小池都知事は実質的な「エジプト軍事政権のエージェント」!?「アラブ界プロパガンダの父」に頼み込んで、カイロ大学に不正に編入&”卒業”したことに…!

Pocket

どんなにゅーす?

・小池都知事による「カイロ大学卒業」をめぐる「学歴詐称疑惑」について、小池氏の父・勇二郎氏が、エジプト軍事政権の権力者であり「アラブ世界のプロパガンダの父」との異名を持つムハンマド・アブドゥルカーデル・ハーテム氏に頼み込み、カイロ大学に不正に編入し、”卒業”したことにしてもらった疑惑が浮上している。

・エジプト軍事政権では、海外から留学生を積極的に受け入れては、不正な”優遇措置”と引き換えにエジプト政府の”エージェント”として教育される手法が行なわれており、今回、エジプト政府が小池氏の卒業を公式に発表したことからも、小池氏とエジプト軍事政権との「不適切な関係」が浮かび上がっている

カイロ大「小池氏は卒業生」声明の正しい読み解き方
都知事選を前にエジプト軍閥が切った外交カード

小池百合子都知事の“カイロ大卒”という学歴について、詐称疑惑が都知事選を前に話題になっている。JBpressも疑惑を追及する記事をこれまで掲載してきた。そんな中、駐日エジプト大使館が6月9日、フェイスブックを通じて、小池知事が「卒業したことを証明する」とするカイロ大学の声明を発表した。だが、カイロ大学OB(1995年中退)のジャーナリスト、浅川芳裕氏は、日本の常識でその声明を真に受けてはいけないと釘をさす。カイロ大学とは一体どんな大学なのか? 今回の声明の裏側に透けて見える小池氏のエジプト人脈の危険性とは。浅川氏に語ってもらった。(JBpress)

~省略~

浅川 カイロ大学の権力を完全に掌握しているのは軍閥独裁国家エジプトの軍部であり、泣く子も黙る情報部です。大学といえば“学びの園”“学問の自由”といった平和な生ぬるいイメージから理解しようとすると、本質を見誤ります。

今回のカイロ大学の声明からも、その強権性はうかがえます。「日本のジャーナリスト」が小池氏の卒業について信頼性に疑問を呈したことについて、「看過できない」と批判し、「エジプトの法令にのっとり対応策を講じる」と警告していますが、ただの脅迫です。なんの根拠、反論も示さず、取材・報道の行為自体を封じ、罰しようとしている。実際、多くのジャーナリストがエジプトで取材をしたというだけで、軍事監獄で拘束されています。その数は、中国、トルコに続きワースト3位です(ICP:ジャーナリスト保護委員会2019調べ)。

~省略~

──そのカイロ大学の歴史と小池知事の学歴がどう結びつくのですか。

浅川 じつは、ナセル革命の中心人物の1人であるムハンマド・アブドゥルカーデル・ハーテム氏(1918~2015年)が、小池氏のカイロ大学時代の後ろ盾なのです。

ハーテムとは何者なのか。カイロ大学を粛清した革命評議会の情報・文化・メディア責任者であり、エジプト情報省を創設し、長年、独裁メディア(テレビ・ラジオ・新聞)をすべて掌握した人物です。イスラエルとの中東戦争において、偽情報戦で名を馳せたことから、ハーテム氏のことを「アラブ世界のプロパガンダの父」と呼ぶ歴史家もいます。メディア支配術を通じて、ナセル亡き後も、続くサダト、ムバラクと3代の独裁者の側近として仕えてきました。

~省略~

──学歴詐称疑惑の引き金となった石井妙子氏による「小池百合子『虚飾の履歴書』」(『文藝春秋』2018年7月号)でも、ハーテム氏が登場しますね。同居女性が「小池氏が入学したのは1973年10月で、2年生への編入だった。小池氏は『父がハーテム氏に関西学院の数カ月間とカイロ・アメリカン大学の数カ月間を足して1年間とみなしてくれと頼んで認められ、授業料も入学金も無料になった』と喜んでいた」と証言しています。

浅川 実際、権力者の後ろ盾がなければ、2年への編入はありえません。私の経験からもわかります。私自身、私立カイロ・アメリカン大学に正規入学し、1年の単位を正規に取得していましたが、国立カイロ大学には1年から入り直しています。エジプトでは私立と国立の間に単位交換の制度はないからです。私と同じようにカイロ・アメリカン大学をやめてカイロ大学に移ったエジプト人の知り合いたちも、みな同じです。大学を管轄する「高等教育省」の法令上、例外はありません。

