安倍総理の会見、今回も中身空っぽの”朗読会”に!重要ポイントは「思い出を作る時期」「記者から怒号相次ぎ会見続行」「安倍総理がゾンビ化」etc.!

Pocket

どんなにゅーす?

・2020年3月14日、新型コロナ対策のための改正特措法が成立したのを受け、安倍総理が記者会見を開催。今回も、あまりにも内容に乏しい”朗読会”のような会見となり、国民から批判の声が相次いでいる。

・また今回も、”打ち合わせ通り”に大手マスコミと安倍総理との質疑応答が行なわれた後、強引に会見を終了しようとしたところ、手を挙げている記者から多くの不平や怒号が飛び交う事態に。その他の「予想外のハプニング」も相次ぎ、ネット上で大きな話題になっている。

安倍首相 “現時点では緊急事態を宣言する状況ではない”

~省略~

安倍総理大臣は、午後6時すぎから総理大臣官邸で記者会見を行いました。

冒頭、13日成立した新型コロナウイルス対策の特別措置法について「あくまで万が一のための備えをする法律だ。さまざまな私権を制限することとなる『緊急事態』の判断にあたっては専門家の意見も伺いながら、慎重な判断を行っていく」と述べました。そして、人口1万人当たりの日本の感染者数は0.06人で、韓国や中国、イタリアなどと比べて抑えられているとしたうえで、「現時点で『緊急事態』を宣言する状況ではない」と述べました。

一方で、「事態は時々刻々変化しており、国民の命と健康を守るため必要であれば、手続きにのっとって、法律上の措置を実行する考えだ」と述べました。

~省略~

“習主席訪日がさまざまな制限に影響与えたことは全くない”
安倍総理大臣は中国からの入国制限の措置について、「習近平国家主席の国賓としての訪日が、中国に対するさまざまな制限に対して影響を与えたのではないかということがよく指摘されるが、そのようなことは全くない。国民の健康と命を守ることを最優先に判断してきたところだ」と述べました。

そのうえで水際対策について、「諸外国における感染者数や移動制限措置の動向などを踏まえて、対象地域を順次、拡大してきたところだが引き続き状況を注視しながら分析し、機動的な措置をちゅうちょなく発動していく考えだ。水際対策は、適切に判断してきたと考えている」と述べました。

~省略~

東京五輪・パラ “予定どおり開催したい”
安倍総理大臣は東京オリンピック・パラリンピックについて「アスリートや観客にとって安全で安心な感動を与える大会となるよう、日本全体が『ワンチーム』となって力を尽くしてきており、現在も準備を進めている。来週には、いよいよ聖火をむかえることになり、私自身も福島を訪れて聖火リレーのスタートに立ち会いたい」と述べました。

~省略~

そして「われわれとしては、今後ともIOCと連携しながら、この感染拡大を乗り越え、オリンピックを無事予定どおり開催したい」と述べました。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2020.3.14.】

突っ込み満載の安倍総理会見!映像の乱れで安倍総理がゾンビのように…!「思い出を作る時期」って何!?

↓IWJ岩上安身氏による「緊急事態宣言」発動による「独裁化の危険」についての質問に、何故か不気味な笑みを浮かべる安倍総理。

出典:テレ朝news

↓「思い出を作る時期」って何!?

出典:Twitter(@kojiskojis)

↓会見中、なぜか映像が乱れ、安倍総理がゾンビのように…。(40分くらい~)

出典:Twitter(@athena0311)

今回も相変わらず、中身空っぽの”朗読会”になった安倍総理の会見だけど、むしろ、安倍総理の言葉そのものよりも、会見中に発生したハプニングの数々の方がネット上で大盛り上がりしている状態だわ!

にゃっは~~!!なんじゃこりゃあ~!?
安倍総理がホラー映画のゾンビみたいになっちゃってるにゃあ~!!

ネット上では、「国民からの強い怨念が、安倍総理の顔をぐちゃぐちゃにしたのでは?」みたいな声も上がっているけど、いやはや、今回もほんとに酷い内容だったね。
しかも、(今回もまた)進行役が強引に会見を打ち切ろうとする中、記者から大きな不平と怒号が上がったことで、そのまま会見が続行になったものの、(引き続き安倍総理が原稿を読みながら答えていたことから)これらについても「茶番劇だったのでは?」との疑いの声が上がっているような状況だ。
まあ、最後に行なわれたIWJの岩上氏の質疑応答はガチだったかと思うけど、岩上氏が、特措法の「緊急事態宣言」について、安倍政権が憲法に加えようとしている「緊急事態条項」への布石なのでは…と懸念をみせたところ、急に安倍総理が(顔をひきつらせたような)「怪しげな笑顔」をみせていたことが、個人的には何とも不気味に感じたよ。

肝心の新型コロナの対策も「やってるフリ」の意味のないものばかりですし、おまけに、こんな安っぽい演出を加えた”お芝居会見”をやってるようじゃ、日本の未来は真っ暗だわっ!!

「より多くの記者からの質問に丁寧に答える、器の大きな総理」みたいなイメージを国民に刷り込みたかったのかもしれないけど…むしろ、こんな「ヤラセ全開」の会見をやるなら、会見なんて初めからやらない方がよっぽどマシだし、ヤラセや捏造やウソを駆使した「国民騙し」が大好きな、安倍政権の本質がよく表れた会見だったといえるだろう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 

 関連記事