【怒り殺到】安倍総理、豪雨災害の最中に”総裁3選”のために「極秘会合」を開催!「赤坂自民亭」の翌日!首相動静にも記載されず!

Pocket

どんなにゅーす?

・安倍総理による、豪雨災害の初動対応が大きく遅れた「空白の66時間」が問題視されている中、「赤坂自民亭」なる酒席翌日に、「総裁3選」を睨んだ無派閥議員との「極秘会合」を行なっていたことが判明した。

首相動静にも記載されていない「安倍総理の水面下での行動」が明らかとなり、まさに豪雨被害が拡大しつつあるさ中でも、安倍総理が自身の総裁選しか頭に無かったことが浮き彫りになっている。

総裁選3選へ着々 安倍首相の“戦略”は?

自民党総裁選での3選に向けて着々と支持固めを進めている安倍首相。安倍首相の戦略を日本テレビのカメラが捉えた。

~省略~

安倍首相周辺「総裁選で国会議員票も地方票も対抗馬の石破元幹事長に圧勝する」

国会議員と全国の自民党員の票の合計で争う総裁選。6年前、安倍首相は石破氏に勝ったものの、党員票では大差で敗れた。今回は、党員票でも石破氏を圧倒しようと狙っている。

さらに、選挙後の政権運営を盤石にするため、優勢とみられる国会議員票の支持拡大にも余念がない。

先週、通常国会最後の本会議で、自身の不信任案の審議中に安倍首相が手にとったのは、一冊の本。衆議院議員のプロフィルが掲載されている冊子だった。

ヤジ「何読んでるんだ!」

ヤジを受けても読み続ける、安倍首相。国会議員の経歴を頭に入れ、支持固めの戦略を練っていたのだろうか?

中でも、囲い込みに力を入れるのが、約70人いる無派閥の議員。今月5日には、西日本豪雨の発生当初に無派閥議員を含む自民党議員が集まった懇親会に参加。さらに翌日の夜。首相公邸には無派閥議員を乗せた車が。同じ頃、別のカメラは、菅官房長官の車から降り、公邸に入る人物を捉えていた。官邸政権の要である、菅長官が自らとりもった、安倍首相と無派閥議員の極秘会合。安倍政権が総力を挙げ、「安倍3選」へと突き進んでいる。

【日テレNEWS24 2018.7.24.】

文字通りに「自分のことしか頭に無かった」安倍総理!批判殺到中の「赤坂自民亭」の翌日も、総裁3選のために無派閥議員と「極秘会合」を開催していたことが判明!

↓豪雨対応が問題視されている中、安倍総理の「空白の66時間」を視覚化したもの。

出典:Twitter(@jun21101016)

一体なんなのこれはっ!!

…ってことは、あの「問題の飲み会」翌日の夜(7月6日)も、前日に続いて(さらに豪雨が酷くなりつつあった中で)自分自身の総裁3選のための議員抱き込みのための”秘密の会合”を開いていたってことなのっ!?

やはり、首相動静にも載らないような”秘密の会合”というのが実際にあるんだね。
いやむしろ、首相動静に載らない”極秘会合”こそ、事態の本質に迫るほどの「重要な意味」があるものかもしれない。

上のタイムテーブルを見てみると、6日にはすでに広島で土砂崩れなどによる救助要請が出ていたり、264万人もの人々に避難勧告が出されたりと、実際に各地で被害が発生し始めていた状況だし、これは、すでに豪雨による被害が発生し始めていた中、国民からの批判を受けることがないように、ことさら陰密に行動した(首相動静に書かせなかった)可能性がありそうだね。

当サイトでは、当時からずっと指摘し続けてきたけど、やっぱり、安倍総理はどこまでも「自分のこと」しか頭に無く現地で多くの国民が「着の身着のまま」で避難したり深刻な人的被害が発生していた中でも、常に「総裁3選」のことしか考えていなかったということだね。

いったいどこまで薄情で汚い総理なのっっ!!
やっぱり、あくまで私たち国民のことは、単なる「税金を吸い上げるための奴隷」にしか考えてなくって、水害で亡くなろうが生きるのに困窮しようが全然関係ないってことなのねっ!!

本当なら、この一件を見出しにしつつ、大々的にクローズアップして報道すべきだと思うけど、今頃になってこれを報じているのもちょっとおかしいし、よっぽど深くニュースを見る人じゃないと見逃してしまうように、上手に隠して報じているように見える。
(現に、この話が大きくネットで取り沙汰されたのも、記事が配信(24日)された2日後であり、当初は多くの人が気がつかなかった可能性がある。)

記事そのものは安倍総理を礼賛するような論調のように見えるし、それだけ、メディアに対する安倍総理批判を行なうことへの圧力が凄まじいということか、あるいは、日テレによる「ささやかな抵抗」とみるべきか…どうも釈然としないものがある。

どちらにしても、こうした安倍総理による「国民軽視」の実態を、国民自身が心の底からきちんとしっかりと認識する必要があるのは間違いないね。

Pocket

 

おススメ記事&広告