~省略~

浅川 国家が外国人を自国民より特別待遇する背景には、当然、明確な意図があります。

カイロ大学では1954年の粛清後、小池氏が留学する70年代まで、特殊な外人留学枠が存在しました。1つはアラブ諸国で反政府活動をする若者を亡命させ、ナセルの「アラブの大義」で洗脳し、国に戻ったとき工作員にする枠。イラク元大統領サダム・フセインもその1人でした。

もう1つは、表向きは文化的ですが、同様にエジプトの国策に都合のいい将来のエージェント育成のため、非アラブ特定国の若者を優遇する枠です。ハーテム氏は情報相のトップとして、アジアやヨーロッパ諸国の若者の受け入れを推進すると同時に、それらの国々の議員と友好協会を立ち上げていきます。

その延長として、アハラーム紙記事(2004年6月21日付)では、ハーテムの日本関連の功績を2つ列挙しています。エジプト日本友好協会創設者・会長として、数百億円にのぼる巨額の援助を日本政府から引き出したこと、その文脈に続けて、彼が小池氏を“子飼い”にしたことです。また、同じ記事で、小池氏はハーテム氏に対して「日本の内閣でイスラムの寛容さについて説いていますよ」と電話で話してくれた、との逸話を紹介しています。

つまり、小池氏はハーテム氏の目論見通り、エジプトを代弁する子飼い(エージェント)として立派に育ったというわけです。その記録をハーテム氏は歴史の証拠として、政府系新聞にちゃんと残している。

~省略~

小池氏はこれまでハーテム人脈の権力構造により、特別待遇を受けてきた。その恩に加え、小池氏は、学歴詐称疑惑の渦中で迎える都知事選の直前、エジプトの軍閥から助け舟を出された格好です。

エジプト上層部・カイロ大学側にしても、何のメリットもなければ、いくらハーテム人脈といっても長年、わざわざ小池氏を擁護する理由はありません。これは、日本の国益にとって、より本質的な問題といえます。

この問題は、学歴詐称よりさらに深刻なことは明白です。

~省略~

【JBpress 2020.6.12.】

小池都知事の「学歴詐称」の詳しい内情がさらに明らかに!ネット上では「下らない話」「それがどうかしたのか?」などの事態を矮小化させようとするコメントが多く発生!

出典:Twitter(@product1954)

上の記事、小池さんの学歴詐称の内情から、当時から現在までのエジプト軍事政権の腐敗の実態まで、なかなか興味深いことが多く出ているわ
どうやら、小池さんは、事実上のエジプト軍事政権のエージェントで、当時にお父さんがハーテム氏に頼み込んだ「裏口編入&卒業の偽装」などによって、エジプト政府に相当な弱みを握られているみたいね。

何だかネット上では、「中東と日本は大した関わりがないから別に問題ない」「下らない話」「それがどうかしたのか?」などと事態を矮小化しようとするコメントが多く湧いているけど、果たしてこれはそんな下らないレベルの話なのか?
この記事でも触れたけど)エジプトの軍事政権と米国は昔から親密な関係にあるし、小池氏による「学歴詐称」の”弱み”は、エジプト情報部から海を越えて米国のジャパンハンドラーにおいても共有されている疑いが強い。
その証拠に、小池氏はCSIS副理事長のマイケル・グリーンやリチャード・アーミテージ、ジョージ・ソロスらとも親密な関係を築いており、彼らから手厚い支援をもらう代わりに、日本のあらゆる資産を彼らグローバル資本勢力に横流しするミッションを請け負っている疑いがあるということだ。
(ちなみに、父・勇二郎氏と親交があっては、当時の小池氏のカイロ留学などを背後で支援したのが、あの、怪しげな爺さんもとい、「最後のフィクサー」との異名を持つ朝堂院大覚氏らしい。)

つまりは…結局のところ、まるっきり安倍総理や橋下さんらと「同じ穴のムジナ」ってことね。
何から何まで、私たちが疑ってきたとおりの内情だけど、石井妙子さんの話題の書籍や上のような記事のお陰で、これらの疑いが”確信”に変わりつつあるわね。

詰まるところ、グローバリストというのは国民を騙して国を売る「生粋のペテン師」であり、(いつも述べている通り)大手マスコミを筆頭に、彼らを全力で支援する「腐ったシステム」が存在しているってことだ。
改めて、大手マスコミがゴリ押ししたり、暗に後押ししている人物を日本の権力者に据えると「ロクなことにならない」ということがよく分かるし、幸いにも、彼女による情報統制にやや”ほころび”が見えている中で、どうか都民には「賢明な判断」をしてもらうことを願っているよ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事