南海トラフ地震、100回予知しても「99回は失敗」の見込み!予知は実質「不可能」であることが明らかに!地震学者がアンケートに回答

Pocket

どんなにゅーす?

・林能成関西大教授が地震学者にアンケートを行なったところ、南海トラフ地震について、発生する日時や場所、規模などを言い当てる「直前予知」を行なったとしても、100回中99回は失敗すると考えていることが判明した。

・実質的に地震の予知はほぼ不可能であることが示されたといえ、いつどこでどのような地震が起こってもおかしくないことが明らかになった。

地震予知失敗、100回中99回 南海トラフで学者回答

南海トラフ巨大地震について、事前に発生する時や場所、規模を正確に言い当てる直前予知を100回試みても99回程度は失敗すると日本の地震学者が考えていることが、林能成関西大教授(地震学)が行ったアンケートで19日、分かった。

観測データを基に危険性を判断するのが地震学者で、予知の実用化が不可能に近いことを改めて示す結果となった。

林教授は、予知の難しさが市民や行政担当者に正しく伝わっていないと指摘。「突然の地震でも被害を少なくする防災を進めるのが先。予知を防災の前提としてきた過ちを繰り返さないようにすべきだ」としている。

【MSN(共同通信) 2019.5.19.】

地震学者自身が「地震予知はほぼ不可能」と認める!なぜ気象庁は先日の日向灘地震で「南海トラフ地震との連結性」を否定できたのか?

林能成・関西大教授が行なったアンケートによって、多くの地震学者が「南海トラフ地震予知はほとんど不可能」と認めていたことが明らかになりました。
当サイトでも、これまで同じことを伝え続けてきましたが、改めて、日本国内において、「いつどこでどんな地震が起こってもおかしくない」ということが示されたといえそうです。

「100回中99回は外す」ということは、「ほとんど100%外す」「当たったらただのまぐれ」と言っているのと同じだし、こうしたことを専門家自身が認めたということは、かなり大きいんじゃないかな。
そうなると、ますます疑問に感じるのが、(当サイトも伝えたように)「なぜ、気象庁は先日の日向灘地震(M6.3)で、南海トラフ地震との連結性や関連性をはっきりと否定した(できた)のか?」ということだ。

この気象庁発表に一部の専門家も強い疑問を投げかけているけど、このような現状がある限り、気象庁も(自信を持って言い切れるような)明確な根拠がないような状況で、「いい加減な発表」をしている可能性があるだろう。

こうなると、やはり、気象庁がこのような発表をした背景には、(東京五輪などを控えている中で)「危険な国」との印象を国内外に与えるのを避けたいなどの理由で、安倍政権に忖度した可能性もあるかもしれませんね。

どちらにしても、これまでも(地震や火山噴火において)多くの予測を外してきた気象庁の発表を鵜呑みにするのは危険だし、一人一人が「いつ地震や噴火が起こってもいいように」念入りな備えを行なっておくのがいいだろう。

そして、地震の予知・予測はもちろん、断層の実態解明なども全く進んでいない中、この国に原発を乱立させることが、いかに国家や国民に重大な危険や脅威を強いる「自殺行為」なのかについても再認識していく必要があるんじゃないかな。

Pocket