東京都医師会・尾崎会長が安倍政権に「今すぐに国会を開いて!」「コロナに夏休みはない」と必死の訴え!→大多数のマスコミがこの重要メッセージをスルー&ピントがずれた見出しで報道!

Pocket

どんなにゅーす?

・2020年7月30日、連日にわたって東京を中心に深刻なコロナ感染拡大が広がっている中、東京都医師会の尾崎治夫会長が記者会見を開催。東京だけでな大阪や愛知などでエピセンター(感染の震源地)化が進んでおり、このままいくと「どんどん感染の火だるまに陥っていく」と危機感をあらわにした。

・尾崎会長は、PCR検査の拡大に加えて、法改正を通じて法的拘束力のある感染防止策を講じる必要があることを強調しつつ、「コロナに夏休みはない」「一刻も早くに国会を開いて国民を安心させてください」と安倍政権に向けて訴えたものの、この重要なメッセージについて、大手マスコミは意図的にスルーしたり、論点を外した見出しで報道。国会開催を拒絶し続けては、”夏休みモード”を満喫している安倍総理にマスコミ各社が全面的に配慮する事態になっている。

東京都医師会長「法的拘束力ある休業要請を」 特措法改正を要求「火種消す唯一の方法」

東京都医師会の尾崎治夫会長は30日、記者会見し、感染拡大が続く新型コロナウイルスを収束させるには法的拘束力のある補償を伴う休業要請を可能にする必要があるとの見解を示し、特別措置法の改正が必要だと訴えた。尾崎会長は「(お願いをするという)いまのやり方では限界がある。愛知、大阪、福岡、夜の街を中心にエピセンター(感染の震源地)化が進んでいる。このままでは日本全体がどんどんどんどん感染の火だるまに陥っていくと考えている」と述べた。

~省略~

休業を全国的に進めるためには国が主導する必要があるとも言及し「それが日本全国に広がっている火種を消していく唯一の方法だと思っている。いままの通り各都道府県にお任せして『休業お願いします』、『できれば検査もしてください』、ではもう無理だと思っている」とも語った。

【Yahoo!ニュース(THE PAGE) 2020.7.30.】

東京都医師会・尾崎会長が、安倍政権の「極度の怠慢」や「国会開催拒否」に怒りの訴え!なのに、大手マスコミはこの「重要メッセージ」を全力でスルー!

↓NHKによる安倍サポ全開のピントのズレた見出しと、まっとうなメディアによる見出しの比較。

PCR検査 医療機関1400か所まで増やす方向で検討 東京都医師会

東京都医師会が記者会見を開き、新型コロナウイルスのPCR検査を受けられる医療機関を都内で1400か所まで増やす方向で検討していることを明らかにしました。尾崎治夫会長は「感染が拡大している地域では、法的強制力を持った補償を伴う休業要請が必要だ」と述べ、政府に特別措置法の改正などを求めていく考えも示しました。

この中で東京都医師会の尾崎会長は「感染が集中して発生する地域が東京だけでなく、愛知や大阪など各地に形成されつつあり、今のやり方では限界がある」と述べ、医師会として唾液を使ったPCR検査を受けられる地域の医療機関を、都内で1400か所まで増やす方向で検討していることを明らかにしました。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2020.7.30.】

東京都医師会 「今すぐ国会を招集し特措法改正を」
「夏休みの場合ではない」 会見で強く訴え

東京都医師会は30日の定例会見の中で、勢いを増しているコロナ禍に対する、今後の都医師会として考えを発表した。特に国に対し、感染抑止には休業要請に強制力を持たせることが必要として、「今すぐ国会を招集し特措法改正を」と訴えた。

「最後のチャンスだ、今は夏休みしている場合ではない」

この日の会見に臨んだ尾﨑会長は「今日は言いたいことを言わせてもらう」と覚悟を持った表情で、国や国会への要望をぶち上げた。まずさらなる感染拡大を防ぐために、今後都医師会として考えている施策の柱を説明した。

