【信用度ゼロ】「東京の感染者急減は『積極的疫学調査の縮小』」の疑いについて、都モニタリング会議メンバー・大曲医師が否定!→上昌広医師「御用学者と告白しているようなもの」

Pocket

どんなにゅーす?

・東京都が発表している新規コロナ感染数が急減少している中で、「積極的疫学調査の縮小が影響しているのでは」との疑いが広がっている中、都のモニタリング会議のメンバー・大曲貴夫医師が「データを見る限りそれはない」などと否定した。

・都側が否定する根拠としては、調査の縮小が発表される前から「事実上追い切れないケースが続出している」といったもので、「保健所によってはすでに全然やっていなかったようだ」といった話も。こうした事態に対し、国民からはさらなる不信感を唱える声が噴出している。

東京のコロナ感染者急減、「積極的疫学調査」縮小したから? 専門家は「無関係」

~省略~

追跡調査を縮小したため、これまで追えていた軽症者や無症状者を見逃しているのでは―。疑問は主にこうした見方に基づいている。

「データを見る限りそれはない」。都のモニタリング会議メンバーを務める国立国際医療研究センターの大曲貴夫医師は否定する。

根拠の1つは、感染経路不明者の割合だ。追跡調査で見つかる感染者は感染経路が特定できる。その調査を縮小すれば、全体の感染者に占める不明者の割合は上がるはず。しかし都の感染者状況を分析すると、縮小通知の前後で不明者の割合は62・9%から51・3%とむしろ減少している(5日現在)。

もう一点は、無症状者の数だ。追跡調査によって確認した感染者は、自覚症状のない人が多い。調査縮小の影響が出ているなら、無症状の割合は下がる。だが感染者に占める無症状者の割合を通知前後で比べると、18・9%から23・5%(同)に上昇している。

では、調査縮小による影響がみられないのはなぜか。そもそも通知の前後で、保健所の調査方法に大きな変化はないとの声がある。複数の保健所によると、昨年12月ごろからの感染者増で、事実上追い切れないケースが続出。23区のある保健所の所長は「前から濃淡は付けている。通知によって変わったことはない。保健所によってはすでに全然やっていなかったようだ」と説明。都の職員も「通知は実態に合わせた面がある」と明かす。

~省略~

【東京新聞 2021.2.7.】

都は無自覚感染8万人超の恐れ 小池知事“密”つくるも平然

~省略~

厚労省は5日、過去に新型コロナウイルスに感染したかどうかを調べる「抗体検査」の結果を発表した。対象は東京、大阪、愛知、福岡、宮城の5都府県の計約1万5000人。昨年12月14~25日に希望者から無作為に抽出し、実施した。都では3399人のうち、抗体が確認されたのは31人。保有率は0.91%だった。

気がかりなのは実際の陽性数との差だ。抗体がつくられる期間を考慮し、検査時期に近い昨年12月7日時点を見ると、都の累計陽性者数は4万3992人。人口比は約0.32%で、抗体保有率の方が0.6ポイントほど高い。

「検査対象に偏りがあり、完全に実態を捉えた調査とは言えませんが、抗体保有率と実際の陽性率の開きの分だけ、感染していても無症状などで気づかない人が一定数いると考えられます」(厚労省結核感染症課)

都内の陽性率と抗体保有率の差を単純計算で人口に当てはめると、約8万3000人に上る。これだけの感染者が無自覚のまま出歩いている恐れがあるのだ。なのに、小池都政は感染経路や濃厚接触者を調べる「積極的疫学調査」を高齢者施設などに絞り、縮小。市中感染は野放しだ。

~省略~

【日刊ゲンダイ 2021.2.7.】

都の関係者が「東京の感染者急減は『積極的疫学調査を縮小』したから?」の疑いを否定するも、その根拠は「前からすでにできてなかったから」!PCR検査数も相変わらず減少傾向!

出典:東京都

東京都の感染数が急減している背景に、「『積極的疫学調査の縮小』が影響しているのでは?」との疑いの声が広がっていることに対して、都の関係者がこれを否定しました。
しかし、この根拠に挙げているのが、「前からすでに(積極的疫学調査が)できてなかったから」などといったものなどで、ますます国民から不信感の声が噴出する事態になっています。

最近の日本の行政は、一昔前と比べても、信頼性やモラルが本格的に崩壊してきており、安倍政権下において国家ぐるみで公文書の改ざんやデータの捏造などが横行してきたことを筆頭に、大阪や東京などの地方行政においても質の劣化が著しく進んでいるのが現状だ。

日本政府も東京都も、自分たちのコロナ対策の失敗を覆い隠したい上に、東京五輪を何としても強行開催したい思惑がある以上、様々な手を使ってどうにかコロナ感染数を少なく見せかけたい意識が働いているのは確実だし、そうした「事実」を念頭に置いたうえで、行政が発表しているコロナ感染数については「一定程度の距離」を持って受け取っておく必要があるのは言うまでもない。

ボク自身の見立てでは、「確かに、コロナ感染のスピードは落ちている(あるいは徐々にピークが去りつつある)ように見えるものの、これをより顕著に見せかけるための”操作”が行なわれている」ということを疑っている。
(しかし、変異株の感染が一部の地域で徐々に広がり始めている中、再び全国的に大きな感染爆発が起こっていく可能性も否定できないだろう。)

都が発表している上のPCR検査数を見ても相変わらず「減少傾向」が続いているし、さらにいえば、「前からすでに積極的疫学調査ができてなかった」との主張もどこまで本当のことなのかが分からないからね。

こうやって、わざわざさらなる批判を招くような根拠(言い訳)を持ち出してきたのも、明確に否定できる根拠を持ち合わせていないからなのではとも思えてきますし、いずれにしても、(東京や大阪をはじめとした)グローバリストが支配している大都市や政府の発表を何の疑問も持たずに盲信することはいささか危険ではないでしょうか。

上昌広医師が(国民間で広がっている疑いの声を否定している大曲医師に対して)「御用学者と告白しているようなもの」と厳しく批判しているけど、ボクも同感だ。
今や日本の政府や自治体お抱えの学者たちは「1%による情報操作を補強させるための”洗脳要員”」と化してしまっているのが現状だし、ボクたちは、俯瞰的かつ論理的な視点を見失わないようにしながら、公に発表・報道されているあらゆる情報の「裏側にあるもの」を常に想像し、分析し続けていくことこそが、自分たちの生命・健康を守っていくために必要不可欠なことなのではと思っているよ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

   
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事