安倍政権が新型コロナ「放置宣言」!「詳細な検査はやらない(隠蔽モード)」「各自で対応して(死んでも自己責任)」…TVもほぼ無批判のまま政府見解を垂れ流し!

Pocket

どんなにゅーす?

・新型コロナウイルス(COVID-19)の国内感染が拡大期に突入してきた中、安倍政権と政府専門家会議が打ち出した基本方針に対し、国民から怒りの声が殺到している。

・検疫官も含む政府関係者の間でも感染が相次いでいる中、政府は、これまでの基本方針を概ね継続していく形で、「軽症の場合は自宅療養」「重症化しない限り検査は行わない」「各自で人が集まる場所にはなるべく行かないように」など、「国内感染の全体像を把握する気もゼロ(隠蔽する気は満々)」「ほとんど全て国民任せ」の方針を明らかに。改めて、世界でも例を見ないほどの「棄民対応」を続けている。

・また、一部のTV番組(サタデーステーションやモーニングショーなど)をのぞき、多くのTVでは、安倍政権の意向に沿った「御用コメント」が飛び交っており、国民全体の警戒意識に水を差すような風潮が広がっている。

新型コロナウイルス 政府 対策基本方針を決定

~省略~

政府は25日昼、総理大臣官邸で新型コロナウイルス対策本部を開き、感染の拡大に備えた対策の基本方針を決定しました。

基本方針では、現在の状況について「国内の複数地域で感染経路が明らかではない患者が散発的に発生し、一部地域には小規模な集団感染が把握されている状態だ」としています。

そのうえで、感染経路について「飛沫か接触感染で空気感染は起きていないと考えられる」とする一方、「閉鎖空間で近距離で多くの人と会話するなど、一定の環境下であれば、せきやくしゃみがなくても感染を拡大させるリスクがある」と指摘しています。

また、重症度は、致死率が極めて高い感染症ほどではないものの、季節性のインフルエンザと比べて高いリスクがあるとし、高齢者や基礎疾患がある人は重症化のリスクが高いと分析しています。

そして、感染拡大の防止策を講じ、患者が増加するペースを可能なかぎり抑えるとして、国民や企業に対して発熱などかぜの症状がみられる場合には、休暇を取得したり外出を自粛したりすることや、テレワークや時差出勤の推進を強力に呼びかけるとしています。

また、イベントの開催は現時点で、全国一律の自粛要請は行わないものの、感染の広がりなどを踏まえ、開催の必要性を改めて検討することなどを求めています。

さらに、臨時休校などについて、学校が適切に実施するよう都道府県から要請することにしています。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2020.2.25.】

「検疫官などは検査対象外」の方針変えず 「専門知識ある」

クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の船内で業務にあたった検疫官1人の感染が新たに確認されましたが、厚生労働省はウイルス検査の対象から検疫官などを外している現在の方針を変えず、症状が出た場合などに検査を実施するとしています。

「ダイヤモンド・プリンセス」の船内で業務にあたった厚生労働省の職員のほとんどが、ウイルス検査を受けずに職場に復帰していたことが明らかになり、職員から不安の声が上がっていました。

このため厚生労働省は22日、船内で事務業務を行った41人や今後業務を行う事務職員については症状の有無にかかわらずウイルス検査を行うことを決めました。

その一方で「専門知識があり、予防対策ができている」として検疫官や医師や看護師の資格を持つ職員は、症状がない場合には原則として検査を行わず、発熱や呼吸器系の症状が出たり感染者と濃厚接触したりした場合に検査を実施するとしています。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2020.2.24.】

早速安倍政権が「隠蔽モード」に突入!「あとは勝手に対策して」の基本方針に対して、厳しく批判したのは一部番組と良心的な専門家だけ!

安倍政権が、私たちが強く危惧していた通り、早くも「隠蔽モード」に突入してきました。
感染が疑われる人への詳細なウイルス検査についても、「検査キットの数が足りない」などの理由で「(重症化しない限り)検査しない」と明言
そして、発熱などの症状が出た場合には、病院に行かずに、基本的に自宅にこもって自分の力で何とかするようにと国民に向けて「お願い」。(それでも重症化した場合は関係機関に相談)

その他の感染予防対策も全てが「国民や自治体任せ」で、感染実態の詳細な把握を徹底的に拒絶しつつ、あらゆる責任を”完全放棄”する方針を打ち出しています。

もぉ、ここまで来たら、私たちを大量に殺そうとしているとしか思えませんですぅ~~!!
こんなこと、ほんとに正気で言っているんですかぁ~!?

とにかく、こんなふざけまくった方針、絶対に認めるわけにはいかないわっ!!
これまで散々高い税金や保険料を搾取しまくってきたくせして、挙句に私たち国民の健康や命を奪おうとしているなんて…こんな狂った話があるわけないでしょうがっ!!

あのクルーズ船の状況をみても、このウイルスが強力な感染力を持っているのはど素人でも分かると思うんだけど…今でもなお「国内の複数の地域で感染経路が明らかではない患者が散発的に発生している」やら「飛沫か接触感染で空気感染は起きていないと考えられる」なんて言っているんだから、呆れて物も言えない。
しかも、「サタデーステーション」や「モーニングショー」(どちらもテレ朝)では、岡田晴恵先生が国民の命を最重視した良心的なコメントやメッセージを毎回発信してくれているものの、その他多くのテレビ番組は、いまだに安倍政権の意向をくみ取った「御用(インチキ)専門家」が、事の本質をぼやかすコメントに終始しており、グローバル資本勢力や安倍政権とともに爆発的な感染をわざと誘導しているかのような動きを見せている。

当サイトでは、開設以来、ずっと一貫して安倍政権の正体や実態について、最大級の警鐘を鳴らし続けてきたんだけど…ほとんど全てが危惧していた通りの展開となってきたとしか言いようがない。
安倍一族のルーツや歴史的背景を見ても、この政権が日本国民を潜在的に恨んでいる、世にも恐ろしい「棄民・売国政権」なのは簡単に分かるはずなんだけどね。)

すでに、支持者を騙し続ける気も全くなくなったのか(あるいは騙し続ける必要がなくなったのか)、本格的に大量の国民を殺すことも全く厭わないような”棄民”の本性をむき出しにし始めてきたし、まあ、世界支配層の言いつけ通りに、日本破壊の「最後の仕上げ」に入ってきたということなのだろう。

ようやく、大手マスコミにおける政権支持率が大きく下落してきているけど、それでもまだ、何かのきっかけでいつでも復活できるような「安全水域内」にいるし、何より自民党内においても、次期総裁をめぐる権力争いが全くといっていいほど起こっていない
言うまでもなく、野党の支持も全く上がっていないし、このままでは、おびただしい数の国民がウイルスに感染し、大勢の人々が命を落としたとしても、「それでも安倍」の展開が待っている恐れがある。

こうなると、日本が木っ端みじんにされてしまうまで安倍政権が続いていくことになるし、あらゆる部分で非常にまずい流れになってきているよ。

ほんとに冗談抜きでとんでもない展開になってきたわね…。
私も、これまで以上に感染予防策を徹底していこうと思うし、みんなも本当に気を付けてね!

ほんとに大変なことになってしまいましたねぇ…。
私もこれまで以上に気を付けていきますぅ!

最悪の場合、爆発的な感染拡大による医療崩壊と経済崩壊が待っていることが予測されますので、まずは一人一人が徹底した感染防止策を行ないつつ、「奴隷思考からの脱却」によって、「先を読む力」と「自分自身の身を守っていく能力」をより高めていくことが求められるのではないでしょうか。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 

 関連記事