【ゲス】安倍総理、森友の追及を嫌がって「コロナ会見中止」か!→ネット「頭が腐ってる」「この非常時に」「あまりに酷い」「卑怯、卑劣、破廉恥」

Pocket

どんなにゅーす?

・2020年3月20日、新型コロナウイルスに関する新たな見解が19日に専門家会議から出されたものの、これまでの例に反し、安倍総理による記者会見が事実上”急遽中止”になったという。

・政権幹部は「記者会見だと、コロナと関係ないことも聞かれる。対策本部会合で語ればいい」とコメント。「森友文書改ざん事件」で自殺した近畿財務局職員による手記が報じられ、佐川氏ら安倍総理と近しい財務省幹部が濃厚関与していた実態が明らかになった中、安倍総理が森友事件を記者に追及される事態を嫌がり、急遽新型コロナの会見を中止した可能性が高まっている。

<新型コロナ>首相会見なし 「森友」追及避ける思惑か

安倍晋三首相は二十日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けたイベント自粛や一斉休校を巡る対応について、記者会見などで国民に説明する機会は設けずに対策本部会合で表明した。再浮上した学校法人「森友学園」問題への追及を避ける思惑があったとみられる。

自粛や休校要請を巡っては、休業を余儀なくされた人たちへの補償など政府対応が後手に回ったことへの批判が続出。首相は二月二十九日の記者会見で「十分な説明がなかった」と認めており、政府高官は当初、三月十九日の専門家会議の見解を受けて「首相が会見することになると思う」との見通しを示していた。

だが「森友」問題で、決裁文書の改ざんを強要されて自殺した財務省近畿財務局の男性職員の妻が国などを提訴し、安倍政権の責任が再び問われる事態に発展。政権幹部は「記者会見だと、コロナと関係ないことも聞かれる。対策本部会合で語ればいい」と、記者会見なしの背景に「森友」問題があることを示唆した。

~省略~

【東京新聞 2020.3.21.】

どこまでも腐りきった「65歳児」安倍総理!森友事件(赤木さん手記報道)の質問を受けるのが嫌で、新型コロナ会見をあっさり拒絶&逃亡!

出典:YouTube

どうやら、安倍総理が、予定されていた新型コロナに関する記者会見を拒絶し、逃亡したみたいです。
その理由は、なんと、先日文春によって報じられた、森友文書改ざん事件で自殺に追い込まれた、赤木俊夫さんの手記に関する質問を受けるのが嫌だから…というのですから、もはや言葉が出ません。

どこまで骨の髄から腐りきった男なのよっ!!
赤木さんの手記を読んでも、安倍総理本人が赤木さんを殺したも同然だというのに、やっぱり、本人はその責任を負う気はこれっぽっちもないみたいねっ!!

ああ、もはや、「ゲス」「外道」「悪魔」などという言葉以外に適切なものが思いつかない。

適菜収氏も同じようなことを言っていたけど)そもそも、日本の総理について、ボク自身もそこまで「聖人」やら「天才」やら「清廉潔白」のような人間を求めているわけでもない
最低限の常識やそこそこの学力、何よりウソをつかず、自分自身の行動や発言に責任が持てる人間であれば、それでいいと思っているし、それくらいの資質を持っている人なんて、日本の中にたくさんいるはずだ。

それがどうだ
この、今の日本の総理は、それすらも何もかも”一切”持っていないどころか、政治家どころか、人として「最低中の最低レベル」だ。
というか、普通の国であれば、何度逮捕されているかも分からない、凶悪犯罪者ではないか。

これはまさに「真の異常事態」だ。
いってみれば、「異常な国」の”檻の中”に、ボクたちは常に閉じ込められているような状態なんだよ。

ほんと、管理人さんのいう通りだわっ!!
新型コロナの会見を「こんな理由」であっさりやめてしまった時点で、会見そのものも、「やってるフリ」を国民に見せるための、ただの「政治ごっこパフォーマンス」だったことを自ら暴露したようなものじゃないっ!!
ふざけるのも大概にしなさいよっ!!

そもそも、これまでの会見そのものが、あらかじめ細かな台本が用意された「茶番劇そのもの」でしたし、会見をやることで余計に総理自身のイメージが大きくダウンする可能性がある中で、「これでは会見をやる意味がない」と判断したのでしょう。

言うまでもなく、赤木さんの非業の死を無駄にしてしまわないように、森友事件を徹底的に追及し続けていく必要があるのはもちろんですが、こうした、安倍総理の著しく人の道を踏み外した「国民を愚弄しきった対応」についても、徹底的に追及しないといけません。

その通りだ。
こんなにも反社会的でふざけきった態度を見せている安倍総理をマスコミが徹底的に批判しないのなら、それこそマスコミ連中も”共犯者”そのものだし、日本国民は、こうした安倍総理の姿をしっかりとみておくことだ。
そうすれば、自ずと、この政権を放置し続けていくことによる「自分たちの未来」がはっきりと見えてくるのではないかな。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 

 関連記事