都知事選、小池百合子氏がダントツで当確に!出口調査では、宇都宮氏・山本氏・小野氏の票を合わせても遠く及ばず!「グローバリストが全面支援」の小池氏の強大な権力を見せつける!

Pocket

どんなにゅーす?

・2020年7月5日、東京都知事選が投開票され、投票締め切りと同時に現職の小池百合子氏が当選確実との報道が流された。

・各社の出口調査では、立憲・共産・社民支援の宇都宮氏とれいわの山本太郎氏、維新が支援した小野泰輔氏の3氏の票を合わせても小池氏の票数に及ばない状況で、ジョージ・ソロスらグローバル権力層が強力に支援する小池氏の圧倒的な権力を見せつける結果に終わった。

東京都知事選 現職の小池百合子氏 2回目の当選確実

過去最多の22人が立候補した東京都知事選挙は、現職の小池百合子氏(67)が、2回目の当選を確実にしました。

東京都知事選挙の投票は午後8時に締め切られました。

NHKの事前の情勢取材のほか、5日、投票を済ませた有権者を対象にした出口調査では現職の小池百合子氏が、立憲民主党、共産党、社民党の支援を受けた日弁連・日本弁護士連合会の元会長、宇都宮健児氏(73)や、日本維新の会が推薦した熊本県の元副知事、小野泰輔氏(46)、れいわ新選組の代表、山本太郎氏(45)らを大きく引き離して極めて優勢です。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2020.7.5.】

なにかもが「予想通りの結果」に!グローバル資本勢力やマスコミが全面的に支援してきた小池氏が、歴代稀に見るダントツ勝利に!

出典:Twitter(@_yanocchi0519)

やはり、このような結果になってしまいましたか…。
私たちが当初に予想していた通り、宇都宮さんと太郎さんの票数を合わせても、遠く及ばないどころか、これに小野泰輔氏の票数を合わせてもなお大きな差があるほどの、過去稀に見るまでのダントツ勝利となってしまいました…。

選挙戦がスタートした当初の記事で、「マスコミの報じ方を見てれば、1%の権力層がどの候補を当選させようとしているかが分かる(その上に、おおよそ”その通り”に結果になる)」と述べたけど、今回に至っては、大手マスコミが小池氏の悪政をとことん無視しつつ、圧倒的にひいきしまくっているのが丸分かりだったし、今回ほど分かりやすい選挙はなかっただろう。
当初は、山本太郎氏の出馬に対して、「野党票を大きく割ってしまう」と野党支持者の間で批判が噴出していたけど、結果を見ると、立憲支持層や無党派層までもが、その多くが宇都宮氏よりも小池氏に投票しているというのだから、全くお話にならない。

改めて、別の記事でもう少し詳しく総括をしようかと思うけど、何から何まで「予想通りの結果」に終わったといえそうだ。

改めまして、海の向こうのジャパンハンドラーらグローバル資本勢力に加えて、エジプト政府までもが後ろ盾についている小池氏の圧倒的な権力を見せつける結果になったといえそうです。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事