その中で会長が強調したのは「感染が蔓延しているいわゆる、エピセンターを徹底的に叩く」必要性。このためには、エピセンターに限定し、かつ14日程度の期限を区切って、法的強制力を持った補償を伴う休業要請を行い、その間に集中的なPCR検査で無症状者も含めた感染者を発見、隔離などを行うことで感染抑止する必要性を力説した。さらに、休業要請に強制力をもたせるためには特措法の改正が必要だと指摘し「今すぐ国会を招集し特措法改正を。私はここが収束させるための最後のチャンスだと思っている。夏休みしている場合ではない」「東京だけの問題ではない。今や名古屋、大阪にも感染が広がりエピセンターになってしまっている」と強烈な皮肉を含みながら、政府、国会にに対し強く要請した。

~省略~

【MEDIAN TALKS(合同会社ソシオタンク)】

↓この「最も強烈かつ重要なメッセージ」を放つ2枚のパネルについて、マスコミが覆い隠し(あるいは一瞬目立たないように映すだけ)

出典:Twitter(@ktonegaw)

出典:Twitter(@NOSUKE0607)

東京都医師会の尾崎会長が、会見の中でかなりの異例ともいえる「強烈な訴え」を行ない、ネット上で大きな話題になっています。
元々は、安倍政権の自民党と関係が深い組織のようですが、どうやら、常軌を逸した安倍政権の怠慢ぶりと無能さに、堪忍袋の緒が切れたようです。

ようやく、かつてないまでの危機的状況に晒されている医療界から、ここまでの「強いメッセージ」が出てきた感じだけど、それにしても、あまりにも酷いのがこれを報じるマスコミの報道姿勢だ。
ざっと調べてみたところ、この件を報じているマスコミがかなり少ない上に、日テレがいくらか(「今すぐに国会を開いて」など)上のパネルに関連する内容を報じている以外に、尾崎会長による、この「安倍政権に対する強い苦言と危機感」を大々的に伝えている報道機関は皆無といってもいい。
中でも、上のNHKの見出しは、”確信犯”といってもいいほどのトンチンカンぶりで、尾崎会長がわざわざパネルを用意してまで、ここまで安倍政権の怠慢ぶりに強い危機感をあらわにした事実を全力で覆い隠している

こうした姿を見ても分かると思うけど、「日本のマスコミはすでに報道機関としての体を成していない」と断言せざるを得ない。
ここまで意図的な論点逸らしや事実の覆い隠しは、もはやフェイクニュースといってもいいくらいのレベルだし、東京都医師会が最も訴えたかった部分をわざと隠して伝えている時点で、日本国民を(意図的に)健康や生命の危機に晒していると言っても過言ではない。

私自身は、強烈な法的拘束力を伴った法改正については慎重に行なうべきと考えますが、そうした部分を抜きにしても、このような報じ方は明らかにフェアではありません
(多くの愚策や不正疑惑などに関する批判や追及を受けるのが嫌なばかりに)国会を開くことを徹底的に嫌がっては、(あろうことか)夏休みモードを満喫してしまっている安倍総理を全面的に庇護する動きが目立っていますし、日本の大手マスコミは、安倍政権と一緒になって、全ての日本国民の生命と健康を危機に晒しているも同然です。

会見の要旨や本人が訴えたかったことを的確にまとめつつ、あらゆる出来事が「ありのまま」に知らされる環境があるからこそ、国民が自分たちの生命や健康を守るための「最適な方法」を各自がじっくりと考える機会を手にすることが出来るんだけど…すでに今の日本は、こうした「ありのままの事実」を知ることすら困難な状況になりつつある。
マスコミと腐敗した権力が癒着していくと、社会はどうなっていってしまうのか…今まさにその”実例”を見せつけられているような状況だし、新型コロナの蔓延そのものよりも、むしろ、「マスコミと政権との癒着や腐敗を通じた、国家システムの崩壊」こそが、最も深刻な「緊急事態」であると考えるべきなんじゃないかな?

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事