■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

工藤会のトップに死刑判決!指定暴力団のトップで初!福岡県警「壊滅までいささかも手を緩めることない」→ネットでは、安倍前総理による「ケチって火炎瓶事件」が蒸し返される!

工藤会のトップに死刑判決!指定暴力団のトップで初!福岡県警「壊滅までいささかも手を緩めることない」→ネットでは、安倍前総理による「ケチって火炎瓶事件」が蒸し返される!
Pocket

どんなにゅーす?

・2021年8月24日、特定危険指定暴力団「工藤会」が4人の市民を拳銃や刃物で襲って死傷させた事件について、福岡地裁は、総裁の野村悟被告に対して死刑、ナンバー2の田上不美夫被告に対して無期懲役を言い渡した

・判決に対して、野村被告は「こんな裁判あるんか。あんた、生涯、この事後悔するよ」と裁判長を早速脅迫。福岡県警は「壊滅までいささかも手を緩めることない」と異例の徹底抗戦の姿勢をみえる中、ネット上では、安倍前総理が、工藤会とかかわりを持つ人物に子飼いの対立候補の選挙妨害を依頼した後に報酬をめぐってトラブルになり、工藤会によって自宅に火炎瓶を投げ込まれた通称「ケチって火炎瓶事件」が再び話題になっている。

特定危険指定暴力団「工藤会」トップに死刑判決 福岡地裁

~省略~

特定危険指定暴力団「工藤会」は平成10年から26年にかけて北九州市や周辺の地域で漁協の元組合長を射殺したほか、元警察官や看護師ら3人を拳銃や刃物で襲う事件を相次いで起こしました。

警察は「壊滅作戦」と呼ぶ徹底的な取締りを行って組織のトップで総裁の野村悟被告(74)を逮捕し、検察は殺人などの罪で起訴しました。

これまでの裁判では「トップの指示があったかどうか」が争われ、実行役への指示などを示す直接的な証拠がない中、検察は被告が犯行の首謀者だとして死刑を求刑したのに対し、被告側は関与を否定して無罪を主張していました。

24日の判決で福岡地方裁判所の足立勉裁判長は、冒頭で結論にあたる主文を述べず、判決の理由を先に読み上げました。

その中で裁判長は、厳格な統制がなされた暴力団組織である工藤会で野村被告の意思決定なしに犯行が行われたとは考えられないなどとして、4つの事件すべてで首謀者として関与したと指摘しました。

そして「暴力団組織が一般市民を襲撃するという極めて悪質な犯行で、社会に与えた衝撃は計り知れない。被告から反省の情を見て取ることはできず、有利な事情を最大限考慮しても極刑を回避すべき特段の事情は見いだせない」などとして、死刑を言い渡しました。

指定暴力団のトップに死刑が言い渡されたのは初めてとみられます。

また、同じく4つの事件で起訴されていた組織のナンバー2の田上不美夫被告(65)に対して、足立裁判長は無期懲役の判決を言い渡しました。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2021.8.24.】

出典:YouTube

【ドキュメント】工藤会トップ判決 「こんな裁判あるんか」

~省略~

【最新】午後4時ごろ、死刑判決を言い渡されると、野村被告は「公正な判断をお願いしたんだけど、全部推認、推認。こんな裁判あるんか。あんた、生涯、この事後悔するよ」と足立勉裁判長に向かって強い口調で発言した。無期懲役を言い渡された田上被告は「ひどいな、あんた、足立さん」と述べた。裁判長は2度、「退廷してください」と求めた。

工藤会の「壊滅作戦」を進めてきた福岡県警の野村護本部長は判決について「あくまでも通過点。壊滅に至るまでいささかも手を緩めることなく、諸対策を徹底して進めていく」と強調。「工藤会組員の諸君は、判決をひとつの区切りとして、勇気をもって工藤会と決別し、更生の道を歩んでほしい。県警がしっかり支援していくので、いつでも相談してもらいたい」と“離脱”を呼び掛けた。

野村悟被告の弁護人は「とんでもない判決です。ひどい判決。それだけ」と述べ、判決を不服として控訴する考えを示した。

~省略~

【西日本新聞 2021.8.24.】

工藤会トップの死刑判決を機に、安倍前総理が全力で葬りたい「ケチって火炎瓶事件」が再び大きな話題に!

