安倍総理の秋葉原演説、安倍応援のサクラに「謎の茶封筒」を渡す光景が…!ネット「万札以外に何がある?」「官房機密費から出てるのか?」

Pocket

どんなにゅーす?

・総裁選の投開票を目前に控えた2018年9月19日に行なわれた安倍総理の街頭演説会で、安倍陣営から動員されたサクラの聴衆が「謎の茶封筒」を受け取っている姿を捉えた写真が報じられ、ネット上で波紋を呼んでいる。

安倍首相の秋葉原街宣で白ステッカーの人物が参加者に謎の茶封筒を… 動員・恫喝・圧力で3選は決めたが

~省略~

また、『報ステ』のカメラは、チャーターされたと思しきバスから降り、会場に向かう人びとの姿を捉えていたが、バスから降りる人びとには問題の白いステッカーが配られていた。実際、「東村山からバスで来た」と言う人びとは、ステッカーを胸に貼り、グループで“特等席”に誘導されていた。

そして、『報ステ』のリポーターが、年配のグループに「いつもこうしていらしている感じなんですか?」と声をかけると、こんな返事が返ってきたのだ。

「動員がかかっているんだよ(笑)。大変だよ。川崎から来たんだから(笑)」
「1万人、最低集めなきゃいけないんだから」

まさに、なりふり構わない安倍陣営の動員作戦だが、さらに本サイトは、ある動画を入手。そこには、昨日の安倍首相の街頭演説会で、参加者に対し「茶封筒」が配られる様子が映し出されていた。

その動画では、「安倍支持」と書かれた紙を小脇に抱える眼鏡をかけた男性(以下、男)と、例の白いステッカーを胸に貼ったジャケットと白のパンツ姿の女性(以下、女)の姿が捉えられている。本サイトに動画を提供してくれた影者によると、演説会が終わったあと、駅近くのベンチ前で立つこの男と女に、参加者が次々と声をかけ、参加者らは安倍陣営のテーマカラーである赤色の布を男に返却。男は赤い布を手持ちのビニール袋にしまっていった。他方、女は参加者に茶封筒を渡していたという。ちなみにこの赤い布は、安倍首相の演説中に“動員特等席”で参加者らが振っていたものと思われる。

白ステッカーの人物から謎の茶封筒を受け取り帰路につく演説会参加者たち

これらの写真はその動画の一部だ。【写真1】は、演説会参加者と思われる若い女性がおじぎをし、女から茶封筒を受け取ったとみられる直後の場面だ。背中が写っている黒いTシャツの男性も、わかりづらいが同じように茶封筒を手にしている。この若い女性と黒いTシャツの男性は茶封筒を鞄に入れながら【写真2】、動画では、若い女性の話に対して女が「あー、そうですか! よかった」などと返答。そのあとは駅に向かって帰っていった。

さらに、そのすぐあと、今度は紺色のTシャツの男性が赤い布を持って男に「布って……」と話しかけ、男は「お預かりしますので」などと言って赤い布を回収しようとする。そこですかさず女が水色の鞄に手を突っ込み【写真3】、茶封筒を取り出し【写真4】、Tシャツ姿の男性に手渡した。撮影されていることに気づいたのか、男が壁となって立ちはだかり、茶封筒を女が手渡してTシャツ姿の男性が受け取った瞬間は動画では確認できないのだが、撮影者は「受け取っていたのは確かだ」と言う。状況的にも、それしか考えられないだろう。

「秋葉原駅に近い場所で演説を見ていたのですが、演説会が終わると、『安倍辞めろ』コールをつづける人たちとは対照的に、さっさと駅に向かって帰る人が多かったんですよ。『あっさりしているんだな』と思って周りを見渡していたら、そのなかに動画に映っている男女に話しかける参加者の姿を見つけました。気になって観察していたら、何やら挨拶を交わしたあとに茶封筒を渡していたので、『これは何をやっているのだろう』と。
ある2人組の参加者は、茶封筒をもらったあとも男女と『すごかったですね』とか『来られてよかったです』なんて談笑していた。一体、茶封筒の中身は何なのか。気になって男女と別れたその2人組に『何を受け取ったんですか?』と声をかけたら、『あなた何ですか?』と言われ、中身は教えてもらえなかったのですが……」(動画撮影者)

~省略~

本サイトでは、この件について自民党本部の総裁選挙管理委員会に対して質問状を送ったが、期限までに回答を得られなかった。

~省略~

【リテラ 2018.9.20.】

もはや「何でもあり」の安倍陣営!国民からの怒りの声を封じ込めるために、街宣車付近エリアから一般市民を全て締め出した上に、サクラには「謎の茶封筒」を手渡し!

出典:Twitter(@nikkeilive)

秋葉原での安倍総理の演説で、安倍陣営が大量のサクラを動員させて、徹底的なヤラセを敢行したことが話題になってるけど、さらにはサクラに対して「謎の茶封筒」を渡していたことが伝えられているわね。
一般人を街宣車の付近から徹底的に締め出した上で、安倍総理の周りを囲んでいたサクラには「茶封筒」を手渡しなんて…もはや安倍一派は「何でもあり」の状態になってきているわねっ!

安倍政権というのは、発足当時からマスコミやインターネットなどを通じて、様々な情報操作やヤラセ、ウソや騙しなどを駆使しながら、国民を騙し騙し飼い慣らしてきた文字通りの「虚構にまみれた政権」だけど、その経済(アベノミクス)・外交・社会保障まで、あまりにも当初の謳い文句と実態が違いすぎて、国民にとってもますます甚大な損害が発生し続けている状況の中、政権を無理矢理延命させようとすればするほど、どんどんとウソにウソを重ねていかなければならないような状態になってきているね。

安倍総理本人の発言も、元来の虚言癖がますますエスカレートしてきているけど、総裁選で当選するにも、ここまで国民を騙すためのヤラセやインチキを多用せざるを得ない段階にまで達していると言える。
スタート前からこんな調子なので、これから3年間安倍政権がさらに続くとなると、いよいよありとあらゆる発言や情報がことごとくウソまみれとなっていく可能性が大だし、マスコミが安倍政権を完全に見捨てない限り、報道内容も今以上にウソや隠蔽が激化していくことは間違いないだろう。

もぉっ!!ペテン師安倍一派のせいで、この日本がすでに世界でも稀に見るくらいのインチキ・虚構国家に成り果てている状態じゃないのよっ!!
こんなに言われるのが悔しかったら、マスコミもこの「謎の茶封筒の件」とか、「山口敬之氏のレイプ逮捕揉み消し事件」とか「ケチって火炎瓶事件」とかをちゃんと伝えなさいよっ!

ここまで露骨なインチキを繰り返さないと持たない状態なんだから、国民が本気を出して一致団結して安倍政権に向かって立ち上がっていけば、結構簡単に倒れると思うけどね。
1%の権力層と99%の民衆との分断、そして民衆同士での分断も激化していて、99%の弱体化が進んでいることを感じるけど、安倍政権が1%の権力層への優遇政策を続ける限りますます一般社会には国民を騙すための露骨なウソが多数出回り、モラルや倫理の崩壊が極限のところまで進んでいく可能性が大だね。

おススメ記事&広告

 
Pocket