NGT暴行事件、運営が会見開くも今村支配人は姿見せず!今村氏の”異動”と第三者委員会設置を発表も、真相については一切語らず!「警察の捜査を考慮し、詳細は差し控えます」

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年1月14日、NGT48山口真帆さん暴行被害事件に伴い、AKBグループの運営「AKS」の幹部が会見を開き、一連の不祥事を謝罪今村悦郎支配人の異動と第三者委員会を設置することを発表した。

・ところが、記者からの真相を問う質問に対し、松村取締役は「警察の捜査を考慮し、詳細は差し控えさせていただきます」とのコメントを連発。新支配人の早川麻依子氏と副支配人の岡田剛氏が会見に姿を見せ、松村取締役とともに謝罪した一方で、事件の責任者である今村氏が姿を見せなかったこと、さらには事件の真相を必死に隠蔽しようとする運営の動きに対し、ネット上では怒りの声が収まりを見せていない。

NGT運営幹部、公式の場で初謝罪「秋元康氏から叱責」

新潟のアイドルグループNGT48の山口真帆さん(23)が男らに自宅に押しかけられるなどした問題をめぐり、グループの運営会社「AKS」(東京)の運営責任者である松村匠取締役が14日午前、都内で報道各社の取材に応じ、「ファンはもちろんメンバーに不安な思いをさせてしまい、本当に申し訳ありませんでした」と謝罪した。

~省略~

AKSは同日未明、劇場支配人を今村悦朗氏から早川氏に交代させる人事を公式サイトで発表した。松村氏は交代の理由について「(早川氏が)女性ということで、メンバーの立場を理解し、新たなNGT48を作り上げたいという思いから起用した」と説明。「(今村氏が)問題の責任を取った形ではないか」との見方を「一切ない」と否定し、「人事異動だ」と強調した。今村氏はAKSに残るとみられるが、異動先は決まっていないという。

~省略~

【朝日新聞 2019.1.14.】

NGT山口暴行事件で運営が会見「警察の捜査状況をかんがみていた」

~省略~

東京・神田明神で行われたグループの成人式後の対応という異例の事態。運営はこの日、未明にNGT48劇場支配人の今村悦朗氏(59)が異動し、早川麻依子氏(44)が支配人、岡田剛氏(41)が副支配人に就任し、真相究明のため第三者委員会による調査を実施すると発表したが、会見は2人のほか、AKS取締役の松村匠氏(56)が出席。

松村氏は「ファンの皆さまやメンバーに不安を与えてしまい、本当に申し訳ありませんでした」と事件を謝罪した。

事件は山口がSNSなどで発信したことによって発生から約1カ月経過して発覚し、対応が後手後手に回ったことに松村氏は「警察の捜査状況をかんがみていた」。山口はツイッターでメンバーが自宅や帰宅時間を男に教えて自宅へ行くようにそそのかしたと書き込み、一部では犯人の男が同じマンションに住んでいたなどと報じられ、情報が錯綜(さくそう)しているが、一連の詳細には「捜査に関することはお答えできません」との説明に終始した。

また、山口は自ら事件を公表し、劇場公演で謝罪して矢面に立ったことには「私の運営責任者としての責任。今後はああいうことが起こらないように、メンバーとコミュニケーションを取りたい」とコミュニケーション不足と説明。ネット上で関与が疑われたメンバーの太野彩香(21)と西潟茉莉奈(23)がツイッターで自らの関与を否定したことにも「メンバーがああいう形でコメントしたことにも責任を痛感している」と話した。

第三者委員会は弁護士らが名を連ねるとし、「早急に実施したい」。今村氏の支配人を事実上更迭されたとみられるが、「会社の人事異動」と説明。後任に早川氏を起用したことには「メンバーと同じ女性の立場に立てる」と理由を説明した。

【サンスポ 2019.1.14.】

<質疑応答全文>NGT48暴行被害騒動で運営が会見 公表・対応が遅れた理由・秋元康の反応・第三者委員会での今後【モデルプレス 2019.1.14.】

秋元氏は、今回も「他人面」で部下を叱責!すでに「一部メンバーと犯行G(ジョー会)との面識あり」の実態も判明しているものの、運営全体で事実関係を全力で隠蔽!

出典:YouTube

NGT山口の帰宅時間教えたメンバーと暴行犯に面識 意図的に漏らした?偶発的に答えた? 

