【国家的危機】北海道地震の発生で「台風21号の被害が報道されない」との声!関西の一部では現在も復旧ままならず、ライフラインが止まったままの地域も!

Pocket

どんなにゅーす?

関西地方を中心に壊滅的な被害をもたらした台風21号の直後に最大震度7の北海道地震が発生。共に深刻な被害が伝えられている中、台風による被害の最新情報がマスコミであまり報じられなくなっているとの声が上がっている。

関西の停電3万戸、長期化も…現地調査できず

関西電力によると、台風21号の影響による管内の停電戸数は8日午後1時現在、約4万3900戸となった。このうち約3万1000戸は、倒木や土砂崩れなどの影響で現地調査ができず、復旧の見通しは立っていないという。

長期化が予想されるのは、和歌山県が印南町や紀の川市などで約2万戸、京都府が京都市などで約5000戸、大阪府が泉佐野市などで約2400戸、奈良県が約2000戸、滋賀県が約1200戸、兵庫県が約200戸となっている。このほかの地域の停電は、数日中に解消される見込みだ。

~省略~

【読売新聞 2018.9.8.】

台風21号
和歌山で新たな死者 5府県計13人に

台風21号が接近した4日に和歌山県湯浅町のごみ収集施設敷地内で意識不明の重体で倒れているのが見つかった施設職員の男性(36)が7日夜、搬送先の病院で死亡した。県によると、頭部を打撲しており、飛来物の直撃を受けたか、転倒したとみられる。同県での死者は初めて。毎日新聞の集計では、死者は5府県計13人となった。

~省略~

【毎日新聞 2018.9.7.】

最大震度7の北海道地震の発生により、関西の深刻な台風被害が隠れてしまう事態に…!

出典:BBC

最大震度7の北海道地震による深刻な被害が広がっている中、この直前に関西地方を襲った台風21号の被害状況があまり報道されないとの声が上がっています。
確かに、主要空港である関西国際空港が今も大きく機能が制限されている上に、大阪府・阪南市の駅(南海本線・尾崎駅)が全焼するなど、地域によっては都市機能が麻痺に近い状況が続いているのですが、これらが私たち国民に十分に伝わっていないように感じられます…。

うむ。むしろこれら海外メディアの方が、よりダイレクトに災害の凄まじさや生々しさを伝えているように見えるし、日本のマスメディアの現状を見ると、ネット上に寄せられるSNSの情報ばかりを頼りに、独自で率先して多くの情報を集めては、現場に入ってありのままの実態を丁寧に伝えようとする姿勢がやや欠けているように思えるほか、多角的で一般国民目線の報道がかなり少ないように思える。

もちろん、ネットに上がっている情報やSNSでの声を報じることも悪くないと思うけど、なんと言っても、企業マスメディアの強みはその巨大な企業規模とネットワーク、潤沢な資金力なのだから、様々な部分に特化した能力を持つ多くのスタッフの力を注ぎ、より国民にとって役に立つような、多彩で真相に切り込んだ報道に努めていくのが、本来報道機関に課せられた使命だからね。

残念ながら、現在の大手マスメディアは、「国民のための報道機関」を装いながら企業メディアの資本を支配しているグローバル資本勢力の意向を受けつつ、同じくグローバル資本に支援されている安倍政権の顔色を伺いながら、グローバル資本の意向通りに国民が誘導されていくよう「マインドコントロール」の性質を含んだ質の悪い情報発信に従来以上に走ってしまっているのが実際のところだろう。

そもそも、日本国民自身が戦後以降長らくに渡って、トルーマンらが提唱したマスメディアからのマインドコントロールを大きく受けてきてしまっており、政治に関する関心や、「権力を監視する」という根源的な意識を大きく失ってしまっているのが現状です。
このような状況では、資本主義社会の頂点にいるグローバル資本勢力がより一般国民を強く支配する方向に向かっては、日々様々な情報操作や世論誘導によって、国民の間でますます「民主主義社会を維持するため」の正常な思考力や質の高い情報を探査する能力が奪われてしまう「悪循環」が発生してしまうのも、ある意味当然のことです。

つい先日発生したばかりの北海道地震や台風21号に加えて、7月に発生した西日本豪雨も、日本史に残るほどの甚大な自然災害だ。
ところが、これらのいずれもが十分な災害対応と報道がなされていない上に、(グローバル資本が支援している)安倍総理の総裁選に悪影響が出ないように、安倍総理による議員の懐柔工作を邪魔しないよう報道内容を加減しつつ、「いかに数多くの災害で日本が国家的危機に置かれているか」という実情を国民間で共有しないように、「情報のコントロール」が行なわれているように見えてしまうんだよね。

見たところ、日本国内においては、かなり「国民の無力化(グローバル資本に対する奴隷化)」が進んでしまっているように見えるし、このままでは、いよいよ大日本帝国の悲劇の二の舞になる危険がかなり高まってきている。
今以上に情報のコントロールや統制が激しくなってくると、いよいよ、ボクたちみたいなネットメディアも危なくなってくるかもしれないね。

どちらにしても、マスメディアの情報の希薄化、陳腐化が進んでおり、物事の本質を伝えるものが極端に少なくなってきては、真に国民に伝えなければならない情報を隠す動きが激しくなっているのを感じます。

北海道地震はさることながら、台風21号や西日本豪雨まで、事実や本質をよりダイレクトに国民に伝える報道を徹底させ、いかにこの国が危機的状況にあるのかを様々な側面から伝えることを、マスメディア各社には強く求めたいと思います

おススメ記事&広告

 
Pocket