イージス・アショアの配備計画を停止!住民からの反対の声に加え「安全性」に重大な欠陥か!河野防衛相「相当のコストと期間を要することが判明した」

Pocket

どんなにゅーす?

・2020年6月15日、河野防衛相が、導入に向けて本格的に動いていた地上型迎撃ミサイルシステム(イージス・アショア)の配備計画を停止することを発表した。

・イージス・アショアは、配備候補地にとなっていた秋田や山口など、地元住民から大きな反対運動が起こっていた上に、防衛省による”虚偽データ”の発表や住民説明会での”居眠り事件”など、不祥事が連発していた。

・河野防衛相は、計画停止の理由について、迎撃ミサイルの推進装置であるブースターが所定の場所に落下せず、住民に危険が及ぶ可能性があることが分かったと説明。システムの改修について「相当のコストと期間を要することが判明した」と説明している。

河野防衛相「イージス・アショア」配備計画停止を表明

河野防衛大臣は、新型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の山口県と秋田県への配備計画を停止する考えを表明しました。これにより日本のミサイル防衛計画の抜本的な見直しが迫られることになります。

「イージス・アショア」は、アメリカ製の新型迎撃ミサイルシステムで、政府は、山口県と秋田県にある、自衛隊の演習場への配備を計画していました。

このうち、山口県の演習場への配備について、河野防衛大臣は15日夕方、記者団に対し、迎撃ミサイルを発射する際に使う「ブースター」と呼ばれる推進補助装置を、演習場内に落下させると説明していたものの、確実に落下させるためには、ソフトウェアの改修だけでは不十分だと分かったことを明らかにしました。

そのうえで「ソフトに加えて、ハードの改修が必要になってくることが明確になった。これまで、イージスアショアで使うミサイルの開発に、日本側が1100億円、アメリカ側も同額以上を負担し、12年の歳月がかかった。新しいミサイルを開発するとなると、同じような期間、コストがかかることになろうかと思う」と述べました。

そして「コストと時期に鑑みて、イージス・アショアの配備のプロセスを停止する」と述べ、配備計画を停止する考えを表明しました。

こうした方針をNSC=国家安全保障会議に報告して、政府として今後の対応を議論するとともに、北朝鮮の弾道ミサイルには当面、イージス艦で対応する考えも示しました。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2020.6.15.】

「技術的不備」イージス・アショア事実上撤回 安倍政権の求心力低下不可避

秋田、山口両県に配備する予定だった陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」について、河野太郎防衛相が配備を停止する方針を表明した。秋田での反発を招いたうえに、最終的には技術的な不備が判明し、事実上撤回に追い込まれた。安倍晋三首相が繰り返し必要性を主張してきたイージス・アショアの配備停止で政権の一層の求心力低下は避けられない状況になり、日本の安全保障の根幹を揺るがす事態となった。

~省略~

【毎日新聞 2020.6.15.】

安倍総理による(米軍産のための)イージス・アショア計画が事実上破綻!以前安倍総理は、必要性を質した野党に対し「自宅から通える」などと失笑もののアピール!

出典:Wikipedia

これはまた、とても大きなニュースが入ってまいりました!
イージス・アショアについては、これまで軍事の専門家の中からもその性能を大きく疑問視する声が上がっていたうえに、言い値同然の莫大な費用(総額1兆円以上)で購入させられることが確実となっていた中で、私たちにとっては大きな朗報ではないでしょうか。

どんな契約を結んでいるのかがはっきりしていない中で、計画の撤回に伴ってどれだけ日本側がお金を出すことになるのかが不明だけど…とりあえず維持・管理費も含めて凄まじい額の無駄金を出さずに済んで本当に良かったね。

それにしても、ネット上を軽く見たところ、こうした政府の「イージス・アショア断念」に対して強く批判している連中がいるんだけど、一体どういう神経をしてるんだ?
河野防衛相も認めざるを得ないほどに、付近の住民に重大な危険が及ぶ可能性があるというのに…多くの日本国民が死ぬことよりも、(本来の効果がほとんど見込めない)粗悪な防衛品を日本政府に売りつけることによる米軍産の利益を最優先するという、まさしく、「米戦争屋の忠実な使用人」みたいな連中が、「愛国者」を装いながら日本のネット上にうごめいているぞ。

本当に日本のネット上は、(米国などもそうですが)フェイクや騙しに満ちた「ペテン勢力」が大量に跋扈していますね…。
しかし、このように、日本政府が事実上の撤回に追い込まれたのも、地元の人々がしっかりと大きな声で反対運動を行なったことも大きかったでしょうし、やはり「イージス・アショアの購入即断」は、安倍総理による、(その場の思い付き同然の)トランプ氏のご機嫌を取るための浅はかなパフォーマンスだったことがますますはっきりしてきましたね。

なんせ、イージス・アショアの必要性に疑問を唱える野党議員からの質問に対して、安倍総理が強調したメリット「隊員が自宅から通える」だからね。
導入計画そのものは事実上破綻したものの、これまでに発生したお金が無駄になってしまったのは地味にデカいし、日本国民の利益よりも、自らの儲けや米軍産の利益誘導ばかりを最優先してきた安倍総理を徹底的に追及していく必要がある。
トランプ政権も、日本から米軍を引き揚げさせる動きを見せてきている中で、同じく「安全性やコストに重大な問題がある」沖縄の辺野古基地についても、政府は中止を決断する時期に差し掛かっているんじゃないかな。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 

 関連記事