安倍官邸が記者クラブに異例の「申入書」!望月衣塑子氏の”追放”を画策か!「東京新聞の『特定の記者』の質問内容が事実誤認である」と恫喝!

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年末頃に、安倍官邸が上村秀紀・総理大臣官邸報道室長の名前で、内閣記者会(官邸クラブ)の加盟社に「異例の申入書」を配布していたことが判明。ネット上で怒りの声が相次いでいる。

・申入書には「東京新聞の特定の記者による質問内容が事実誤認である」とした上で、「内外の幅広い層の視聴者に誤った事実認識を拡散」させ「記者会見の意義が損なわれる」と主張安倍官邸が望月衣塑子記者を本格的に恫喝し、記者クラブと”共謀”しながら彼女を追放しようとする動きが激化している。

首相官邸が東京新聞・望月記者を牽制  記者クラブに異様な「申し入れ書」(選択出版)

首相官邸からの申し入れ書が話題になっている。昨年末、内閣記者会の加盟社に上村秀紀・総理大臣官邸報道室長の名前で届いた文書は、官房長官会見での特定の記者の言動をクラブとして規制しろといわんばかりの内容だった。
文書では「東京新聞の特定の記者」による質問内容が事実誤認であると指摘。そして会見がネット配信されているため、「正確でない質問に起因するやりとり」は「内外の幅広い層の視聴者に誤った事実認識を拡散」させ、「記者会見の意義が損なわれる」と訴える。
仮に事実誤認なのであれば、そう回答すればいいようなものだが、この「特定の記者」が望月衣塑子氏であることは明白。要は望月氏の質問を減らせとクラブに申し入れているようなものなのだ。
同文書は最後に、「本件申し入れは、記者の質問の権利に何らかの条件や制限を設けること等を意図していない」という言い訳で終わる。よもや、圧力に屈するメディアなどいないとは思うが……。  (選択出版)

【Yahoo!ニュース(選択) 2019.2.1.】

日頃からデマや捏造をばらまきまくりの安倍政権が、望月記者を「正確でない質問に起因するやりとり」と恫喝!「自由な言論」を強く敵視し、「ウソ」で国民を支配する安倍政権!

出典:Twitter(@isoko_mochizuki)

これまでも、官邸や記者クラブから様々な妨害や攻撃を受けてきた東京新聞の望月衣塑子記者ですが、今度は、安倍官邸が上村官邸報道室長の名前で、内閣記者会(官邸クラブ)加盟各社に対し、暗に「望月記者を示唆する」形で「正確でない質問を行なっている」と問題視する文書を送りつけていたことが判明しました。
こうした話を聞きましても、ますます安倍政権の強権化と、マスコミ各社に対する恫喝と締め付けが強くなってきたように見えますね。

(望月記者のどの質問が「事実誤認」だと主張しているのか、これだけでは不明だけど…)どちらにしても、日頃からデマや捏造をばらまきまくっている安倍一派自身が、望月記者に対して、「正確でない質問に起因するやりとりは、視聴者に誤った事実認識を拡散させ、記者会見の意義が損なわれる」などと非難しているとは、これ以上の滑稽さはないし、冗談も大概にしてもらいたいものだ。

こうした姿を見ても分かるように、安倍政権の精神性とは、「都合のいい情報であれば『嘘も事実』として改ざん」&「都合の悪い情報は『事実』でもデマ扱い」というものだし、平たく言えば、「正確ではない質問」というのを口実に、都合の悪い批判を全て弾圧してしまおう、ということだ。
ここまで醜悪で精神性が腐りきった政権なんて、まさしく戦後の日本史の中で前代未聞だし、いよいよ「自由な言論」を徹底的に敵視しては、マスコミ各社のみならず国民全体に対しても、本格的に牙をむき始めてきた感じがするね。

本当に恐ろしいことです…。
望月記者については、これまでも、菅官房長官が彼女に対する身辺調査を指示したり、記者クラブ内で村八分にされていたりと、様々な恫喝や嫌がらせがありましたが、彼女が本格的に追放されてしまった「その時」が、いよいよマスコミや国民間における言論の自由が完全に死んでしまう時なのかもしれません。

今でこそ、ある程度の自由な発言が許されているネットの場も、いつどうなってしまうか分からない状況だからね。
とにかく、安倍政権というのは、「自らにとって邪魔なものは手段を選ばず叩き潰す」という、常軌を逸した身勝手さと凶暴さを持ち合わせる「かつてなかったまでの危険な政権」であることを今以上に認識していくのが大事だろう。

Pocket

 

おススメ記事&広告