【やってるフリ】橋本聖子組織委新会長・自民離党へ!「五輪憲章(政治的中立性)に反する」との批判噴出で判断を一転!→実質は「森&菅自民党の操り人形」であることに変わらず!

Pocket

どんなにゅーす?

・2021年2月19日、東京五輪組織委会長に就任した橋本聖子議員が、自民党を離党する方針を固めた

同日午前、橋本氏は離党も議員辞職もしないと明言していたものの、ネット上や野党からも「(政治的中立性を定めている)五輪憲章に反している」との批判が噴出。これを受けて、慌てて判断を変えたとみられる。

橋本聖子会長、自民離党の意向 東京五輪、国会への影響回避

東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長は19日、自民党を離党する意向を固めた。党北海道連会長も辞任する。複数の関係者が明らかにした。中立性の観点から野党は離党すべきだと反発を強めていた。五輪開催や国会審議への影響を回避する狙いとみられる。橋本氏は同日午前、記者団の取材に離党を否定していた。

~省略~

【東京新聞(共同通信) 2021.2.19.】

↓同日午前中の橋本議員は「離党も議員辞職もしない」と明言。

出典:YouTube

橋本新会長、世論と野党からの批判噴出で判断を一転!「議員辞職しないと意味がない」との声も!

新たに組織委会長に就任した橋本聖子議員ですが、午前中には「離党も辞職もしない」と明言していたものの、午後になって判断を一転、自民党を離党する意向を明らかにしました。
しかし、国会議員はその後も続けていくとのことで、ネット上では「あまり意味がない」「なら最初からそうしろよ」などの突っ込みや怒りの声がなお噴出中です。

いくら今さら自民党を離党しようと、「森前会長と菅総理の操り人形」であることには全く変わりがないし、まさに「(政治的中立を)やってるフリ」という以外の何物でもない。
つまるところは、東京五輪そのものが、五輪憲章とかけ離れた内容のものであるということだし、まさに「政治(自民党)とズブズブの、黒いカネとウソにまみれた、不健全極まりない”モリンピック&シロアリンピック”ということだ。

ちなみに、橋本聖子氏は、事業に失敗したのちにこの世を去った父が遺した巨額の借金を抱えているらしく、これが、当初会長職をひたすら固辞していた大きな理由だったのではとの見方がある。
結局は彼女自身が会長職を引き受けたけど、こうした動きの背後に森前会長や菅総理らから相当ウマイ内容の取引(保証)を持ち掛けられた可能性があるし、こういった背景がある以上、意地でも国会議員は辞めないだろうね。

結局は、森前会長や彼の周りにいる財界関係者の強い意向で、「森氏の忠実な操り人形」の橋本氏が強引に新会長の椅子に座らされたということですね。
もう、五輪憲章そのものが、もう完全に破綻してしまっているも同然(森氏と大の仲良しのIOCバッハ会長も橋本氏の就任に大喜び)ですし、「グローバリストによる金儲けと新世界秩序推進の場」と化している五輪そのものの存在価値や意義をもう一度問い直す必要があるのかもしれませんね。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

   
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事