【波乱】米朝会談のさなかに、コーエン被告が「トランプは差別主義でペテン師」と証言!首脳会談も合意に失敗し、共同会見が中止に!

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年2月27日、トランプ大統領の元顧問弁護士で、詐欺容疑で米当局に告発されているマイケル・コーエン被告が下院監視委員会の公聴会に出席トランプ大統領を「差別主義者のペテン師」などとこき下ろした他、トランプ氏の内情を暴露する証言を行ない、全米が騒然としている。

・米朝会談のさなかに元腹心に裏切られたトランプ大統領が、コーエン氏の証言に「フェイクだ」と激怒する中、土壇場で首脳会談は決裂共同会見や合意文書の発表も中止となり、米朝関係が再び不透明に向かう可能性が出てきている。

米朝首脳、合意できず=核交渉の行方不透明-具体的行動と見返りで対立か

【ハノイ時事】トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は28日、ベトナムの首都ハノイのホテルで協議を行い、2日間にわたった首脳会談を終えた。会談後、サンダース米大統領報道官は「両首脳が現時点で合意に達しなかった」と明らかにした。北朝鮮による非核化の具体的措置や米国の「見返り」などで対立したとみられる。

同報道官は「米朝双方のチームは将来の協議に期待している」と交渉継続の可能性を排除しなかったが、トップ交渉での合意に失敗したことで核問題の行方は不透明となった。

トランプ氏は記者会見し、協議の内容などについて説明する見通し。両首脳は当初予定されていた昼食会などにも参加せず、会談場を後にした。
正恩氏は28日の会談の際、記者団に非核化について問われ「その意思がなければここには来なかった。われわれは今、その話をしている」と核放棄の方針を再確認。一方、トランプ氏は北朝鮮による核・ミサイル実験停止を高く評価した上で、非核化プロセスについては「急いでいない」と述べるにとどめた。

~省略~

【時事通信 2019.2.28.】

コーエン被告の証言要旨、「トランプ氏は詐欺師」

トランプ米大統領の元顧問弁護士マイケル・コーエン被告は、27日の米下院の公聴会でトランプ氏について証言した。証言の主なポイントは以下の通り。

■トランプ氏は詐欺師

私は自分の弱さと誤った忠誠心、トランプ氏を守るためにとった行為を恥じている。トランプ氏は人種差別主義者、詐欺師、ペテン師だ。

証言を進める前に、私は議会に対し虚偽の証言をしたことを謝罪する。前回の議会証言ではトランプ氏を守るためにきたが、今回はトランプ氏に関する真実を伝えるためにきた。

~省略~

■ウィキリークスのメール流出を事前把握

トランプ氏は民主党全国委員会(DNC)のメール流出を事前に知っていた。2016年7月、ロジャー・ストーン氏は、(ウィキリークスの創設者)ジュリアン・アサンジ氏との電話の後で、ヒラリー・クリントン氏の選挙陣営に打撃を与えるメールが数日後に出てくるとトランプ氏に伝えた。トランプ氏は「素晴らしいことじゃないか」と応答した。

■ポルノ女優に個人口座から口止め料

~省略~

■ロシアと共謀の疑い

トランプ氏が大統領選中にロシアと共謀したかについての直接的な証拠は知らないが、その疑いはある。17年の夏、トランプ氏の長男などの選挙陣営のメンバーがロシア政府の関係者と面会したとの報道があった時にピンときたことだが、16年6月にトランプ氏の長男がトランプ氏に対し小声で「面会の準備は整った」と伝え、トランプ氏が「よし、私に知らせてくれ」と返答したのを覚えている。

トランプ氏の世界において、トランプ氏の認識と承認なしに起きることはひとつもない。このことから私は、長男が当時言及していた面会は、ヒラリーの評判を汚すためのロシア関係者との面会だったと結論づけた。

■ロシアの不動産プロジェクトで「ウソ」

~省略~

【日経新聞 2019.2.28.】

「トランプ氏の代わりに銃弾を受ける」とまで公言していたコーエン被告が本格的にアンチトランプに「寝返り」!全米は米朝会談そっちのけでトランプバッシングを激化!

“トランプ氏のかわりに銃弾を受ける”という“狂犬”弁護士、マイケル・コーエン氏とは何者なのか?

