【異例の僅差】サッカーW杯、日本はポーランドに1対0で敗れるもセネガルにフェアプレーポイント差で上回り、1勝1敗1分けで決勝T進出に!

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年6月28日に行なわれたサッカーW杯「日本対ポーランド戦」において、日本はポーランドに1対0で敗れたものの、コロンビア戦に敗れたセネガルと勝ち点・得点数・得失点差で同率に。しかし、フェアプレーポイントで日本がセネガルを上回ったことで日本の2位が確定し、異例の僅差で決勝トーナメント進出が決定した。

・当初の目標だった決勝T進出を決めた一方で、戦局や他会場の展開を考慮し、あえて1対0の敗戦を選ぶ戦法を採った西野監督の采配に議論が沸き起こっており、会場がブーンングに包まれた他、ネットでも賛否の声が飛び交っている。

ロシアW杯
日本が決勝T進出 警告の差でセネガル上回る

【ボルゴグラード(ロシア)大島祥平】サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会で日本代表は28日、当地で行われた1次リーグH組最終戦でポーランドに0-1で敗れた。同組のもう1試合でコロンビアがセネガルを1-0で降した結果、日本はセネガルと得失点、総得点で並び、直接対決も引き分けだったが、警告数の差で上回って2位となり、2010年南アフリカ大会以来、2大会ぶり3度目の1次リーグ突破が決まった。

国際サッカー連盟(FIFA)ランキング61位の日本は決勝トーナメント1回戦で同3位のベルギーか、同12位のイングランドと対戦する。02年日韓大会、10年南アフリカ大会で、日本は1回戦で敗れており、今大会で初の8強入りを目指す。

【毎日新聞 2018.6.29.】

出典:Twitter(@marei_de_pon)

奇跡ともいえる超僅差で決勝T進出を決めるも、セネガルの敗戦を見越し、”現状維持”での敗戦を選んだ西野監督の戦法に批判の声も…

サッカーワールドカップの日本代表ですけどぉ、残念ながらポーランド戦には負けてしまったものの、色々な幸運が重なって、滅多にないくらいの僅差で日本の2位が確定して、見事決勝T進出を決めましたぁ!!

コロンビア戦以来、まさに日本代表にとってはラッキーの連続で、リーグ戦最後の試合も、セネガルがコロンビアに同点に追いついて引き分けで試合を終えるリスク(=日本の敗退確定)を抱えつつも、西野監督はあえてギャンブルに出て、2対0で日本が負けるリスクを消した上で、わざと1対0のままで負ける戦法を採ったんだけど…結果的に、狙ったとおりにこの戦法が当たって、決勝T進出を決めたね。

結局予選リーグは1勝1敗1分けの成績で、グループリーグ敗退でもおかしくなかった感じだけど、まさしく「勝負は時の運」という感じで、西野Jは運も味方に付けつつ、大きな目標だった予選突破を果たすことが出来た

しかし、その一方で、わざと負ける戦法を採り、後半の終盤は後方でボールをただ回すだけだった日本代表に対し、会場では大きなブーイングが起き、ネット上でも「このような試合はファンが離れてしまう」「リスクをおかしても引き分け以上を目指して攻撃すべきだった」との声も少なくない状況だ。
確かに、こうした「わざと負ける試合運び」をした結果、セネガルがコロンビアに追いつき引き分けで試合を終えていたら、悔やんでも悔やみきれないほどの散々な試合になっていただろうし、本当に一歩間違うととんでもない事態に繋がってしまうような一つのギャンブルだった。

ボク自身は、この状況から判断すると、他力本願によらず自力で決勝T進出を目指す戦法を採るべきだったのではと思うけど、まあ、結果としてはこのやり方で上手くいったわけだし、例えば、麻雀などでも「差し込み」という、自らの勝ちを確定させるためにわざと相手に振り込む戦法もあるけど、こういうのも「目的を果たすための手段の一つ」なんじゃないかとは思うよ。

しかし、ネット上の批判の声やブーイングもある程度理解できるし、予選リーグ全体を見ても、日本代表は良かった部分と良くなかった部分が色々とあったけど、いよいよここから先が本当の実力が大きく試される状況になるので、次の試合は悔いなく全力を尽くして欲しいと思うよ。

こういう色々な勝負のアヤやギャンブルも含めて、W杯を楽しめたら最高ですねぇ~!
いよいよ、決勝Tでは、ベルギーかイングランドという、本格的な超強豪チームとぶつかることになりますけどぉ、どうか日本の皆さんは全力を出し尽くして欲しいと思いますですぅ~!

おススメ記事&広告

 
Pocket