【まるで安倍そのもの】アベノマスク「不良品報告」が相次ぐ!汚れや変色、髪の毛・ほこり・虫などが混入!1回洗っただけで「ただでさえ小さいのに、さらに縮んでしわくちゃになった」との声も!

Pocket

どんなにゅーす?

・国民から多くの批判が殺到した「アベノマスク」が各所に届き始めている中で、「不良品が届いた」「全く使えない」との報告が相次いでいる。

・現在寄せられているのは、「小さすぎる」「汚れが付着」「変色している」「髪の毛やほこり、虫が入っていた」などの報告で、さらには、「繰り返し洗って使える」とのうたい文句だったにもかかわらず、1回洗っただけで「ただでさえ小さいのにさらに縮んでしわくちゃになってしまった」との声も

・466億円もの巨額の血税が投入された「アベノマスク」に多くの疑問の声が湧き上がっていた中、国民からさらなる怒りの声が上がるのは必至の事態になっている。

政府配布の布マスク 妊婦向けの一部に汚れなど 新型コロナ

~省略~

妊婦向けの布マスクの配布は、すべての世帯を対象にした配布に先立って、今月14日から全国の市町村に合わせて50万枚の発送が始まりました。

ところが、厚生労働省によりますと、17日夜までに80の市町村から、届いた布マスクの一部に「汚れがついている」とか「髪の毛やほこりが入っている」といった報告が相次ぎ、合わせて1900枚余りの不良品が見つかったということです。

布マスクの発注は複数のメーカーに行われており、厚生労働省はメーカーに対し、再発防止策を求めるとともに、不良品は新しいものと交換することにしています。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2020.4.18.】

政府配布の布マスクに「汚れ付着」「虫が混入」…不良品の報告相次ぐ

厚生労働省は18日、政府が国民に配布を始めた布マスクの一部に、汚れが付着するなどの不良品が見つかったと発表した。妊婦向けのものが中心だが、学校への発送分では虫の混入なども確認されているという。同省は不良品を回収し、交換に応じる方針。

同省によると、妊婦向けの布マスクは約1000万枚の配布を予定しており、14日から各自治体に発送を開始。だが16日以降、「変色している」「髪の毛が混入していた」などの報告が相次いだ。17日現在、報告は80市区町村の1901件に上る。

~省略~

【読売新聞 2020.4.18.】

布マスク「サイズが小さい」…15の質問に厚労省がHP上で回答

新型コロナウイルスの感染拡大によるマスクの品薄対策として、全国すべての世帯を対象にした布マスクの配布が17日から始まりましたが、受け取った人たちから「サイズが小さい」などといった問い合わせが相次いでおり、厚生労働省はホームページ上で15の質問についてQ&A形式で回答しています。

このうち、「布マスクのサイズが小さいと思うのですが、大人用ですか」という質問に対し、「今回配布する布マスクは縦9.5センチ、横13.5センチの市販の大人用のものであり、口と鼻を覆うために十分な大きさであると考えております」と回答しています。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2020.4.17.】

アベノマスク、正しい方法で洗ったのに「驚くほど縮んだ」

~省略~

「実物を見てがっかりして、洗ってみてさらにがっかりしました」

そう話すのは関西地方の介護施設のセンター長だ。

「第一印象は“ちっちゃい”でしたね。『安倍さんが使っているのと同じだ!』と職員の間で一瞬は盛り上がりましたが、実際に使おうとすると小さくて、アゴを隠せば鼻が出るし、鼻を隠せばアゴが出てしまう。あと、つけても息苦しくないので、『他人にうつさないのが主な目的とはいえ、こんなに通気性がよくて効果があるのか』という不安を口にする職員もいました。『これは現場では使えない』という意見がほとんどでした」

それでも、せっかく配布されたマスクだからなんとか活用しようとしていたセンター長が驚いたのは、使用後のマスクを洗った時だった。もちろん、感染予防にとりわけ注意を払う介護施設だから、洗濯・乾燥機に突っ込むといった適当な洗い方をしたわけではない。センター長はこう続ける。

「色んなところで推奨されている通り、洗剤を入れた洗面器にマスクを浸した後に、水道水ですすぎ、干して乾燥させました。揉み洗いするなど手荒なことは何もやっていないのに1回洗っただけで縮むし、しわくちゃになってしまった。2回洗うと、さらに小さくなってしまった(別掲写真のマスク)。こんなマスクをつけていたら、医療・介護現場はもちろんのこと、恥ずかしくて外出もできませんよ」

~省略~

【Yahoo!ニュース(NEWSポストセブン) 2020.4.18.】

安倍総理渾身の目玉政策「アベノマスク」!ただでさえ「小さすぎる」「1回洗っただけでしわくちゃに縮む」のに、「汚れ」「変色」「髪の毛・ほこり・虫混入」などの不良品も大量発生!

一体どうなっているのよぉ!?
安倍総理きっての目玉政策「アベノマスク」だけど、(予想していた通り)かなり酷い低品質の上に「汚れ」「変色」「髪の毛・ほこり・虫混入」などの不良品も大量発生してるみたいじゃないのよっ!
466億円もの血税を大量投入した上に、1・2回洗っただけでほとんど使えなくなっちゃうのなら、これほどまでに史上最悪のことはないわっ!!

「予想以上にちっちゃくて、1回洗っただけでしわくちゃに…」やら、汚れやほこり、虫などが侵入している「不良品が連発」やら、まさにアベノマスクは「安倍総理の分身」「安倍総理そのもの」と言ってもいいような、あまりにも粗悪で使えないシロモノみたいだね。

しかも、最も厳しいレベルでの衛生管理が求められるマスクにおいて、汚れや変色、異物が混入している報告がすでに1900件以上も寄せられているというのだから、これは看過していい問題ではない。
おまけに、安倍総理は「布だから洗って何度も使える」などとしきりに謳っていたけど、1・2回洗っただけでしわくちゃになって使えなくなってしまうのであれば、マスク不足の解消にもなんら効果を発揮しないし、むしろこれは完全なる虚偽宣伝というか、悪徳企業の誇大広告ではないか。

不良品の交換だけでも、さらに貴重な税金がどんどん失われてしまうし、やはり、このアベノマスクは、「安倍政権の本質」そのものを如実に映し出した、「史上最悪の税金の無駄遣い」という他ないね。

おまけに、「小さすぎる」との苦情が大量に寄せられているのに対して、厚労省による「口と鼻を覆うために十分な大きさであると考えております」との回答もあまりにひどいわ!
「どうにかこれで凌ぎなさい」って言ってるようなもんだし、この先一体どれだけの不良品が発生するのか、考えただけでも頭が痛くなってくるわぁ~!

製造元はひた隠し、(変色・異物混入などの)不良品は大量発生、一回洗っただけでしわくちゃに…こんなアベノマスクを一体誰が有難がって毎日着けるのだろうか?
何から何まで、安倍政権の本質や実態全てを物語っているし、まさに、この「アベノマスク」は、日本の末代まで永遠に語り継がれるような「世紀の愚策」となりそうだ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事