独裁者には忠誠心の厚い腹心の部下がいるものだ。トランプ大統領の顧問弁護士を務めるマイケル・コーエン氏はまさにトランプ氏の“腹心の部下”と言える存在だろう。コーエン氏は、元大統領首席戦略官のスティーブン・バノン氏が記者にある情報をリークした時、こう言ったという。
「私がリークを止めさせる。私がトランプ氏や彼の家族を守るんだ。トランプ氏のかわりに銃弾を受けるよ」

~省略~

トランプ氏の“フィクサー”

コーエン氏は、ユダヤ人強制収容所サバイバーである外科医の父と看護師の母の下に生まれた。人身被害専門の弁護士を務めていたが、トランプ氏の著書に感銘を受け、2001年、トランプ氏所有の不動産を購入し、投資するようになった。トランプ氏とは、2006年、トランプ・ジュニア氏を通じて初めて会い、アドバイザーとして交流を持ち始める。トランプ氏に気に入られたコーエン氏は、その後、トランプ氏の会社の特別顧問兼エグゼクティブ・ヴァイス・プレジデントに就任する。特別顧問という仕事について、コーエン氏はトランプ家の“フィクサー”のような役目だと話している。
コーエン氏はトランプ氏とよく似ていることも指摘されている。トランプ氏が着ているような少し大きめのスーツを身につけ、“敵”のことを”バカ”呼ばわりするような暴言を吐き、睡眠時間もトランプ氏同様短いからだ。
しかし、なんといっても似ているのは、超攻撃的なところかもしれない。それが、コーエン氏が“トランプ氏のピットブル”と呼ばれるゆえんだ。このニックネームについて彼は、2011年のABC放送のインタビューでこう説明している。
「ピットブルと言われているのは、トランプ氏が誰かに好ましくないことをされたら、トランプ氏の利益になるように解決するため、あらゆる手を尽くすからです。間違ったことをされたら、その人を追いかけ、首根っこを掴み、解決するまで離さないのです」
そのニックネーム通り、コーエン氏はトランプ氏を守るべく、ピットブルのような狂犬ぶりを発揮してきた。

~省略~

【Yahoo!ニュース(飯塚真紀子) 2018.4.12.】

出典:日経新聞

米朝首脳会談だけど、マスコミ陣も予想してなかったような”悪い結末”が待っていたわ。
そして、このタイミングで元トランプさんの腹心のマイケル・コーエン被告が、まさかの凄まじい「トランプ叩き」の証言を炸裂させて、全米ではこの証言で大騒ぎになっている状況だわ。

これまで、「トランプ氏のかわりに私が銃弾を受ける」とまで公言していたコーエン被告が、ここにきて突如180度異なる証言を始めては、「これまでは、トランプを守るために虚偽の証言をしてきたが、これからは本当のことを話す」などと自ら言い出したのは、なんと言っても大きく注目すべき点だろう。

そして、トランプ大統領にとってもまさしく”大一番”といえる2度目の米朝首脳会談のさなかに、「トランプは差別主義者でペテン師」なんていう、マスコミや世論を大きく扇動するような感情的な発言をコーエン氏が展開したのも、ある種の工作の臭いを感じるし、例の、湾岸戦争のきっかけになった「クウェートの病院の看護婦」を装った工作員の女性によるフェイク証言を彷彿とさせるものがある。

まあ、素直に考えると、トランプの元フィクサーと言われてきたコーエン氏は、アンチトランプ勢力に買収された可能性がありそうだし、今回の証言も、米朝首脳会談の成功を潰すために計画されたものである可能性がありそうだね。

当サイトでも、米朝会談開催前にも旧ネオコン戦争資本からの妨害工作が見え隠れしてきたことを伝えてきたけど、このタイミングでネオコンによる最も強烈な「トランプ叩き」が炸裂したってわけね。

トランプも、このような「身内の裏切り」によってますます功を焦ったのかどうか分からないけど、米朝会談は、結果的には(これらネオコンの狙い通りに)土壇場で決裂し、せっかく大きく進みかけてきていた朝鮮半島の安定化もにわかに暗雲が立ちこめてきた。
ここまでネオコン戦争資本の妨害が凄まじい中で、北朝鮮が再び(ミサイル発射・核実験再開といった)過激化の方向に向かっていく可能性も全く否定できないし、トランプが今回の謀略にやられて求心力を大きく失うと、いよいよ「これ」が現実味を帯びてくる。

どちらにしても、これまでも胡散臭い動きが目立ってきていたコーエン氏の証言にあまり振り回されずに、距離を置きつつ冷静に見ておいた方が良さそうだね。

やっぱり、朝鮮半島の安定化は途方もないほどの「茨の道」だってことね。
せっかくここまで米朝関係がかつなかったくらいに良くなりかかっていた中で、「完全な決裂」だけはどうにかして避けたいところだけど…「コーエン証言」がどこまでトランプ政権にダメージを与えるのかといったことも含めて、今後の展開を注視していく必要がありそうね。

Pocket

 

 関連記事