イージス・アショアの導入費用が想定より大幅に上回る!2基で総額6千億円超に!ネット「それだけの金があれば災害対策に回せ」「(米軍産の)奴隷の島」

Pocket

どんなにゅーす?

「北朝鮮からのミサイル攻撃の脅威に対応する」との触れ込みで、安倍政権が米国からイージス・アショアを購入することを決めたものの、その導入費用が想定より大幅にオーバーしていることが明らかになった。

・当初、導入費用は1基800億円ほどの想定だったものの、防衛省試算で2基で6000億円超との情報も出ており、すでに北朝鮮のミサイルの脅威が大きく薄れている中での莫大な支出に対し、怒りの声が殺到している。

イージス・アショア
2基2500億円 2~3割増額

防衛省が2023年度の配備を目指す陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」2基の導入費用が従来の見積額より2~3割増え、2500億円前後に上る見通しとなった。政府関係者が明らかにした。イージス艦のレーダーの倍以上の探知・追尾能力を持つ米国製新型レーダーの採用を決めたことで、上方修正した。防衛省は来年度予算の概算要求に詳細設計などの費用を盛り込む方針だ。

防衛省は当初、イージス艦の建造費を参考に導入費を「1基約800億円」と試算。

【毎日新聞 2018.7.22.】

イージス・アショア 2基で総額6千億円超 関連施設など含めると想定の3倍に 防衛省試算

防衛省が地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の導入費用について、2基で総額6千億円以上となると試算していることが22日、分かった。米国から購入するミサイル発射システムや最新鋭レーダー、デッキハウス(建物)などの主要装置に加え、イージス・アショア自体の防護対策や弾薬庫など関連施設も必要となるため、当初の想定以上に費用が膨れあがった。

防衛省は今後5年程度をかけて段階的に関連予算を計上し、平成35年度の運用開始を目指す。複数の政府関係者が明らかにした。

防衛省は北朝鮮の弾道ミサイルなどの脅威に備えるため、イージス・アショアを秋田、山口両県に1基ずつ配備する計画だ。費用については「2基で約2千億円」と説明しているが、ここに含まれるのはミサイル発射システムやレーダーなど主要装置のみで、実際の運用に必要な弾薬庫など関連施設は入っていない。

【産経新聞 2018.7.23.】

すでに北朝鮮のミサイルの脅威が大幅に低下している中、当初「1基800億円」と言われていたイージス・アショアが、いつの間にか「2基で総額6000億円」に!

早速、イージス・アショアの導入費用について、「いつものパターン」になってきているわねっ!
すでに、北朝鮮のミサイルの脅威も大幅に低下しているっていうのに、一体これはどうなっているのよ!?

またしても、安倍政権は、ただひたすら米軍産に日本国民の富を大盤振る舞いで献上するばかりの、「最凶の売国」を繰り広げている状況だね。
東京五輪などでも当初は「コンパクトな五輪を」などと言いながら、蓋を開けてみればとんでもない額(2兆円超)に膨れ上がっていたけど、今回も全く同じパターンで、むしろ、当初はわざと少なめに見積もっていたのではとの疑いも生じてくる。

ネット上では、「これらを被災地に回せばどれだけ国が救われるか…」と嘆く声も多いけど、まさしく、この国は米・イスラエル軍産や国際金融資本勢力に国民の富をばらまく政権ほど「強い権力」を保障されるという、主権国家とはほど遠い「グローバリストの傀儡(エセ民主主義)国家」だ。

これらの凄まじい売国を繰り返しているからこそ、安倍3選も既定路線になっており、支配層から一定程度のお墨付きをもらっている状況というわけだ。

この状況をどうにかするには、国民自身が一致団結し、グローバル資本に対する大きな反対の動き(反エリート・反エスタブ)を起こすことしか方法がなく、欧米ではすでにこうしたカラクリに気がついた人々が、反グローバリズムの政治家を育て、支援する運動が広がってきている

すでにこの国は、一昔以上に「究極の貧富の格差」を生み出すグローバリズムが相当なまで進行してしまっており、このままだと、安倍政権による「国民見殺し政治」がどんどん過激化しては、ますます軍産や銀行家に国富をばらまく政治が進んでいくことだろう。

ほんとに、あの一時期の、北朝鮮への恐怖を煽りまくるキャンペーンは一体なんだったのよぉ!!
この、イージス・アショアを日本が買うためのキャンペーンだったようにも思えるし、どこまで行っても、グローバリストの支配層にいいように操られまくってる私たち日本国民ってことね!

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

   
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。