東京五輪賄賂容疑の竹田会長が会見!→質問も受け付けず7分間で終了!海外メディア「かえって疑惑深まった」「竹田会長は政治家」「五輪に与えるインパクト大きい」

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年1月15日、東京五輪招致における贈賄容疑で仏検察から捜査を受けている竹田恒和JOC会長が記者会見を開催。しかし、一方的に自身の潔白を主張しただけで「仏当局が調査中」であることを理由に記者からの質問も受け付けず、わずか7分で会見を終了させたことに各所から批判が殺到

・この問題に注目している海外メディアも「かえって疑惑が深まった」などと報じており政府が莫大な公費を投じて準備を進めてきた東京五輪に暗雲が立ちこめてきている。

JOC竹田会長、7分で会見打ち切り 質問受け付けず

2020年東京五輪・パラリンピックの招致を巡り、フランス当局が日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長(71)を汚職に関わった疑いがあるとして訴追に向けた手続きを始めたことについて、竹田会長は15日、東京都内で記者会見を開いて汚職を否定した。会見は約7分間で、フランス当局の調査中という理由で質問は受け付けなかった。

竹田会長は会見で「支払ったのはコンサルタント料だった」と改めて主張すると、2016年のJOCの調査チームによる調査結果内容を説明。贈賄の疑いを否定すると、「フランス当局の捜査に協力することで、潔白を証明したい」と締めくくった。

~省略~

【朝日新聞 2018.1.15.】

海外メディア「かえって疑惑深まった」 竹田会長の会見

~省略~

2016年のリオ五輪も取材したAPのスティーヴン・ウェード記者は、疑惑について「この状況はブラジルでも、ソルトレークでも見た光景だ」と語る。記者会見で一切質問を受けなかったことについて、「竹田会長は政治家。会見で言った言葉が、後で自分の首を絞めることを恐れ、何も話さなかったと思う。IOCにしてみれば、記者会見など開いてほしくなかったのではないか」「東京五輪に与えるインパクトは大きいと思う」と話す。

イタリアのANSA通信のアレサンドロ・リブリ記者(47)は、記者会見を終えて、「失望した。かえって、疑惑が深まった。ただ、ステートメントを読み上げるのではなく、断固して戦うとか、どんな種類のコンサルタントだったのかを説明するべきだった。少なくとも質問を受けるべきだった」と述べた。

ブラジルのテレビ局のグローボのカルロス・ジル記者は、今回の記者会見について「大変がっかりした。記者たちは怒っており、竹田会長やJOCがより悪い立場に立たされることになったと思う。竹田会長たちにとってマイナスになったと思う」と話した。

【朝日新聞 2019.1.15.】

ネット上では「加計理事長の会見とそっくり」との声も!都合のいい理屈と「(東京五輪に向けての)熱い思い」「スタッフを誇りに思う」など感情論に走り、海外メディアの前で”醜態”!

↓竹田会長の会見。

出典:YouTube

東京五輪の裏金疑惑が再燃してきたのを受けて、JOC竹田会長が会見を開いたけど、一体なんなのっ、この”独演会”みたいなおざなり会見は!?
「熱い思い」やら「スタッフを誇りに思う」なんていう”感情論”でごまかしつつ、自らに都合がいい理屈と内容を並べ立てて一方的にしゃべったところで、誰もが納得しないのは当たり前の上に、当然ながら、海外メディアから「ますます疑惑深まった」なんていう声が一斉にあがっているじゃないのよッ!!

あ~あ。
ネット上では、「(安倍トモ)加計理事長の会見とそっくり」との声も上がっているけど、(すでに腐敗しきっている)日本国内ではもはや「ありふれた光景」といえども、今回の会見は海外メディアも大きな注目をしていた中で、見事なまでに世界中に恥を晒したね。
海外のメディア関係者も、JOC側のあまりの不誠実さに驚きと怒り心頭みたいだし、電通や安倍政権に頭が上がらない日本のマスコミや(すでに完全に飼い慣らされている)日本の人々にはこんなのでも通用するかもしれないけど、海外メディアに対してはこうしたセコい手口は一切通用しないからね。

昨日のAKBの運営による会見もそうだったし、片山さつき大臣佐川氏などもそうだったけど、この国では、何か自身に都合が悪い質問があると「訴訟中の案件につき」やら「当局の捜査にかかわることなので…」などといったセリフで逃げを図るというのがもはや当たり前の手口になってしまった。
しかし、国際的にはこうした手口は全く通用しないし、これは明日から世界のメディアにおいて「やはり竹田会長はクロだった模様」「自らワイロを認めたようなもの」みたいな論調が躍っていきそうだね。

ほんと、私たち日本人は、半分感覚が麻痺しかかっているけど、客観的に見てもこれほど酷い会見はなかなかないわっ!
日本のマスコミももっと徹底的にこの疑惑を詳しく追及するべきだし、こんな黒いお金で汚れきった五輪なんて、いっそのこと開催しない方が日本のためなんじゃないかしら!?

森友・加計疑獄もそうだけど、日本の特権階級は(特捜も全く動かない上に)日本の庶民がいいように飼い慣らされていることに調子に乗りまくって、近年ますます不正しまくりの状況だし、ここは一つ、(特権パワーも充分に効かない)海外の捜査機関によって、徹底的に真相解明を行なっていく必要がありそうだね。

(ちなみに竹田会長が億単位の金銭を支払った「”ブラックタイディングス”社」とは、ヒンディー語で「闇マーケティング」「黒いカネの洗浄」といった意味があるのだそうだ。)

Pocket