”口利き”片山さつき大臣に「政治献金200万円不記載」の新疑惑が発覚!国会では野党が徹底追及も、「訴訟中」を理由に説明避ける!

Pocket

どんなにゅーす?

片山さつき地方創生相が、自身の「100万円口利き疑惑」を報じた週刊文春を訴えている中、文春は片山氏の疑惑のさらなる詳細に加えて、「政治献金200万円不記載」の政治資金規正法違反疑惑を報じた。

・臨時国会でも、野党側は片山氏の数々のスキャンダルを厳しく追及しており、片山氏は”防戦一方”の中で「訴訟中」を理由に国民への詳しい説明を避け続けている

200万円政治献金を不記載 片山さつき大臣に新疑惑

「国税100万円口利き疑惑」に続き、片山さつき地方創生担当大臣(59)に、政治資金にまつわる新たな疑惑が浮上した。

「週刊文春」の取材によれば、片山氏側に献金された200万円が政治資金収支報告書に記載されておらず、政治資金規正法違反の疑いがあることがわかった。

政治資金収支報告書によると、片山氏が参院で2度目の当選を果たした2016年、投開票日(7月10日)直前の6月下旬から7月上旬にかけて、8つの業界団体から片山氏が代表をつとめる政党支部、政治団体、片山氏個人に対し、「寄附」、「陣中見舞」などの目的で計200万円が支出されている。だが、受け取った片山氏側の収支報告書には、献金は一切記載されていないのだ。

たとえば「全国LPガス政治連盟」の収支報告書には、〈陣中見舞 平成28年7月7日 自由民主党東京都参議院比例区第二十五支部 500000〉と記されている。「自由民主党東京都参議院比例区第25支部」(以下、「25支部」)は片山氏が代表を務める政治団体だ。だが「25支部」の収支報告書には入金の記載はない。

こうした消えた献金は、2016年だけでも計8団体、200万円に及ぶ。

片山氏に献金したある政治団体の担当者は、「週刊文春」の取材にこう証言する。

「こちらで調べたところ、陣中見舞という形で払っています。『25支部』という政治団体に金を出し、きちんと領収書を頂いております。支払いは振込みではなく、直接(事務所に)持っていったと思います」

「消えた200万円」について、片山事務所に取材を申し込むと、次のような回答があった。

「選挙運動費用収支報告書をご覧ください」

だが、翌日になって「政党支部の収支報告書に各政治団体からの寄付収入等の記載が漏れていましたので訂正します」と答えるのだった。

~省略~

【文春オンライン 2018.10.31.】

片山さつき氏が収支報告書を訂正、秘書が誤認と説明

片山さつき地方創生担当相は31日、2016年の政治資金収支報告書を訂正した。片山氏の事務所が発表した。政治連盟から寄付をもらい領収書を発行したが、収支報告書を担当した秘書が誤認し、記載が漏れたと説明している。

一部週刊誌によると、複数の政治連盟から計200万円の献金を受けたのに片山氏の収支報告書に記載がなかったという。片山氏の事務所は一部マスコミの質問を受けて調査し、ミスが分かったとしている。(共同)

【日刊スポーツ 2018.10.31.】

すでに疑惑が多すぎて収拾がつかなくなってきた片山大臣!今度は200万円の政治献金不記載の「政治資金規正法違反」疑惑が浮上

出典:Twitter(@I_hate_camp)

臨時国会が連日行なわれている中で、(予想通りに)片山さつき地方創生相に対して、野党からの厳しい追及が集中しています。
片山大臣は、「100万円口利き疑惑」を報じた文春を(威勢良く)訴えたものの、文春によって新たに本人の口利きに関する音声データが公開された上に、計200万円にも及ぶ政治献金が収支報告書に記載されていなかった疑惑までもが報じられ、文字通りの「火だるま状態」となっています。

これに加えて、暴力団と関係のある人物から多額の金を借りていた問題や、パチンコ業者から依頼を受けた「別の口利き疑惑」、そして、都内で行なわれた祭りに違法な寄付を行なっていた疑惑など、もはや、あまりにも重大な問題や疑惑が多すぎて収拾がつかなくなってきたね。
ボクも最初のスキャンダルが報じられた時点で「他にも色々と出てくるのではないか」と思っていたけど、まさかここまであっという間に次々と噴出してくるとは…

新たに出てきた「政治献金不記載」の疑惑についても、片山氏サイドは「秘書のミス」で記載が漏れてしまったと主張しているものの、この理由もかなり怪しいし、文春報道によって慌てて訂正しようとしている時点でアウトなんじゃないかな。
どちらにしても、片山氏の懐には、「様々なルート」を通じて相当な額の「黒いカネ」が入っていることを疑わざるを得ないだろう。

見たところ、大手マスコミも「さすがに庇いきれない」と踏んだのか、片山大臣についてはかなり突き放した論調が目立っているし、いよいよ「スピード辞任」が現実味を帯びてきた気がするね。

今日の国会でも、「訴えている側なのに、裁判を理由に説明を避けるのはおかしいのではないか」と立憲の逢坂議員から突っ込まれていましたが、一体どこまで悪あがきを続けるつもりなのでしょうか。

いつもながら、片山氏のこの面の皮の厚さには参ってしまうけど、今後の展開を見ていくとしよう。

Pocket

 

 関連記事