■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【危機】東京都の新規コロナ感染、一気に1337人に!重傷者も4人増え89人に!医療崩壊がいよいよ本格化する危険が!国民からは「再度の緊急事態宣言」を求める声も…!

【危機】東京都の新規コロナ感染、一気に1337人に!重傷者も4人増え89人に!医療崩壊がいよいよ本格化する危険が!国民からは「再度の緊急事態宣言」を求める声も…!
Pocket

どんなにゅーす?

・2020年12月31日、東京都の新規コロナ感染数が、過去最高の1337人に、重症者数も前日比で4人増え、過去最高の89人になったことが判明した。

・これまでの過去最高の新規感染数が12月26日の949人だった中、一気に1000人台を突破したことに対し、国民からは驚きの声が上がっているほか、「再度の緊急事態宣言」を求める声も多く上がっている。

東京の新規感染者1300人超えにネット衝撃「緊急事態宣言を出した方が」「政府にもっと早い対応を」

~省略~

ネット上では1000人を大幅に上回る新規感染者に「ついに現実になってしまいました」「時間の問題とは思ったが最悪の始まりだ」「どうなる日本」「緊急事態宣言を出した方がいいのではないか」「GoTo止めるの遅すぎたよね」「政府にもっと早い対応をしてもらいたい」「結局、勝負の3週間ってなんだったの?」など衝撃の声が続々と上がっている。

【Yahoo!ニュース(スポーツ報知) 2020.12.31.】

西村経済再生相「感染拡大続けば緊急事態宣言も視野に入る」

~省略~

西村経済再生担当大臣は30日夜、国立国際医療研究センターの忽那医師とともに、みずからのツイッターに緊急のメッセージを投稿しました。

この中で西村大臣は「このまま感染拡大が続けば、国民の命を守るために、緊急事態宣言も視野に入ってくる。何としても感染を抑えなければいけない」と指摘しました。

そのうえで、年末年始は家族とのみ過ごすよう改めて呼びかけ、首都圏をはじめとする感染拡大地域からどうしても帰省する場合、年配の親には玄関先であいさつするだけにとどめ、家に上がらないなどの配慮をするよう要請しました。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2020.12.30.】

大晦日に都内・全国ともに過去最悪の感染数に!都内の重症者数も過去最大の89人に!

出典:国立感染症研究所

新型コロナの第3波が深刻な規模の拡大を見せている中、大晦日に衝撃的な数字が出されました。
都内の感染者数が1000人台を一基突破して1337人になったほか、全国の新規感染数も少なくとも4515人に上っており、いよいよ日本のコロナ危機が「新たなフェーズに入った」とみるべきかと思います。

折しも、少し前に、主に欧州で猛威を振るっている「変異種」が日本国内に上陸していたことが分かったし、早くも日本国内でその変異種が流行し始めていることで、ここまで一気に数字が跳ね上がった可能性もあるだろう。

本来であれば、こういう時こそ、菅総理が国民に向けての「力強いメッセージ」と、「大胆な感染抑制対策」を打ち出さないといけないはずなんだけど…先ほど行なわれた簡易的な会見でも、相変わらず、他人事感ありありの「判で押したような呼びかけ」だけでとどまっており、記者からの「再度の緊急事態宣言」についての質問についても、これを遮るかのように「今申し上げたとおりです」などと言い残してさっさと会見を終わらせてしまった

すでに、東京都内でも医療崩壊が始まっているとの情報が相次いでいる中、すでに「こうなってしまった」以上(本来であれば極力出すべきではないものの)「再度の緊急事態宣言」を出すことで、どうにかして感染のピークを少しでも弱まらせて、ひっ迫している病床数に空きを作っていく他なくなってしまったし、これはもう「決断すべき段階」に入ってきているのではないかな?

まさに、彼らとお友達企業らの利益のための「GoToゴリ押し」のツケが一気に回ってきてしまった形ですね。
感染が本格的に収束するまでは、国民への補償や経済支援に重点を置きながら、「人の移動を極力押さえていく政策」を行なえば、このような事態に陥ることはなかったのではと思いますが、現実としてこうなってしまった以上、「再度の緊急事態宣言」を出す他ない状況になってしまったのではないでしょうか。

まったく、「絶望的に無能で愛国心・愛郷心に欠けた為政者に政治を任せるとどうなってしまうのか」ということを、これでもかというほどに見せつけられてしまっている状況だ。
この年末年始、どのような状況になるのか分からないけど、政府が「かなり強いメッセージ」を出さない限り、人出を十分に抑えることが出来なかったことでさらなる感染爆発が起こってしまう可能性もあるし、とにかく、「自分が感染しないための出来る限りの方策」を国民自身が徹底していくことで、さらなる医療崩壊を発生するのを全力で食い止めるしかないような、まさに「危機的な状況」に見舞われているといえるだろう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

ピックアップカテゴリの最新記事