新潟を拠点に活動するアイドルグループ「NGT48」の山口真帆(23)が昨年12月にファンの男2人から暴行を受けた事件で、山口の帰宅時間を教えたメンバーと犯人グループに面識があったことが13日、分かった。

~省略~

犯人グループはNGTの熱烈なファン。関係者は「多くのメンバーと顔見知りで、漏えいしたメンバーとも面識はあった」と話している。今後はメンバーが意図的に山口の情報を漏らしたのか、偶発的に答えただけなのかが焦点になる。

~省略~

【スポニチアネックス 2019.1.14.】

NGT48山口真帆さん暴行被害事件について、ようやく運営側が謝罪会見を開いて、今村支配人の「異動」と第三者委員会発足を発表したけど、ネット上では怒りの声が収まるそうな様子はないわ。
なんせ、今回の会見でも「他メンバーが関与していたんじゃないか?」「真相はどうなのか?」などの記者からの質問についても、「警察の捜査を鑑みて詳細は差し控えさせていただきます」を連呼しつつ、事件の責任者・今村支配人は姿を見せず、なぜか新支配人と副支配人が謝罪に参加しているんだもの。

こんな状況で「全て私たちの責任です」と話しても、誰も納得しないんじゃないかしら?

この事件のおおよその全貌や、AKBグループ全体にはびこっている「驚愕の腐敗の実態」についてはこの記事などで色々と紹介してきたけど、ネット上でもこれだけ詳しい情報が広がっている状況でも、運営側が説得力のある反論や信頼できそうな対応が全くできていない様子を見ると、(当サイトでも紹介、推測してきた)ネットリサーチャーらがまとめている話や相関図にそこまで大きな間違いはなさそうな感じだね。

つまり、ここまでの流れやこの事件の全貌、運営の実態などを大雑把にまとめてみると、

●今回暴行事件を起こした犯行G(ジョー会)は、(秋元氏と旧知の仲である)今村支配人とも大の仲良しで、運営の公認サポーターだった。

犯行Gの重要人物いなぷぅ氏は、AKBグループ内で大きな影響力を持っており、特に今村氏と大の仲良し。彼は運営公認で一部のNGTメンバーとプライベートでも深く繋がりながら、アイドルの個人情報売買など反社会的な活動を行なっていた。

運営側は、被害者の山口真帆さんよりも、ジョー会および彼らと交流を持っているメンバーを守る動きを見せており、事件の中心である「いなぷぅ軍団」や、運営やメンバーが軍団と深く繋がっている実態を全力で隠蔽しようとしている。

…というところだろう。

秋元氏は、今回もやっぱり「他人面」で、幹部が会見で「(秋元氏も)この事件を憂慮している」「叱責を受けた」なんて話していたけど、そもそもの問題は、秋元氏率いる運営が、暴力団やそこに繋がる半グレ集団などと癒着し、悪徳的な商法を用いながらメンバーの女性を「慰安婦同然」の扱いで、(柄の悪い)上客の相手をさせていたことが、このような事態を引き起こしている元凶であり、今回のように運営が「全力隠蔽」「対処しているフリ」をしたところで、事態の解決には何もならないどころか、今後も同様の事件が発生する危険がある上に、さらには、すでに隠蔽されてきた事例も多くあるのではないだろうか?

そして、こうした悪徳的なシステムの中に”順応”してしまって、日常的に反社会的なファングループと深い交流を持っていたメンバーがいたというのも、はっきりと見えてきた感じね。
運営側が、こうしたメンバーを処分せず、犯行Gすらも庇おうとしているのは、まさに運営側がこうした体制を作って、メンバーの女の子たちに推進していた実態があったということなんじゃないかしら。

今回の事件は、おかしな事は一切していなかったはずの山口真帆さんが暴行被害を受け、さらには一部メンバーからもいじめられている上に、謝罪までさせられているという理不尽だけでなく、この日本のアイドル業界(ひいては芸能界そのもの)が、半グレや暴力団などと癒着し、「持ちつ持たれつの関係」を構築している実態を改めて問うものであるだろう。

マスコミも半ばこうした腐敗システムに組み込まれている以上、山口さんのような若い女性の被害者がこれからも出続けていくだろうし、(すでにネットで解明されている実情との乖離が目立ってきている中で)どうにか、気骨のある企業メディアがこれらの真相をしっかりと伝えていき、アイドル業界の深い闇を徹底追及していって欲しいと思うよ。

おススメ記事&広告

 
Pocket