日産・西川社長「ゴーン氏への『権力集中』が不正招いた」→ネット「まさに安倍政権と同じだな」「ゴーン以上に安倍の方が権力集中」

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年11月19日、日産のカルロス・ゴーン会長らが逮捕された事件を受けて、西川広人社長が会見を開き、ゴーン会長に権力が集中したことが不正を招いたとの見解を示した。

・これに対し、ネット上では「まさに安倍政権と同じ」との声が相次いでおり、「官邸の代理人」の異名を持つ黒川弘務法務事務次官の影響力によって安倍政権の巨大不正疑惑を追及しようとしない特捜に対して怒りの声が相次いでいる。

「ゴーン会長へ権限集中、不正の背景に」 西川社長指摘

~省略~

西川(さいかわ)広人社長は19日夜、横浜市の本社で開いた記者会見で、ゴーン会長の不正行為について大きく3点あると指摘。役員報酬の過少記載、目的を偽った投資資金の支出、私的な目的での会社の経費の不正使用を挙げた。こうした不正に、ケリー代表取締役が深く関与していることも分かったという。

西川氏は、ゴーン会長に経営の権限が集中していたことが不正の背景にあったと指摘。「株主、関係者の皆さまに多大なご迷惑をおかけし、会社を代表して深くおわびしたい」と謝罪した。

~省略~

【Yahoo!ニュース(朝日新聞) 2018.11.19.】

「日本国内で権力集中」している安倍総理の”私兵組織”と化している特捜部が、(政権の数々の不祥事を覆い隠しつつ)「日産内で権力集中」していたゴーン氏を逮捕!

出典:MBS

日産の西川社長が、記者会見の中でゴーンさんが不正を繰り返していた背景として「権力の集中」を挙げていたけど、ネット上では「まさに安倍政権と同じ」との声が相次いでいるわ
確かに、すでに三権分立をも形骸化させた上で「日本国内で権力集中」状態になっている安倍政権の”私兵組織”に成り下がっている特捜が、「日産内部で権力集中」のゴーンさんを逮捕したなんて、なんともいえない皮肉な展開になっているわね。

いや。徐々に内部で「ゴーン氏追放」の機運が高まり、内部関係者が「司法取引」を行なって特捜に情報がリークされ、その結果ゴーン氏とケリー氏のみが逮捕されている展開を見ると、ゴーン氏は「完全な独裁」ではなかったようだね。

その点でいえば、安倍政権はというと、(権力の集中によって引き起こされた)森友・加計という重大疑獄が発覚したにもかかわらず、内部から安倍総理を告発する大きな動きも起こっていない(せいぜい前川喜平元文科事務次官ただ一人くらい)し、安倍官邸は特捜までをも私物化しては不正行為も咎められない状態になっているので、「権力の集中具合(独裁度)」でいうと、安倍総理の方が圧倒的に上だろう。

それにしても、現在出てきている報道に目を通しても、ゴーン氏が逮捕された一連の動きの中で、やはり不可解で謎な部分が多く、ゴーン氏らへの取り調べにおける認否の情報も現時点で未だ全く出てきていないのを見ても、「何か巨大な思惑や目的」が隠されているような気がしてならない
彼ら2人だけでこのような大規模な不正が出来るものとも思えないし、これらの背後に一体何があるのか、注意深く見ていくのがいいかもしれないね。

そして、ゴーンさんの逮捕劇を大手マスコミがこぞって報じている中で、数々の不祥事不正行為が明るみに出てきていた安倍政権が「高笑い」している現実を忘れてはいけないわ。
やっぱり、ネット上ではスピン逮捕を疑う声がたくさん上がっている状態ですし、日仏の国家組織も絡んでいる国境を越えた巨大な事件の背景について、慎重にウォッチしていこうと思うわ。

おススメ記事&広告

 
Pocket