【流石のサガワ】証人喚問の佐川氏、「訴追の恐れがあるから」と答弁拒否連発!補佐人は小渕・甘利担当の御用弁護士、大勢の付き人を従え黒塗りハイヤーで乗り付け!

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年3月27日、森友公文書改ざん事件について、佐川前国税庁長官の証人喚問を開催。改ざん当時の理財局長だった佐川氏が証言台に立ち、与野党議員からの質問を受けた。

・大方の予想通り、佐川氏は、核心部分の質問に関しては「訴追の恐れがあるから」とことごとく答弁を拒否佐川氏の補佐人は、小渕氏や甘利氏担当の自民党が絶大な信頼を置く弁護士だった上に、大勢の付き人を従え黒塗りのハイヤーで登場するなど、佐川氏が現在でも、権力から庇護を受けている印象が強く残る証人喚問となった。

与野党、証言拒否に反発や懸念=「期待裏切る」「究明協力を」-佐川氏証人喚問

森友学園との土地取引に関する財務省決裁文書の改ざんをめぐる27日の証人喚問で、佐川宣寿前国税庁長官は「捜査中」を理由に証言拒否を繰り返した。これに対し、与野党からは「疑惑は深まった」「真相究明に協力してほしい」などと反発や懸念の声が上がった。野党側はさらに追及を強め、安倍晋三首相夫人の昭恵氏らの喚問も求めていく考えだ。

佐川氏に質問した立憲民主党の福山哲郎幹事長は、「不誠実な答弁で疑惑はますます深まった。これで幕引きというわけにはいかない」と記者団に語った。同党の辻元清美国対委員長も「国民の期待を裏切る。答えられないところが核心だ」と指摘した。

共産党の小池晃書記局長は「刑事訴追を隠れみのにして大事な問題の証言を全部避けた。火に油を注いだ」と批判。希望の党の泉健太国対委員長も「真実を述べる気持ちがあるのか疑わざるを得ない」と述べた。

【時事通信 2018.3.27.】

佐川証人喚問は“出来レース”! 補佐人は甘利明や小渕優子の弁護担当、用意された送迎車、不自然すぎる丸川珠代の質問

たとえば、午前の証人喚問で質問のトップバッターに立った丸川珠代議員が「知り得る限りの事実をお話ください」と問いかけると、佐川氏はさっと手を挙げて答弁に立ち、「まず、理財局でおこなわれた決裁文書の書き換えでございます。若干だけ長くなりますが、ご説明を申し上げます」と言い、理財局の国会対応についてスラスラと話しはじめると、「個別案件につきまして官房にご相談するようなことでもございませんし、報告をするようなことでもございませんし、まして官邸にご報告するようなことはございませんでしたので、まさに本当に理財局のなかでおこなった話でございます」と締めくくった。まるで丸川議員とのあいだに「台本」が存在するかのようなスムーズな流れだった。

また、丸川議員は「佐川さん、あるいは理財局に対して、安倍総理からの指示はありませんでしたね?」「安倍総理夫人からの指示もありませんでしたね?」と、「ありましたか?」ではなく「ありませんでしたね?」と質問。佐川氏はすべてオウム返しのように「ございませんでした」と繰り返したが、これは安倍夫妻の関与がないと印象付けたい目的があったことはミエミエだ。

佐川氏と安倍自民党サイドの“すりあわせ”を裏付けるのは、答弁だけではない。実際、きょうの佐川氏の補佐人を務めているのは、熊田彰英弁護士。熊田弁護士は小渕優子・元経済産業相の事務所の政治資金規正法違反事件や、甘利明・元経済再生担当相があっせん利得処罰法違反で刑事告発された際にも弁護を担当した人物で、安倍政権の大臣スキャンダルを引き受けてきた“御用弁護士”だ。

さらに、佐川氏は国会入りした際、黒塗りのハイヤーで乗り付け、まわりに大勢の人を引き連れていた。この模様を中継していた『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日)では、田崎史郎・時事通信社特別解説委員が「これ、ハイヤーで来てますね。タクシーじゃないね」「(車を)どっかが用意したんじゃないですか」「付いてる方が多いですね。6〜7人動かれていましたでしょ?」「通常より多い」「(普通なら)本人と補佐人だけで動きますよね」と指摘していたが、こうした“異例”な対応も、財務省を通じた安倍自民党のサポートがあるのだろう。

【リテラ 2018.3.27.】

(予想通りに)自民・丸川珠代議員は露骨な”世論誘導”質問!この時だけ、佐川氏も(これに呼応するように)スラスラと答弁!

出典:YouTube

元々大して期待はしていなかったけど…やっぱり!!
佐川氏はあくまで佐川氏で、身も心も安倍一派にかんっぜんに売り渡してしまったみたいね…!

補佐人が小渕優子氏や甘利氏と同じ「自民党お抱え弁護士」だったこと、多くの付き人を従えながら黒塗りハイヤーで乗り付けたことなどを見ても、表向きには「佐川事件」として全ての泥をかぶりつつも、その裏で、しっかりと安倍政権からの”見返り”を十分に受けているものと思われる証人喚問だったね。
やはり、他の官僚から感服されるほどの自らのプライドも投げ打った、徹底した「ロボット官僚ぶり」だし、特捜に逮捕されても虚偽証言で罪に問われても、「安倍政権の意のままに動くこと」が何より自分にとって得策だと考えたのだろう。

それにしても、予想通りとはいえ、忠実な安倍政権の子飼い議員、丸川珠代氏の質問内容は本当にひどかった
佐川氏の答弁、丸川氏の質問、どれをとっても、「疑惑の本丸からどうにか逸らし、あらゆる印象操作や世論誘導によって徹底隠蔽&消去させよう」という思惑が丸出しだったし、直前になってNHKが中継を決めたのも、安倍政権側の”佐川対策”が整ったことを受けてのことだった可能性がありそうだ。

やっぱり、この国が「世界でも特異なほどの暗黒国家」なのが剥き出しになっただけの証人喚問だったわ!
いくら、大きくガタガタしてきたとはいえ、安倍政権はまだまだ強大な権力で関係者を操りながら、疑惑を隠蔽するだけの支配力を持ち合わせているのねっ。

それだけ強大な権力を持っているからこそ、中々決定的な証言や証拠が出てこないのだともいえる。
いかに一党独裁体制というのが、民主主義から大きく逸脱し、内部の不正や腐敗を明らかにしたり、これを是正させるのが難しくなってしまうのかを痛感しているけど、簡単にまとめると、佐川氏が(安倍夫妻の親戚である)今井秘書官と深く通じては、特権的な勢力と強く繋がりながら、今でも手厚い保護を受けていることを強く感じた証人喚問だったね。

おススメ記事&広告

 
Pocket