↓当時「ケチって火炎瓶事件」を最前線で追っていたジャーナリスト・山岡俊介氏が、新宿で何者かから階段から突き落とされて大ケガ。

追及者が不審事故 安倍首相“#ケチって火炎瓶”が世界に拡散

国際ジャーナリスト組織「国境なき記者団(RSF)」が28日付で〈日本は、首相とヤクザの関係を調査するジャーナリストの不審な転落事故を捜査しなければならない〉との声明を出した。過去の山口県下関市長選を巡る安倍事務所の“火炎瓶騒動”を取材するジャーナリスト・山岡俊介氏が遭った不審な転落事故について、当局による捜査を要請。安倍首相の過去の重大疑惑は、いよいよ世界の知るところとなった。

~省略~

この事件を長年追及する山岡氏は8月7日夜9時ごろ、東京・新宿アルタから地下鉄駅に通じる階段上から転落。肩を骨折し、額を7針縫う全治1カ月の大ケガを負った。山岡氏に当時の状況を聞いた。

「後ろから押された感覚はありませんが、当時、私は酔っていたわけでも、体調が悪かったわけでもありません。体力には自信がある方ですから、普通なら踏ん張ったり何かにつかまろうとするはず。ところが、救急車を呼んでくれた方によると、前転するように上から下まで真っ逆さまに転げ落ちたといいます。私は過去に脅迫状を自宅に送り付けられたこともありますから、今回の一件も何かしらの力が働いたと疑わざるを得ません」

RSFは声明で〈(山岡氏が)取材していた対象を考慮すると、このような不自然な転落は本格的な捜査に値するが、現在行われていない〉と指摘。〈日本のジャーナリストは、安倍首相が12年に政権を取って以来、自分たちに対する不信と敵意の雰囲気があると不満を抱いている〉と、安倍政権の報道に対する姿勢まで批判している。世界に拡散しつつある「#ケチって火炎瓶」疑惑。このまま放置していいのか。

【日刊ゲンダイ 2018.8.31.】

これまでも数々の凶悪事件を引き起こしてきた工藤会のトップ2人に、死刑判決と無期懲役が言い渡されたことが大きな話題になっているわ。
確かに、予想を大きく超えるかなり厳しい判決が出されたけど、ネット上では、これを機に、安倍前総理が子飼いの候補者の対立候補に嫌がらせ(怪文書バラマキなどの選挙妨害)をするために、工藤会とかかわりを持つ人物に裏工作を依頼したものの、報酬をケチったことで、工藤会によって自宅に火炎瓶が投げ込まれた通称「ケチって火炎瓶事件」が大きく蒸し返されることになっているわ。

ああ。3度目の総理登板を狙っているような動きを見せてきた安倍前総理がなんとしても触れられたくない「黒歴史」が、これを機に大きく掘り返されてしまってるね。
ボクも今回の死刑判決にはかなり驚いたけど、(自分が選挙妨害依頼に対する報酬をケチったのが原因になったとはいえ)安倍前総理も自宅を放火されたことには今でも強く根に持っているだろうし、(直接的にしろ間接的にしろ)安倍前総理からの後押しもあって今回の判決が出た可能性もありそうだね。
でも、いくらトップを死刑にしたところで、(オウムのように)その弟子や子分が本格的に報復に出てきたりなど、ますます凶暴化する可能性もあるし、工藤会をめぐる一連の問題は、この先が最も重要かつ緊迫した展開になっていくかもしれない。

そうね…。
ちなみに、これは余計な情報かもしれないけど、「ヤワラちゃん」こと(元民主党議員の)谷亮子さんのお父さんも工藤会と相当密に関わっていたらしいし、安倍さん以外にも工藤会と何らかの形でかかわっている政治家がいるのではないかしら?

そうだね。
何らかの「政治的な力」が働いて、控訴審では判決が覆る可能性もあるし、今後の工藤会がどのような動きを見せるかについても、最大級の警戒感をもってウォッチしていく必要がありそうだ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事