経産省の原子力部門出身の人物が「問題児揃い」の件!”加計”柳瀬唯夫氏、”森友”谷査恵子氏、”戦争肯定”丸山穂高氏など!”池袋暴走”飯塚幸三氏も…

Pocket

どんなにゅーす?

・加計学園疑獄で話題になった柳瀬唯夫元首相秘書官や、森友疑獄で話題になった谷査恵子元昭恵夫人付、そして「戦争肯定」発言で批判を浴びている丸山穂高衆院議員など、「経産省の原子力(原発)部門出身」の人物が、不正行為や犯罪疑惑、稀代の暴言など、筋金入りの「問題児揃い」であることがネット上で話題になっている。

柳瀬唯夫

柳瀬 唯夫(やなせ ただお、1961年7月17日 – [1])は、日本の経産官僚。
原子力政策課長時代に「原子力立国計画」をまとめ、原発推進派として知られる[2]。麻生内閣、安倍内閣の2回、首相秘書官を努めた[2]。

経歴
静岡県出身[3]。1984年、東京大学法学部卒業、通商産業省入省[3]。イェール大学大学院国際開発経済学科修了(M.A.)[1]。
2004年6月、資源エネルギー庁原子力政策課長[1]
2007年7月経済産業省経済産業政策局企業行動課長[1]
2008年9月麻生内閣の内閣総理大臣秘書官[1]
2009年12月経済産業政策局産業再生課長[1]
2010年7月経済産業省大臣官房総務課長[1]
2011年7月経済産業政策局審議官[1]
2012年12月第2次安倍内閣の内閣総理大臣秘書官[1]
2015年8月4日経済産業政策局長[3]
2017年7月14日経済産業審議官[4]
2018年7月 経済産業審議官退任
2018年12月 東芝クライアントソリューション(現・Dynabook)非常勤取締役[5]
2019年2月、NTTの海外事業を統括する中間持ち株会社の非常勤取締役[6]

~省略~

【Wikipedia(柳瀬唯夫)】

丸山穂高

~省略~

来歴
大阪府堺市生まれ。西大和学園高等学校、東京大学経済学部卒業。
2006年、経済産業省に入省。大臣官房総務課や原子力安全・保安院(当時)保安課企画法規係長を経て[3]、2009年に退官。
2009年、財団法人松下政経塾に入塾し、2012年に卒塾[4]。
2012年、結党から間もない日本維新の会大阪府第19選挙区支部長に就任した。
2012年の第46回衆議院議員総選挙において大阪19区から日本維新の会公認で立候補し、自由民主党新人の谷川とむ、民主党前職で国土交通副大臣の長安豊らを破り初当選した。大阪府下19の小選挙区当選者の中では最年少、全国でも28歳最年少議員3名の中の1人であった[5]。
2014年の日本維新の会分党に際しては、橋下徹大阪市長による新党結成を目指すグループに参加。分党後の日本維新の会を経て、結いの党の合流による維新の党の結党に参加した。

~省略~

【Wikipedia(丸山穂高)】

出典:Twitter(@HON5437)

自然界に未来永劫害を及ぼす「核のゴミ」を生み出す原発行政(経産省)は、人間界に大きな害をもたらす「問題児の製造工場」でもあった!?

出典:Twitter(@HON5437)

経産省の原子力部門出身の人物が、きっての「問題児揃い」であることがネット上で話題になっているわ。
確かに、言われてみたらまったくその通りだし、日本の原発行政は、長きに渡って自然界に脅威と害をもたらす「核のゴミ」を生み出し続けるだけじゃなく、人間界にも大きな害をもたらす「問題児の製造工場」でもあったのねっ!!

改めてみても、凄いメンツだね。
まともな国家であれば、(安倍総理からの言いつけにより)不正なプロセスで安倍総理と「特別な繋がり」を持つ加計理事長に対する「特権的な優遇措置」を主導した上に、国会で平然と嘘をつきつづけた柳瀬元首相秘書官、そして、同じく(昭恵夫人からの言いつけにより)不正なプロセスで籠池氏に特別な便宜をはかった谷査恵子元昭恵夫人付逮捕されているだろうし、「国家権力による大量虐殺行為」である戦争を肯定する発言を行なった丸山穂高議員は、速攻で議員資格の剥奪に見舞われていることだろう。
(そもそも、まともな国家であれば、安倍総理も昭恵夫人もとっくに逮捕されていることだろう)

ところが、この”現実”はどうだ。
柳瀬氏は、世間のほとぼりが冷めた頃に、ちゃっかりと複数の大手系企業に天下りをし、「甘い汁」を吸う生活を続けているし、谷氏はイタリアに栄転しつつ”国外逃亡”し、柳瀬氏と同じくのびのびと”セレブ生活”を送っていることが予想される。

そして、有名芸能人がひとたび違法薬物に手を出すと、連日連夜マスコミが節度を欠いた「報道リンチ」に明け暮れる一方で、経産省のキャリア官僚が役所内で覚醒剤を使用していたことが発覚しても、マスコミは「申し訳程度」に報じるだけで、今以上に事を荒立てないよう配慮する始末だ。

これを「上級国民制度」といわないで、何て言うのよっ!!
マスコミは、「上級国民制度なんて存在しない」「根拠のない陰謀論」って私たちに懸命に刷り込んでいるけど、これだけてみても、どんな不正や犯罪疑惑が浮上しようとも検察も警察もまともに動かず、マスコミも大きく報じようとしない「上級国民制度」が露骨すぎじゃないのよっ!!

そうだね。
ちなみに、まさに「上級国民制度の最たる例」として、現在もネットの人々の間で激しい怒りの声が上がっている「池袋暴走死傷事故」の飯塚幸三氏も、(この記事で紹介したように)経産省の前身の通産省でかつて原子力行政に関わった上に、勲章(瑞宝重光章)まで受章している人物であることが指摘されている。

これらを総合すると、日本の行政における原子力部門は、まさしく「伏魔殿」であり、まともな倫理感や正義感、価値観を持っている人間は続けることが出来ないような「究極的に腐敗しきった場所」ということになるのかもしれない。
「人間性や価値観が根底から狂わされてしまう場所」ともいえるかもしれないね。)

経産省と言えば、安倍総理の最側近で「影の総理」の異名を持つ、今井尚哉首相秘書官の出身官庁でもあるし、霞ヶ関の中でも最も安倍政権と近親的な繋がりを持っていることも、「日本政府の腐敗が凝縮している場所」であることを言わずもがな示しているといえるだろう。

まったく最悪だわ…。
原子力行政って、有害な放射性物質を大量に生み出すだけじゃなくって、人間の倫理感や価値観をも腐らせてしまうことを物語っているし、改めて、原発が私たち人間にとって、あらゆる部分で「負の影響」を生み出していくってことを強く認識していくことが大事なんじゃないかしら。

原発は、多くの社会弱者(常に被曝し続ける原発作業員)の「犠牲」によって初めて成り立っているものでもあるし、権力層(既得権者)と庶民との深刻な分断や差別も引き起こすものでもある。
改めて、これらの日本の行政(やマスコミ)における深刻な腐敗を認識した上で、これらの腐敗(上級国民制度)と密接な繋がりを持っている「原発」を完全に断ち切っていくことを強く訴え続けていく必要があるんじゃないかな。

Pocket

 

おススメ記事&広告