■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

朝日新聞による「五輪中止」を求める社説に各界から波紋!橋下氏も早速噛み付き!「五輪中止を主張するなら、甲子園の中止も言わないとダブルスタンダード」

朝日新聞による「五輪中止」を求める社説に各界から波紋!橋下氏も早速噛み付き!「五輪中止を主張するなら、甲子園の中止も言わないとダブルスタンダード」
Pocket

どんなにゅーす?

・2021年5月26日、朝日新聞が「夏の東京五輪 中止の決断を首相に求める」との社説を発表東京五輪のオフィシャルパートナーである同社が五輪の中止を求めたことに対して、各界で大きな波紋が起こっている。

・この朝日の社説に対し、早速、橋下元大阪府知事が噛み付き。「さすがにこれは通らんやろ。こんな二重主張が許されるなら政治家や僕らは楽なもの。」と同社を強く非難した上で「オリンピックの中止を主張するなら、甲子園の中止も言わないとダブルスタンダード」などとツイートし、多くの突っ込みの声が寄せられている。

(社説)夏の東京五輪 中止の決断を首相に求める

新型コロナウイルスの感染拡大は止まらず、東京都などに出されている緊急事態宣言の再延長は避けられない情勢だ。

この夏にその東京で五輪・パラリンピックを開くことが理にかなうとはとても思えない。人々の当然の疑問や懸念に向き合おうとせず、突き進む政府、都、五輪関係者らに対する不信と反発は広がるばかりだ。

冷静に、客観的に周囲の状況を見極め、今夏の開催の中止を決断するよう菅首相に求める。

~省略~

【朝日新聞 2021.5.26.】

朝日新聞「五輪中止」社説で主張したけど「オフィシャルパートナーは続けます」

朝日新聞は5月26日付朝刊に「夏の東京五輪 中止の決断を首相に求める」とする社説を掲載した。スポンサー契約を結ぶ新聞社のうち、「中止」を明言した社ははじめて。

~省略~

弁護士ドットコムニュースは朝日新聞に対し、▼なぜ週刊ポストの取材に対し、反対を明言せず、今日このタイミングでの社説になったのか、▼社説は編集局のみならず、社の総意と考えて良いか、▼五輪に絡めた販促キャンペーンなどを今後どうするか、▼五輪が開催された場合、競技の報道はするのかーーなどを尋ねた。

朝日新聞からは、まとめて回答するとして、以下の返答があった。

「オフィシャルパートナーとしての見解は朝日新聞社のコーポレートサイト (https://www.asahi.com/corporate/info/14357747)に掲載いたしました。

そちらにもありますように、オフィシャルパートナーとしての活動と言論機関としての報道は一線を画しています。

社説などの言論は常に是々非々の立場を貫いています。

一方、オフィシャルパートナーとしての活動は、感染状況などを注視し、続けてまいります。

組織委員会には1名が出向しています。 五輪に関わる事象については引き続き、時々刻々、公正な視点で報じていきます」

これに対し、五輪が開催された場合、オフィシャルパートナーとしての活動は続けるのかを再度尋ねたところ、

「追加のご質問をいただきましたが、先ほどお送りした回答限りとさせていただきます」

との返事があった。

【Yahoo!ニュース(弁護士ドットコム) 2021.5.26.】

朝日新聞が社説で五輪開催中止の訴え「意見は当然。状況改善に期待」武藤氏

東京オリンピック(五輪)・パラリンピック組織委員会の第45回理事会が26日、都内で行われ、終了後に武藤敏郎事務総長(77)が会見した。

大会オフィシャルパートナーである朝日新聞社が、朝日新聞の社説で開催中止を求めたことについて質問が飛んだ。武藤氏は「いろいろな報道機関が、いろいろなご意見を持つことは当然のことだろうと思います」とした上で「私どもは、開催するためにコロナの感染状況をできるだけ抑え込んでいく。抑え込まないと皆さん不安ですし、各自治体が対策を講じている。その対応が功を奏して、状況が改善していくことに期待している」と語るにとどめた。

~省略~

【日刊スポーツ 2021.5.26.】

「PCR検査を拡大させるな」と叫びながら「微熱でPCR検査」を受けた橋下氏による「デタラメツイート」に突っ込み殺到!

まーた橋下氏がおかしな発言をして人々をミスリードしようとしているわっ!!
幸い、多くの人から突っ込みが入っているお陰で詭弁がバレバレになってるけど、相変わらずろくなツイートをしてないわねっ!!

そもそも、散々「PCR検査を何としても拡大させるな」などと叫んでおきながら、微熱が出ただけですぐにPCR検査を受けた橋下氏がどんな偉そうなことを言っても、説得力ゼロどころかマイナス100だよね。
(表面的には中立を装い、批判的な意見を発しているように見せかけつつも)今回のツイートを通じて、橋下氏が菅政権やIOCによる”五輪強行”に完全に同調し協力していることがより鮮明になったけど、とにかく、この「甲子園の例え」は完全に失敗だったね。
日頃から様々な詭弁や屁理屈を駆使して人々を惑わしてきたけど、今回のツイートはあまりにもクオリティーが低すぎたし、日本国内で活動しているグローバリストのエージェントは、(進次郎氏といい三浦瑠麗氏といい)なぜか能力が非常に低く出来が悪い御仁が多いね。

しかし、朝日新聞が今になって五輪中止を求める社説を(大手メディア一番乗りで)発表したけど、さすがにあまりにも遅すぎるし、返す返すも大手マスコミ各社が東京五輪のオフィシャルパートナー契約を結んでしまったこと自体が、日本のメディア界においての「史上最大の汚点」という他ない。
一度たりともパートナー契約を結んでしまった時点で半分終わってるけど、本来であれば、こうした社説を発表するのであれば、まずはオフィシャルパートナーから降りないといけないと思うし、このままでは、ますます橋下氏や安倍前総理ら「アンチ朝日カルト(統一教会)」によって好き放題に叩かれるのが目に見えている上に、権力の腐敗や不正を厳しく追及する使命を持つマスメディアとしての信頼性を取り戻すこともなかなか難しいだろう。

早速、弁護士ドットコムなどからも半分バカにされてるような記事を出されてしまってるし、とにかく、こうした意見を発すること自体があまりにも遅すぎるわっ!
安倍トモ黒川元検事長と社員が賭け麻雀に興じてたことをみても、その実体は「1%のグローバル支配層の下部組織」の疑いを持たざるを得ないし、せめて、オフィシャルパートナーを降りたうえで、改めて菅政権とIOCの”国民蹂躙姿勢”を堂々かつ痛烈に批判したらどうなのかしら?

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事