみたところ、肌感覚としてはかなり国民間で安倍政権に対する不信感や怒りが蓄積してきており、同時に、マスコミに対する国民の信頼感も今までなかったほどに崩れ去ってきているように感じられるし、果たしてこの政権がどこまで持つのかが見物だね。

私たちとしても、ここまで突っ込みどころが満載なら、当分ネタに困ることはなさそうだものね。
今後も、史上稀にみるほどの悪政に突き進む安倍政権と、それにひたすら追従して共に堕落し続けているマスコミを厳しく批判し続けていきましょう。

おススメ記事&広告

 
Pocket