安倍総理、朝日記者に悪態突いた「3300円布マスク」、泉大津市の「町おこし企画」の高品質商品だった!安倍総理のせいで嫌がらせ殺到で地元議員らも激怒!

Pocket

どんなにゅーす?

・2020年4月17日に行なわれた安倍総理の記者会見の中で、朝日新聞の記者が「布マスクや星野源さんの動画で批判を浴びているが、一連の新型コロナ対応を自身でどのように評価しておられますか?」と質問したところ、安倍総理が「御社のネットでも布マスク、3300円で販売しておられたということを承知しておりますが」などと悪態をついたことが話題になっている中、安倍総理が揶揄した朝日の通販サイトで販売されていた布マスクは、大阪・泉大津市の「地元町おこし企画」の一環で開発された高性能マスクだったことが一部メディアで報じられている。

・地元の繊維会社が開発した「150回の洗濯にも耐えられる」というマスクは、医療用レベルの脱脂綿と不織布シートをはさんだ4層・3D構造となっており、1回洗っただけでしわくちゃになってしまう「アベノマスク」とは雲泥の差。悪徳安倍礼賛サイトが「朝日叩き」の一環で取り上げていたものを安倍総理が真に受けて口にした可能性があり、地元の議員からも怒りの声が上がっている。

安倍首相「3300円布マスク」皮肉に製造地元の市長が反論

「一律10万円給付」を正当化する緊急事態宣言の全国拡大に伴う臨時会見で、安倍首相が突然、口にした「3300円の布マスク」。気にくわない質問への皮肉で引用されたこのマスクは、「繊維のまち」の底力を見せるプロジェクトから生まれたものだ。地元の大阪・泉大津市はどう受け止めているのか。

~省略~

製造元は、泉大津市の大津毛織。100年以上の歴史を誇る老舗の繊維メーカーだ。問題のマスクは2枚組3300円で、コットン100%の4層構造。ナント、150回ほどの洗濯にも耐え、非常に経済的に使える。1回の使用当たり11円の計算だ。アベノマスクは1回洗っただけで、驚くほど縮んでしまう。もはや“アホノマスク”とは雲泥の差である。

「繊維のまち」として知られる泉大津市が品切れ改善のため、地元商工会議所と連携したマスクプロジェクトの一環で開発された商品のひとつ。市内での販売のほか、朝日新聞SHOP(現在休止中)にも出品されていた。

田立恵子・泉大津市議(共産)はこう憤る。

「会見の発言はひどいと思いました。地場産業を生かす取り組みに水を差すつもりですか。一つ一つ手作りで、どうしてもコストはかかかりますが、高品質で長く使えます。大量の不良品が見つかっているアベノマスクと一緒にしないでほしい」

~省略~

南出市長は安倍会見をどう見たか。

「安倍首相は単純に価格だけを取り上げました。価格だけでなく、どういうマスクなのか正しく伝えてほしいと思いました。大津毛織のマスクは手作りで、素材も縫い方もこだわっている。私も使っていますが、繰り返し何度も使えます。逆に、注目を浴びたのをチャンスにしたい。実際にマスクを見た人は『ちゃんとしたの作ってるやん』という反応がありました」

~省略~

【日刊ゲンダイ 2020.4.20.】

安倍首相の「朝日も3300円で布マスク販売」反論はフェイク! 朝日販売マスクは泉大津市の公的事業で高性能、アベノマスクと雲泥の差

~省略~

実は、朝日新聞社が運営する通販サイト「朝日新聞SHOP」で布マスクを販売していたという話は、4月5日にネトウヨニュースサイトの「アノニマスポスト」が記事にし、ネトウヨが一斉に攻撃を仕掛け、「朝日新聞SHOP」が休止に追い込まれていた。その後『週刊新潮』4月9日発売号も後追いし、さらに騒ぎは大きくなっていた。

つまり、安倍首相はネトウヨ発の情報を使って朝日を攻撃し、自分が強行した布マスク「アベノマスク」を正当化したわけだ。しかも、この安倍首相の発言で、安倍応援団やネトウヨは「さすが安倍首相、見事な切り返し」「痛快」「強烈なブーメラン」などとさらに吹き上がり、「朝日が布マスクを批判しながら布マスクを売っていた」「朝日がコロナにつけこんで、高額マスクを売りつけている」と朝日攻撃をエスカレート。朝日新聞が販売する布マスクを製造している大阪・泉大津市内の繊維会社までが炎上にさらされている。

しかし、はっきり言うが、安倍首相が便乗した今回の朝日攻撃は完全にフェイクだ。「朝日新聞SHOP」で布マスクが2枚入り3300円で販売されていたことはたしかだが、事実関係を調べると、「朝日がコロナにつけこんで、高額マスクを売りつけている」という話ではまったくない。

そもそも、朝日が販売した布マスクは、大阪府泉大津市の「日本一の毛布のまちのマスクプロジェクト」から生まれた商品なのだが、この「マスクプロジェクト」は、泉大津市の南出賢一市長が“毛布の生産技術を生かしマスク不足解消の一助にしたい”と企画し、商工会議所が市内の業者に参加を呼びかけて始まったもの。つまり、マスク不足解消と地域おこしという目的で市が音頭をとった、かなり公的な意味合いの強いプロジェクトなのだ。実際、朝日新聞だけでなく、読売新聞はじめ複数のメディアがこの動きを好意的に報道していた。

そして、朝日新聞はこの公的プロジェクトの一部の商品を、自社の通販サイトで取り扱い、販売予約を受け付け始めた。つまり、朝日はこのプロジェクトに賛同し、販売ルートを提供したにすぎないのだ。

