【やっぱウソ】安倍総理の「サンゴ移植」発言を琉球新報がファクトチェック!→土砂投入域の移植はゼロ!「砂をさらって」別の場所に移した事業も無し!

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年1月6日のNHK日曜討論で安倍総理が「土砂投入に当たって、あそこのサンゴについては移しております」と発言したことが波紋を呼んでいる中、琉球新報が事実関係を調査土砂投入海域のサンゴ移植はゼロだったことが判明した。

・また、安倍総理は「砂浜に絶滅危惧種が存在していたんですが、砂をさらって別の浜に移している」とも発言し、沖縄防衛局もJ-CASTニュースの取材に「巻貝や二枚貝を熊手などで砂ごとすくって隣の浜に移動させた」と説明していたものの、沖縄防衛局の事業で、貝類や甲殻類を手で採捕して移したケースはあったものの、「砂をさらって別の浜に移す」という事業は実施していないとのこと。沖縄防衛局も安倍総理のウソを取り繕うために事実をねじ曲げていた疑いが出ている。

↓J-CASTニュースの取材に対し、沖縄防衛局が「安倍総理の発言内容に間違いはない」と主張していたものの…。

「辺野古のサンゴ」は本当に移植されたのか 安倍首相発言の真偽、地元に聞いた

~省略~

沖縄防衛局の広報担当者は7日、安倍首相がウソを言っているというのは誤解があり、埋め立てしている辺野古地区については、発言の内容に間違いはないと取材に説明した。

なお、辺野古の砂浜には、巻貝や二枚貝に絶滅危惧種があり、それらは熊手などで砂ごとすくって近隣の砂浜に移動させたとしている。

【J-CASTニュース 2019.1.7.】

辺野古埋め立て 首相が「あそこのサンゴは移植」と発言したが…実際は土砂投入海域の移植はゼロ

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設に伴う埋め立てに関し、安倍晋三首相は6日に放送されたNHKのテレビ番組「日曜討論」で事実を誤認して発言した。安倍首相は「土砂投入に当たって、あそこのサンゴは移植している」と述べたが、現在土砂が投入されている辺野古側の海域「埋め立て区域2―1」からサンゴは移植していない。

埋め立て海域全体では約7万4千群体の移植が必要だが、7日までに移植が終わっているのは別海域のオキナワハマサンゴ9群体のみにとどまっている。

沖縄防衛局は、土砂投入の海域付近にあった準絶滅危惧のヒメサンゴ1群体を当初移植する方針だった。県から移植に必要な特別採捕許可が得られなかったことから、特別な装置を用いてサンゴを囲み、移植を回避するよう工法を変更した経緯がある。

首相の発言について玉城デニー知事は7日、ツイッターに「安倍総理…。それは誰からのレクチャーでしょうか。現実はそうなっておりません。だから私たちは問題を提起しているのです」と投稿した。

サンゴの生態に詳しい東京経済大学の大久保奈弥准教授は「発言は事実と異なる。サンゴを移植しても生き残るのはわずかで、そもそも環境保全策にはならない」と指摘した。

~省略~

首相は「砂浜の絶滅危惧種は砂をさらって別の浜に移す」とも発言した。沖縄防衛局の事業で、貝類や甲殻類を手で採捕して移した事例はあるものの、「砂をさらって」別の浜に移す事業は実施していない。

【琉球新報 2019.1.8.】

琉球新報が価値あるファクトチェック!「安倍総理の発言はウソというのは誤解がある」と説明していた沖縄防衛局も、事実をねじ曲げて安倍総理をフォローしていた疑いが!

↓安倍総理による問題の発言は22分35秒くらい~。

出典:YouTube

琉球新報が日曜討論での安倍総理発言のファクトチェックをしてくれたけど、土砂投入海域でのサンゴ移植はゼロだったことが判明したわ!
やっぱり、安倍総理の発言は嘘まみれだったってことじゃないのよっ!!

上の動画で確認しても、確かに、「土砂投入に当たって、あそこのサンゴについては移しております」って言っているし、別の場所でごくわずかにサンゴの移植が行なわれたのをいいことに、これを「自然環境への保護を最大限やっている」と見せかける「国民騙し」の格好の材料として、口からとんでもない嘘が出てきたというわけだ。

しかも、「安倍総理の発言はウソというのは誤解がある」とJ-CASTニュースに対して説明していた沖縄防衛局も、安倍総理の嘘を取り繕うべく事実をねじ曲げていた疑いが出てきた。
「辺野古の砂浜には、巻貝や二枚貝に絶滅危惧種があり、それらは熊手などで砂ごとすくって近隣の砂浜に移動させた」という防衛局側の説明にも、個人的にいささか違和感を感じていたところだったけど、琉球新報によると、貝類や甲殻類を手で採捕して移した事例はあったものの、安倍総理が言っていた「砂をさらって別の浜に移す」というものはやっていないとのことで、これも、”申し訳程度”にやっていたことを事実をねじ曲げ、針小棒大に話していた疑いがあるね。

やはり、ボクがこの記事でも疑いを持っていたように、沖縄防衛局側も安倍総理のウソ発言をどうにか取り繕うべく、都合がいいように真相をねじ曲げ、必死にフォローしていた疑いが強まってきたし、政府関係者がどうにか安倍総理のウソを庇うために「ウソにウソを重ねていく」という、例の森友・加計疑獄のパターンに似てきた感じがするよ。

私も、J-CASTニュースの記事を元に、「安倍総理はやっぱり嘘を言っていなかった」「玉城知事こそが嘘つきだ!」みたいな声が盛り上がってきているのを見て、おかしいと思ってたのよねっ!!
結局は、やっぱり今回も、安倍総理によるタチの悪い国民騙しのホラ吹きだったことが確定的になったわねっ!
(新年早々、この総理はあっちこっちで嘘をつきまくりじゃないのよっ!!)

ネットでは「みんな安倍総理を舐めすぎだ」「やっぱりオレたちの総理はちゃんとしているんだ!」みたいな声も出ていたけど、ほんとに笑っちゃうしかないね。
安倍総理の嘘に対して、「現実はそうなっていません」と呆れていた玉城知事を一部のカルト系安倍シンパが「嘘つき」などと攻撃しているみたいだけど、ボクたち一般市民が物事の本質と真偽を見極める能力を高めていくことが大事だし、ボクたちの正常な思考力を狂わせようとしているこれら多くの「ノイズ」に悪影響を受けないようにしたいところだ。

そして、改めて言うけど、こうした安倍総理の悪質な国民騙し発言を突っ込むことなくそのままスルーしたNHKも同様に強い批判を受けるべきだし、大手のマスコミも、もっと安倍総理の病的な虚言体質を危険視し、都度厳しく指摘していく必要があるだろう。
そうじゃないと、このままこの総理を無批判のまま放任し続ける限り、確実に日本社会全体の倫理感や秩序は崩壊し、取り返しのつかないようなディストピアや破滅がこの国を襲うことになるだろう。

おススメ記事&広告

 
Pocket