実際、3300円という値段も、泉大津商工会議所が告知し、大阪市や泉大津市内で販売されているのとまったく同じだった。3300円というと高い感じがするが、後述する性能、そして、有名メーカーが販売しているオーガニックコットンのマスクなどの値段がだいたい1枚1500円以上することを考えると、2枚で3300円というのは決して高いわけではない。

ところが、これを、ネトウヨがあたかも「コロナにつけこんで、高額マスクを売りつけている」ように歪め、さらには一国の首相が便乗したのだ。

~省略~

ようするに、安倍首相は、お粗末なアベノマスクに466億円もかけたことを正当化し、自分を批判する朝日を攻撃するために、ネトウヨのフェイクに乗っかって似ても似つかない泉大津市の高性能マスクのことを持ち出してきたのだ。

卑劣にもほどがあるが、さらに最悪なのは、この安倍首相の発言がメディアの批判封じ込めだけではないことだ。前述したように、安倍首相が「朝日が3300円マスク販売」と発言したあと、プロジェクトを主導した泉大津市商工会議所や市内のメーカーに、ネトウヨや安倍応援団が攻撃を仕掛けている。

つまり、安倍首相が自分を正当化するためのフェイクを口にしたことで、コロナ危機を乗り越えようという地方自治体の取り組みを危機にさらしているのだ。これはもはや犯罪だろう。

~省略~

【リテラ 2020.4.18.】

気に入らない質問をした朝日新聞に”反撃”した安倍総理のせいで、高性能の「町おこしマスク」が”炎上被害”!

出典:YouTube

先日の記者会見の中で、「布マスクや星野源さんの動画で批判を浴びているが、一連の新型コロナ対応を自身でどのように評価しておられますか?」との質問をした朝日新聞の記者に対し、安倍総理が「御社のネットでも布マスク、3300円で販売しておられたということを承知しておりますが」などと嫌味っぽく返した中で、このマスクが、大阪・泉大津市による「町おこし企画」の一環で作られた高性能マスクだったことが判明。
これを最初に報じた悪徳安倍礼賛サイトや安倍総理の発言のせいで、朝日新聞や地元の繊維会社までもが被害を受けているようですが、これも本当に酷い話ですね。

早速、安倍サポネット工作員が出動して、「安倍総理は嫌味や皮肉で言ったわけではない(朝日の質問に同調する意味で答えた)」などとアクロバット擁護を始めているけど、ボク自身も生中継時にとっさに「物凄い嫌味や皮肉を言っている」と受け取ったし、よほど鈍感な人でなければ、「気に入らない質問をされた腹いせ」でこのようなことを言い放ったと受け取るだろう。
何よりも、安倍総理自身があの発言をする前に、悪徳安倍礼賛まとめサイトが朝日新聞の通販サイトで「マスクを”ぼったくり価格”で売っている」といわんばかりに喧伝しては、安倍シンパ集団が「アサヒノマスク」などと馬鹿にしていたというではないか。
どこからどう考えても、安倍総理は「嫌味や皮肉」の意味でこの発言をしたとしか思えないし、(「赤報隊事件の真犯人」との疑惑も出ている統一教会と同じく)安倍総理本人も朝日新聞を蛇蝎のごとく嫌っているのは、過去の発言を見ても明らかだ。

●過去参考記事:【赤報隊ソックリ】安倍総理が「安倍晋三記念小学校」と報じた朝日を粘着攻撃!和田政宗議員のFB記事に「哀れですね。朝日らしい惨めな言い訳」とコメント!

安倍総理は、(統一教会系)安倍サポ軍団のカルトチックな「朝日攻撃」に乗っかって、得意満面で嫌味を言ったのだろうけど、しかし、この安倍総理がバカにした泉大津の布マスク、1枚1500円あまりするとしても、150回もの洗濯に耐えられるのであれば、1回使用分でおよそ10円だし、これはむしろかなりお得なのではないかな?
(ちなみに、現在朝日の通販サイトが休止になっているけど、週刊女性PRIMEによると、これはむしろ注文が殺到して対応しきれなくなったことが原因らしく、その点では「一安心」といったところだ。)

一方で、アベノマスクは、1枚260円らしいけど、こちらの方はただでさえ小さいのに、一回洗っただけでさらに縮んでしわくちゃになってしまうとのことだし、1回使っただけでお払い箱にせざるを得ないのなら、こっちの方こそ、むしろ”ぼったくり商品”ではないのか。

つくづく、安倍総理とその周辺のカルトチックなサポート集団は、日本を劣化・破壊させるために日々活動していることがよく分かりますし、まさしく、グローバル資本勢力が明治維新以降に日本にインストールした、「グローバルカルト」そのものであることが、改めて強く感じられます。

世界の歴史を見ても、グローバリストが作り出した数々のカルト宗教(フリーメイソンやイエズス会など)を通じて、人々をおかしな方向に「洗脳」しながら、数々の戦争や経済危機を通じてグローバリストが莫大な富と権力を肥やし続けてきた経緯があるけど、日本もこれと全く同じ構図があるということだ。
現在、日本で独裁的な権力を維持している安倍総理(長州テロリスト一族)の背後には、強大なグローバルカルト組織が控えているし、巷でよく「ネトウヨ」などと言われている集団というのは、その母体にあるのは、いわゆる右翼とは全くかけ離れたこれらグローバルカルト教団組織であるということを認識するのがいいだろう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 

 関連記事